ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

メモリアル オブ 朝夏まなと様 宙の太陽まぁ様の軌跡を振り返る⑨

朝夏まなと監修グッズ発売

  2015年3月25日の『TOPHAT』初日に合わせて、まぁ様監修のトップスターグッズが発売されました。まぁ様のこだわりの数々。特に手触りの良いハンドタオルは2色買いして今も愛用中です。

 

f:id:lovinyan:20180515172143j:image

宝塚SKYSTAGE 朝夏まなとトップスター監修グッズ紹介より

 

 テーマは”Brilliant”。「光り輝く大人カジュアルなデザイン」ということで、「クロス」と「翼」がモチーフになっていました。

 

 少し後に発売されたハンドバッグも、まぁ様御用達のクラフトホリックに負けない手触りを追及したふぁ~なグッズ。私は同じシリーズのペンケースを買いました♪。容量たっぷりで便利♪

 

 ”まぁ坊”というオリジナルキャラクターも発表されました。キラキラビジューを両手に抱えたまぁ様の大好きなうさぎ。発表されたのがちょうど『TOPHAT』の頃だったので、まぁ坊もTOPHATを被っていました。

 

王家に捧ぐ歌 制作発表

 プレお披露目公演『TOPHAT』大千秋楽翌日の2015年4月21日、いよいよまぁ様の大劇場トップお披露目公演となる次回作『王家に捧ぐ歌』の制作発表会が開かれました。休む暇なし!大忙しです!。

 

takarazuka-j.blog.jp

 

 制作発表のパフォーマンスの一部がPR映像として動画配信されています!

 


宙組公演『王家に捧ぐ歌』PR映像

 

 『王家に捧ぐ歌』は再演ものですが、初演とは衣装も雰囲気もがらりと変わり、何よりまぁ様の堂々とした立ち姿と歌唱、安定感のあるまぁみりデュエットからは早くも名作の予感が感じられました。

 

 宝塚歌劇団の小川理事長は「『王家に捧ぐ歌』再演の決めては朝夏です」、「『朝夏に捧ぐ歌』」、「朝夏の眼差し、清廉な演技、すべてがラダメスです」と、大絶賛。

 

_MG_7161

 

まさかそんな風に言って頂けるとは思っておりませんでしたので。

でも舞台人としてそういう風に思って頂けるのは最高のことですので、必ずや良い舞台にしたいと思っています。

 

http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1834298.html

 

嬉しそうに笑うまぁ様の笑顔が可愛い♡。他にも大作の再演に対する意気込みを熱く語っておられました。

 

王家に捧ぐ歌 前夜祭

 

 2015年5月18日には『王家に捧ぐ歌』開幕に先立ち『王家に捧ぐ歌 前夜祭』が開催されました。前夜祭にはまぁ様を中心とした宙組選抜メンバー、この公演から宙組生となられた現宙組トップスター真風涼帆様、そして初演から引き続き本公演でも同役を演じられる専科の一樹千尋箙かおるが出席。 

 

さらにゲストとして初演でラダメスを演じられた当時の星組トップスター湖月わたるアイーダ役で当時の星組二番手男役スター安蘭けい、アムネリス役で当時の星組トップ娘役檀れいを迎え、お芝居・トーク・歌唱披露などが盛りだくさんの豪華なイベントでした。

 

kageki.hankyu.co.jp

 

 専科のベテラン大先輩&豪華な初演キャストに囲まれて緊張しつつも、すっかり下級生モードのまぁ様が可愛かったです♡。湖月さんの目を真っ直ぐ見つめて、キラキラな瞳で何度も頷きながらお話を聞いておられるまぁ様。

 

 アムネリスがラダメスを誘惑する場面を実演してくださった湖月さんと檀さんを、一人前方に回り込んで鑑賞するまぁ様、ラダメスの剣を嬉しそうに掲げる湖月さんのマイクを率先して受け取るまぁ様、カーテンコールで舞台袖から出てきたものの、後ろの湖月さんを何度も振り返ってしまい、その度に客席の方へ身体ごと向かせられるまぁ様…などなど、大変貴重なまぁ様の姿をたくさん見る事が出来ました。

 

 湖月さんは本当にカッコ良くて優しくて、まぁ様を「おっきくって真っ直ぐな目がラダメスぴったり!」と褒めておられたり(テレテレするまぁ様♡)、「痩せたって聞いたよ~」と心配しつつ「毎日お肉食べて!」と笑わせて下さったりしていました。

 

 また、まぁ様だけではなく出席されていた他の宙組生も一言ずつお話されていましたが、メレルカ役の桜木みなと様「朝夏さんをしっかり支えたい」と仰っていて胸アツでした。ずんちゃん…(涙)

 

 前夜祭の様子も一部動画配信されています!

 


宙組公演『王家に捧ぐ歌』前夜祭

 

まあさまといっしょ?!

 

 TAKARAZUKA CAFE BREAKの番組内のコーナーで、全10回にわたり放送されました。初めて聞いた時は「まあさまと、いっしょ…とは…?」と大変驚きましたが(笑)、タイトルはNHK教育テレビの某番組に寄せたもので、凜音おねえさんが読み上げる視聴者からの質問に”みんなのまあさま”が答えてくれる、という趣旨のコーナーでした。 

 

f:id:lovinyan:20170521213112j:plain

TAKARAZUKA CAFE BREAK ~まあさまといっしょ~より

 

 

第一回目の質問:「甲冑の着こなしで気を付けていることは」

まぁ様の回答:「役が将軍だから衣装に助けられている」

 

 ラダメスの衣装はとにかく「重すぎる!」そう。終始元気ハツラツ!なみりおんちゃんに「珍キャラ登場だね…」と、ちょっぴり塩なまぁ様でした(笑)。

 

第二回目の質問:「朝夏さんとラダメスが似ているところは」

まぁ様の回答:「優しいところ」

 

 にっこりドヤ顔なまぁ様。みりおんちゃんには「二週目にしてテンションがちょっと低い」と突っ込んでおられましたね(「そぉ~~んなこと、ないです!!!」と無理やりテンションを上げるみりおんちゃん(笑))。

 

第三回目の質問:「王家に捧ぐ歌で注目してほしい事は」

まぁ様の回答:「団結力です!」

 

 前回の反省点を踏まえてテンション高めなみりおんちゃんに「わぁーーー、頑張った頑張ったー」と、まぁ様。

 

第四回目の質問:「王家に捧ぐ歌の歌唱で気を付けたい事は」

まぁ様の回答:「ただの歌ではなくその時々の心情を乗せて、芝居の歌として皆様にお届けしたい」

 

 まぁ様がみりおんちゃんに「疲れないで!(笑)」と、励ましのエールを送っておられました。

 

第五回目の質問:「王家に捧ぐ歌を演じると聞いた時どう思いましたか」

まぁ様の回答:「新しい宙組のスタートとして、とても気合いが入る公演だと思いました」

 

 「今からとても楽しみです~!」という視聴者の方からのメッセージに「〇〇さん、ありがとうございます(キリッ)」と、超イケボで答えるまぁ様。

 

第六回目の質問:「王家に捧ぐ歌でお二人はどのように演じようと思っていますか」

まぁ様の回答:「ラダメスとアイーダの愛がテーマなので、愛を育んでいきたいと思います」

 

 「深いい質問が来ましたねぇ」と、顔を見合わせるまぁみり。

 

第七回目の質問:「王家に捧ぐ歌で好きな場面は」

まぁ様の回答:「ラダメス登場シーン。銀橋をダッシュするところ」

 

 「あれを自分が出来るのかと思うとわくわくします」と、まぁ様。コーナーも終盤に近付き、だんだんとハイになって来た様子のまぁ様でした(笑)。

 

第八回目の質問:「歌がメインの芝居でダンスの魅力をどう活かす?」

まぁ様の回答:「大事なのはやっぱり、心です」

 

 まぁみりお二人して「ほぅ…」と呟いたまま暫く考えておられましたが、「表現する手段が違うだけで、みんなの心をお客様の心に届けるというところを、私が先頭に立ってやっていきたいと思ってます」と、まぁ様。素晴らしすぎる回答です。

 

第九回目の質問:「初観劇で一番見て欲しいポイントは」

まぁ様の回答:「劇場の中で一緒にその空気を感じてほしい」

 

 視聴者の方の「宝塚初観劇」という言葉に、まぁ様はとっても嬉しそうにされていました♡。

 

第十回目の質問:「宙組を担う存在としての想いは作品とどう重ねられますか」

まぁ様の回答:「エジプトのため、というラダメスの精神には共感出来る。それをリアルに感じて演じていきたい」

 

 「ラダメスもエジプトの将軍になる。私も組を率いていく立場である、ということはとてもリンクすると思う」と、まぁ様。みりおんちゃんに力強く「付いてきてください!」と仰っていて、みりおんちゃんも「どこまでも」と答えられていました。ステキなトップコンビだなぁ。

 

 後半に近づくにつれ質問の内容もディープなものが多くなっていきましたが、短時間でさっと文章をまとめて答えておられたまぁ様。改めて頭の回転の速い、賢い方だなぁと感じました。

 

祝!大劇場お披露目公演『王家に捧ぐ歌』

  2015年6月5日、新生宙組による宝塚大劇場公演『王家に捧ぐ歌』が開幕しました。お披露目公演にふさわしいエネルギーに満ちた作品。まぁ様のラダメスは美しく凛々しくて、伸びやかで力強い歌声や優雅な身のこなし、そして温かく優しい眼差しに何度も心を奪われました。

 

ç家ã«æ§ãæ­

宙組公演 『王家に捧ぐ歌』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 大劇場公演初日、パレードの階段降り。瞳を輝かせ、大きく手を広げて客席を見渡すまぁ様。スポットライトを浴び組子に見守られながら、大階段をゆったり降りてこられるまぁ様のお姿は今も忘れられません。知らないうちにこぼれていたという感嘆のため息に、まぁ様が全身で感じておられた大きな感動が伝わりました。

 

 
f:id:lovinyan:20180519170840j:image

 

『TOPHAT』来日記者会見

 

 『王家に捧ぐ歌』の東京公演中の2015年8月3日に、この年の秋に上演予定だった『TOPHAT』の来日公演公開記者会見があり、まぁ様とみりおんちゃんもご出席されていました。

 

ranran-entame.com

 

 ジェリー役のアランさんとデイル役のシャーロットさんの真似をして、同じように手を繋いで見せるまぁみり♡。可愛いですね~♡。

 

f:id:lovinyan:20170521205600p:plain

Astage より

 

 まぁ様とみりおんちゃんにとって、アランさんとシャーロットさんとは久しぶりの再会でした。この記者会見の前日に、アランさんとシャーロットさんは東京宝塚劇場で上演中の『王家に捧ぐ歌』を観劇されたそうです。これは嬉しいですよね!。宙組『TOPHAT』もお二人に観て頂きたかったなぁ~。

 

 『TOPHAT』には欠かせないデュエットダンスのこだわりについて、まぁ様は「信頼する事。音楽のとり方が二人同じになるようにしています」と、答えておられました。

 

『ミッション・イン・ポッシブル』ジャパンプレミア

 

 TOPHAT来日記者会見と同日、午後からまぁ様は新宿歌舞伎町セントラルロードで行われた映画ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年8月7日公開)のジャパンプレミアにご出席されました。主演のトム・クルーズさんとお話されたり、一緒にお写真を撮ったり…。「空=宙」繋がりでまぁ様にお声が掛かったようですね。

 

news.mynavi.jp

 

 記者会見時から、メイクもお衣装もガラリとチェンジ。レッドカーペットに立つまぁ様のお姿は誰よりも素敵に見えました。

 

 IMG_4772_R.JPG

[フォトギャラリー]トム・クルーズが歌舞伎町に来た!『ミッション:インポッシブル』来日イベントフォトギャラリー - シネマトゥデイ

 

トム・クルーズさんとツーショットを撮るまぁ様♡。ハリウッドスターと並んでも全く負けていないスターオーラ。眩しすぎます!。

 

 ちょっぴり緊張気味のまぁ様は、今の気持ちを尋ねられると「もうなんかちょっと夢のようです」と、乙女モード♡。トム・クルーズさんに「ヒロインが似合うと思う」と言われて、恥ずかしそうにお顔を綻ばせる瞬間もあったりして。かわいい…。

 

 

 

 まだトップスターになられてからの軌跡をほんのちょっと振り返っただけですが、こんなにもたくさんのイベントが目白押しだったとは!。改めて驚きました。本当に休む間もなく、忙しい毎日を駆け抜けておられたのだなぁ。

 

 

 

その⑩に続きます!

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

メモリアル オブ 朝夏まなと様 番外編③ 朝夏まなと様×真風涼帆様 後世に語り継がれる名コンビ 前編

異色のカラーが惹き立てるお互いの魅力

 7代目宙組トップスター朝夏まなとと8代目で現宙組トップスター真風涼帆様。まぁ様のトップ在任中、二番手男役として最後まで一番近くでまぁ様を支えておられたのが真風さんでした。まぁ様の大劇場お披露目公演から退団公演まで、ガッツリタッグを組んでおられたまぁまかコンビ。ずっと二人三脚で走って来られたお二人の絆はとても深いです。

 

 パッと見全くと言っていいほどタイプの違うまぁ様と真風さん。陽のオーラを持つまぁ様が中性的でエレガントなタイプの男役さんだったのに対して、真風さんはどちらかというと陰のタイプ。見た目もリアル男子顔負けの涼やかなカッコよさと迫力のある舞台姿が魅力の男役さんです。

 

 一見異色すぎるコンビ…ですが、お二人のこのカラーの違いこそが、お互いの魅力を更に引き出し惹き立る、当時の宙組の”最強の武器”だったのです。

 

まぁまか 名コンビによる作品を振り返る

 

まぁ様トップお披露目公演『王家に捧ぐ歌』

 

 

 

ラダメス…朝夏まなと

ウバルド…真風涼帆

 

ギャラリー | 宙組公演 『王家に捧ぐ歌』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 エジプトの将軍ラダメスとエチオピアの王子ウバルドを演じられたお二人。初共演は敵同士でした。まぁ様の美しく凛々しい将軍姿はどこまでも真っ直ぐでクリーン。これぞトップスター!という印象を受けました。対する真風さんは宙組に新しい風を巻き起こす、迫力のあるスターオーラを魅せつけておられました。

 

 フィナーレの男役群舞ではまぁ様をバックハグする真風さん(!)という新鮮な振りが付いており、この頃から「まぁ様を抱きしめていいのは、ゆりかちゃんだけ!」が定説となりましたね~(笑)。ほんの一瞬目を見合わせて照れ笑いするお二人も微笑ましかったです。

 

全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-』

 

f:id:lovinyan:20180516012454p:plain

 

ダニエル…朝夏まなと

スタン…真風涼帆

 

宙組公演『メランコリック・ジゴロ』より 

 

 続く全国ツアー公演で初めてガッツリコンビを組まれたお二人。お二人とも友人役を演じられることをとっても喜んでおられましたね。落ち着いたキャラクターながら要所要所で笑いを取るまぁ様と、普段からは想像もつかない早口でまくしたて(笑)、絶妙なセンスでドッカンドッカン笑いをとる真風さん。まだ二作目とは思えない程バッチリ息の合ったお二人の掛け合いが見どころでした。

 

 またお二人は足が長くてスタイルが良いので、スーツ姿で隣に並んでおられるお姿は眼福でしたね♡。

 

Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』

 

 

ウィリアム・シェイクスピア朝夏まなと

ジョージ・ケアリー…真風涼帆

 

宙組『Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』『HOT EYES!!』|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

 劇作家とパトロンという実在の人物がモデルの役を演じられたお二人。まぁ様のピュアな魅力と真風さんの大人の色気が合わさり、また新たなまぁまかを見せてくださいました。利用しようとしたウィルを結局最後は身を挺して庇うジョージ。生田作品らしい心温まるハートフルな作品で、まぁまかの絆が更に深まりました。

 

初のオリジナルショー『HOT EYES!!』

 

 

ギャラリー | 宙組公演 『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』『HOT EYES!!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 『Shakespeare~』に付随のショー『HOT EYES!!』は、まぁ様の瞳をテーマにした、新生宙組初のオリジナルショーでした。全編通して見どころ満載の作品ですが、まぁまかを語る上で外せないのが”Dark EYES”の場面。妖艶なヴァンプに扮するまぁ様が、ジゴロ・真風さんを誘惑します。お二人の表情、ダンスのひと振りを、思わずオペラグラスを掴み潰してしまいそうなくらい(笑)毎回真剣に見つめていたのを思い出します。

 

エリザベート -愛と死の輪舞-』

 

 

トート…朝夏まなと

フランツ・ヨーゼフ…真風涼帆

 

f:id:lovinyan:20180515184013p:plain

宙組『エリザベート ー愛と死の輪舞ー』|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

 大劇場三作目の『エリザベート-愛と死の輪舞-』は日本上演20周年の記念公演でもありました。まぁ様は黄泉の帝王トート、真風さんはオーストリー皇帝フランツ・ヨーゼフ一世を熱演。お二人の直接的な絡みはありませんでしたが、ヒロインエリザベートを愛する二人の男、生と死の対比を見事に表現されていました。

 

バレンシアの熱い花』

 

f:id:lovinyan:20180516013007p:plain

フェルナンド・デルバレス…朝夏まなと

ラモン・カルドス…真風涼帆

 

宙組公演『バレンシアの熱い花』 より

 

 九州出身のまぁまかコンビにとって凱旋公演となった全国ツアー公演『バレンシアの熱い花』『HOT EYES!!』。お芝居では『エリザベート』に引き続き一人の女性を愛する二人の男を演じておられました。『エリザベート』が相容れぬ関係の二人だったのに対し、『バレンシア~』のフェルナンドとラモンは身分こそ違うものの、確かな友情を育みます。お二人の軽妙なやり取りも見どころ。

 

お芝居自体は悲しく救われないような物語でしたが、どんどん激しくなる真風さんのアドリブにまぁ様が突っ込んでおられたり、くすっと笑える場面もありました。

 

『王妃の館 -Château de la Reine-』

 

 

北白川右京…朝夏まなと

ルイ14世真風涼帆

 

宙組『王妃の館 ―Château de la Reine―』『VIVA!FESTA!』特集|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

 浅田次郎の同名小説を舞台化した本作。ルイ14世が現代に現れ、右京たちと行動を共にするという(右京とルイの友情エピソードも)演出は原作にはない宝塚版オリジナル。

 

まぁ様が身振り手振りで全力で笑わせてくるのに対して、あくまでも一定のテンションのまま笑いのツボに落としてくる真風さん(笑)。「ベルサイユへ~♪」の可愛いダンスやハートの投げ合い(笑)も懐かしい想い出です。二人が仲違いしてしまう所は本気で悲しくなりました。最後はちゃんと仲直りしてくれたのでよかった♡。時空を超えての友情でしたね。

 

『VIVA! FESTA!』

 

 

宙組『王妃の館 ―Château de la Reine―』『VIVA!FESTA!』特集|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

 『VIVA! FESTA!』は世界の祭りをテーマにしたショー。まぁ様のトップ大劇場4作目はお芝居もショーも笑顔いっぱい!熱さ漲る公演でしたね。

 

 まぁまかで印象的な場面はやはりYOSAKOIソーランの場面。この場面はまぁ様のサヨナラショーでも上演されました。カッコ良い!でもやっぱり美しい♡まぁ様と、「本場の人連れてきたんですか?!」となるくらい「どっこいしょおおおおおーーーーー!!!」がハマり過ぎていた真風さん(笑)。ガッチリ肩を組むまぁ様と真風さんの姿も見られ、まぁまかファンとしては嬉しい限りでした♡

 

 「YOSAKOI」以外では「誇り」の場面も、誇りと野心を演じるまぁまかの対比が素敵でしたね。

 

ギャラリー | 宙組公演 『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

トップさんと二番手さんが二手に分かれて組子を率いるダイナミックなダンスシーンは大好きです。まぁまかのお二人で見られて幸せでした。まぁ様、真風さんに刺されちゃうけど…。ゆりかちゃんにナイフを持たせたらいけない(笑)

 

 

『神々の土地 -ロマノフたちの黄昏-』

 

 

ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ…朝夏 まなと

フェリックス・ユスポフ…真風 涼帆

 

宙組『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 特集|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

 まぁ様の退団公演『神々の土地』。トップ娘役不在のまま上演された本公演、まぁ様と退団同期の伶美うららと現宙組トップ娘役星風まどか様によるWヒロインを務められました。…が、常にドミトリーの傍を離れず、実質まぁ様の相手役ポジションだったのが、ドミトリーの親友・フェリックスを演じておられた真風さんでした。ゆりかちゃん、ここに来て二番手男役から裏トップ娘役に昇進?(笑)。

 

実在のドミトリーとフェリックスには♡な関係の噂があったとか。当初そのような演出はしないと公言されていたらしい演出家の上田久美子先生も、まぁまかの並びのあまりの美しさに感銘を受けてしまわれたのか、フェリックスがドミトリーの手を握る、という演出を初日になって急にぶち込んでくるという暴挙に(笑)。

 

まぁ様は「気持ち悪いでしょ~」と笑っておられましたが、お二人ともなかなか楽しんで演じておられましたね。公演が進むにつれ真風さんの手の握り方が、だんだんと熱く深くなっていって、まぁ様の何とも言えない表情が忘れられません(笑)。

 

 余談ですが、まぁ様のトップ在任期間中の大劇場公演では全て貴族を演じておられた真風さん。今だってヒッタイトの皇子なので貴族ですし。なかなか庶民になれないゆりかちゃん~。

 

『クラシカル ビジュー』

 

ギャラリー | 宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 まぁ様をダイヤモンドに、宙組子たちを色とりどりの宝石(ビジュー)にみたてたショー作品です。「サファイヤ」の場面のまぁまか!妖艶なダンスが忘れられません。まぁ様の表情の色っぽさといったら…(照)。

 

東京公演では無くなりましたが、まぁまかによる大技リフト(という名のまぁ様逆さづり)も披露され、ドキドキハラハラな場面でした。最初こそひどく心配していましたが、真風さんの「(まぁ様を)絶対落とすか!」という気迫がビシバシ伝わってきて頼もしかったです。

 

 いよいよ退団公演色の強くなるショー後半アメジストの場面では、再びデュエットダンスを踊られたお二人。

 

宙組『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 特集|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ

 

言葉は無くとも、固く握った手、温かい眼差し、感謝の涙…お二人がこれまで培ってこられた信頼関係、絆の全てがそこに詰まっていました。銀橋を渡るまぁ様の後姿を見送る真風さんが、時折くしゃっと顔を歪められる度に貰い泣きしていたのを思い出します。

 

 

 

 まぁまかヒストリー、いかがでしたでしょうか。後編ではお二人の出会いから仲良しエピソードなどを振り返りたいと思います。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

最高のHAPPYをあなたに♡ 宝塚歌劇団・宙組公演『TOPHAT』

宙組公演『TOPHAT』って?

 ミュージカル『TOP HAT』

 

f:id:lovinyan:20180428230203j:plain


Music & Lyrics by Irving Berlin
Based on RKO’s Motion Picture
Book by Matthew White & Howard Jacques
Based on the Screenplay by Dwight Taylor & Allan Scott
Presented by Arrangement with RKO Pictures LLC, Warner Bros. Theatre Ventures Inc. and the Irving Berlin Music Company
Originally Produced on the West End Stage by Kenneth H. Wax
脚本・演出/齋藤 吉正

映画史上最高のダンシング・ペアとされるフレッド・アステアジンジャー・ロジャースが共演したミュージカル映画の代表作。

1935年に公開された映画をもとに、2011年にイギリス国内ツアーで初演されて以降、ウエスト・エンドでも上演される等、世界中で多くの人から人気を集めているミュージカルで、日本では初上演となります。

音楽は「ホワイト・クリスマス」や「ゴッド・ブレス・アメリカ」の作詞・作曲で有名なアーヴィング・バーリンが手掛けており、ハリウッドの黄金時代の魅力が詰まった作品です。

 

ブロードウェイダンサーのジェリーが、同じホテルに滞在するデイルと出会う。

一時は心を通じ合わせる二人だが、ジェリーのことを友人の夫だと勘違いしたデイルは、当てつけに他の男と結婚してしまう。

あわてて後を追ったジェリーだが…。

 

Main cast

 

ジェリー・トラバース
(公演のためにロンドンを訪れたブロードウェイのスターダンサー)

・・・朝夏 まなと


デイル・トレモント
(ファッションモデル。ロンドンのホテルでジェリーと出会う)

・・・実咲 凜音

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

ホレス・ハードウィック
(ジェリーをロンドンの公演に招待したプロデューサー)
・・・七海 ひろき

 

マッジ・ハードウィック
(ホレスの妻で、デイルの友人)
・・・純矢 ちとせ

ベイツ
(ハードウィック家の執事、ホレスの付き人)
・・・寿 つかさ

 

アルベルト・べディーニ
(デイル専属のイタリア人ファッションデザイナー)
・・・愛月 ひかる

 

宙組公演 『TOP HAT』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

朝夏まなと様のトップお披露目公演!


 2015年3月25日~ 3月30日まで梅田芸術劇場メインホールにて、4月5日~ 4月20日まで赤坂ACTシアターにて上演された本公演は、七代目宙組トップスター朝夏まなとのトップお披露目公演です。

 

f:id:lovinyan:20180503151810p:plain

宙組公演『TOPHAT』より

 

 キャスト全員がイキイキと輝き、終始たくさんの笑顔とHAPPYに包まれる作品。宙組の太陽と称されるまぁ様にぴったりのお披露目公演でした。またこのようなトップスターの宝塚大劇場お披露目公演前に上演されるプレお披露目公演は、関東だけでの上演ということも珍しくは無いなか、関西でも上演してくださった事には今も感謝しています。

 

 

見どころ① 超!ユニークなキャラクターたち

 

 まずは個性派揃いのメインキャスト。ジェリーを演じた主演のまぁ様はスターダンサーらしい華やかなオーラを纏いつつ、粋なカッコよさと底なしの明るさが魅力。

 

f:id:lovinyan:20180503145513p:plain

息の合ったコンビ、宙組新時代の幕開けを鮮やかに - スターファイル - 朝日新聞社

 

 デイルを演じた元宙組トップ娘役・実咲凜音様は、キュートさとレディの品格が漂うファッションモデル役を好演。

 

f:id:lovinyan:20180503145719p:plain

『TOP HAT』 | 梅田芸術劇場

 

 ハードウィック夫妻を演じたのは89期コンビの七海ひろき様純矢ちとせ様。同期ならではの息の合ったコンビネーションで舞台を盛り上げておられました。

 

洗練されたルックスとは裏腹に、頼りなげな動作でなんとも愛らしいおじ様像を造り上げていたかいちゃん。役作りはご両親を参考にしたのだとか。

 

f:id:lovinyan:20180503145845p:plain

朝夏まなと 懸命のタップ 宙組トップお披露目 - スターファイル - 朝日新聞社

 

せーこ様は発声から既にマッジ仕様。仕草や表情はまるで往年のハリウッド女優のようでした。

 

f:id:lovinyan:20180503150039j:plain

宝塚ジャーナル : 新宙組トップコンビ朝夏まなと&実咲凛音軽やかにお披露目『TOP HAT』

 

 またベイツ役の寿つかさ重厚な存在感を醸し出しておられましたし、ベディーニ役の愛月ひかる様振り切った三枚目キャラで観客の笑いを誘っていました。

 

 他にもジェリーが出演するショーのキャスト、ジェリーやデイルたちが泊まっているホテルのスタッフ、セレブなゲストの面々…。一人一人が多彩なキャラクターを持ち、皆それぞれに色んな場面の色んな所で色んな事をしている、というのが見どころです。

 

 毎公演様々なアドリブを交えておられ、とても一回の観劇では目が足りませんでした。毎日通いたかったくらい♡。メインのお芝居の後ろでされている細かいお芝居をじっくり見るのも楽しかったです。

 

見どころ② こんな朝夏まなと様が見たかった! まぁ様の魅力が100%伝わる!

 

 本公演はこれでもか!というくらい、まぁ様の燕尾服スタイルを楽しむことが出来ます。現代的なルックスを持ちながらもどこかクラシカルな魅力があるまぁ様。ハットを手にシンプルな燕尾服をさらりと着こなすお姿は、古き良き時代の宝塚の男役像を彷彿とさせます。

 

f:id:lovinyan:20180503152455p:plain

宙組公演『TOPHAT』より

 

 黒燕尾を魅力的に着こなし、軽やかなステップで楽しそうに踊るお姿。そしてずっとやりたかったと仰っていた”コメディ作品”。まぁ様は太陽のように明るく、皆に愛されるジェリーそのものでした。それでいてデイルに愛を囁くところは息が詰まりそうなほど甘やか。花組育ちの本領発揮です。

 

 得意なダンスが盛りだくさん、明るい笑顔と笑い声、そしてヒロインを真っ直ぐ愛して、時にはチャラく(笑)追いかける。そう、ずっとずっと、こんな朝夏まなと様が見たかった!

 

見どころ③ デイルのドレスコレクション

  

 娘役さん、男役さん問わず宝塚歌劇のお衣装はいつも華やかです。本公演でも様々なスター様方が素敵なお衣装を着こなしておられ非常に眼福です。なかでも特に目を引くのがみりおんちゃん演じるデイルのお衣装!

 

f:id:lovinyan:20180503152853p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

英国版『TOPHAT』を参考にしたゴージャスなドレスを始め、カラフルなワンピースやマニッシュな乗馬服など、色とりどりのお衣装を華麗に着こなすみりおんちゃん。どれもこれも素敵なお衣装で、それがまたものすごくお似合いで…みりおんちゃんデイルのファッションカタログが作れそう♡。

 

f:id:lovinyan:20180503153108p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

よくよく考えるとこれらデイルのお衣装は全て、ベディーニさんデザインという設定。ベディーニさんはかなり変わった人ですが(笑)才能は本物なんだなぁ(笑)。

 

見どころ④ うっとり夢見心地…♡ デュエットダンス

 

 ジェリーとデイルのデュエットダンスはどの場面もとってもロマンチック♡。まぁ様とみりおんちゃんの長年培ってこられたコンビネーションが魅せる、息の合った流れるようなダンスが素敵でした。

 

 雨宿りのシーンのデュエットダンスはお二人で見事なタップダンスを披露。恋の始まりのトキメキと楽しさを感じさせる場面でした。またベニスの夜に二人が再会した時の優雅なダンスナンバーは最高潮に盛り上がります。

 

f:id:lovinyan:20180503150403p:plain

朝夏まなと 懸命のタップ 宙組トップお披露目 - スターファイル - 朝日新聞社

 

Cheek to Cheekの曲、表情や息遣い、そして大胆なリフト!。更に二人の世界に惹きこまれていきます

 

 また、うっとり繋がりでフィナーレの大団円ではジェリーがデイルにプロポーズするシーンも見どころです。

 

f:id:lovinyan:20180503150455p:plain

 

ジェリー:デイル、この手を離さないで!

     この空の下を一緒に歩いていこう!

 

デイル :愛しているわ、ジェリー!

 

宙組公演『TOPHAT』より

 

空に宙が掛かっていて、新トップコンビのこれから続いていく幸せな道のりを想像させる台詞。演出の齋藤先生の愛を感じますね。

 

見どころ⑤ なんだかんだ言って相思相愛 ハードウィック夫妻

 

 ジェリーとデイルの恋の行方と同じくらい気になるのがハードウィック夫妻の関係性。ホレスとマッジは結婚三年目の熟年夫婦。デイルの勘違いのおかげで二人の間もやや険悪になってしまったりするのですが、結局のところ相思相愛な二人♡。これもまた大きな見どころです。 

 

f:id:lovinyan:20180503153502p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

こちらも同期コンビならではの、いい意味でお互いに気の使わないお芝居が最高に面白い掛け合いを生み出していました。通称:「嫌い嫌いソング」もとっても可愛い♡。お互いに「こんちくしょう!」って顔をされているのがまた可愛いです(笑)。

 

マッジ:あなたの葉巻が嫌い

    嫌いよ、そのスタイル

    あなたのジョークが嫌い

 

ホレス:面白いって言ってたじゃないか

 

マッジ:あなたのネクタイダサすぎ

    それ以外は…I love you

 

ホレス:君の口紅嫌い

    君のマニキュア嫌い

    君の青い目嫌い

 

マッジ:私の目は緑色よ!

 

ホレス:君のため息、大嫌い

    それ以外は…I love you

 

『OUTSIDE OF THAT I LOVE YOU』より一部抜粋

 

 

マッジが「あなたの嘘が、大嫌い!」って言ってるのも、本音っぽくて可愛かったなぁ♡。最後は熱烈キスシーンで仲直りするお二人なのですが、東京千秋楽のキスシーンはいつもより長くて(かいちゃんの仕業♡)、その後せーこ様がこみ上げてくるクスクス笑いを一生懸命堪えておられたのも素敵な想い出です♡。

 見どころ⑥ この人なしでは語れない!寿ベイツと愛月ベディーニ

 

 ジェリーとデイル、ホレスとマッジ、次に目立っているのはやはり我らが宙組組長・すっしーさん演じるベイツと愛ちゃん演じるベディーニさん。

 

f:id:lovinyan:20180503150145j:plain

宝塚ジャーナル : 新宙組トップコンビ朝夏まなと&実咲凛音軽やかにお披露目『TOP HAT』

 

 ベイツは堅物キャラな設定なのであまり表情豊かではないのですが、かいちゃんホレスとの掛け合いが絶妙で面白かったです。ジェリーにはやってあげるのに、ホレスのコートは受け取らないしお酒も注いであげない(笑)。

 

でも「おたんこなす、ですから」という件や、デイルの身辺を探るために色んな変装をするなど、後半に近づくにつれお茶目度が増していくのもポイントです。ホレスの目の上に熱々ステーキをお見舞いするところでは、日によってもの凄い量の胡椒を振りかけておられたのも(笑)忘れられません。

 

 一方愛ちゃん演じるベディーニさんは胡散臭さ満点なイタリア人デザイナーなのですが、デイルの気まぐれに振り回されたり、ジェリーにデイルを掻っ攫われたりして、なんだか可哀想で憎めないキャラクターです。

 

演じているのが愛ちゃんなので、ルックスは申し分ないのは当たりまえ。自分で言っちゃっているけれど「お金持ちだし、ハンサムだし」なんですよね、ベディーニさんは。

 

f:id:lovinyan:20180503153640p:plain

『TOP HAT』 | 梅田芸術劇場

 

この公演では愛ちゃんの新しすぎる三枚目な役作りが非常に話題になりました。どこからどうみても二枚目な愛ちゃんが演じるベディーニさんは、か・な・り・ぶっ飛んでいます!。よくここまで己の殻をぶち破ったな、と感心してしまいました。

 

 一番の見どころシーンはやはりネムーンスイートでのストリップショーからのジェリーとの掛け合いでしょうか。ベディーニさんが着ていたスーツをひとつひとつ脱ぎ捨てていくのですが、中に仕込んでいるパジャマがド派手!(笑)。とんでもカラーのドット柄胸元にBのイニシャルが入ったスーパーマンなものの二種類があったと思います。

 

f:id:lovinyan:20180503151258j:plain

デイリースポーツ online

 

腰から国旗が次々と出てきたり、「スーパーマンだー!!!」と寝転がってみせたり。なんでもありか!(驚)。「今日は何パターンだろう?!」と予想するのも楽しかったです。

 

そういえばルームキーを勢いよく客席に飛ばしてしまう時もあったなぁ(笑)。愛ちゃんの珍芝居を眺めているまぁ様は、ジェリーというより素のまぁ様の表情で笑っておられました♡

 

見どころ⑦ まぁ様ジェリーのココに注目♡

 

 魅力的なキャラクターが多数登場する宙組『TOPHAT』。でもやっぱり一番は!トップスター朝夏まなと様の魅力を存分に感じて欲しいです♡。まぁ様ジェリーの”ココ見て!”をまとめました。

 

  • 全場ショー場面。本格的なレビューの世界が繰り広げられています。ショースターまぁ様を存分に楽しんで。特にフィナーレはショー一幕分くらいの見応えがあります。
  • プロローグのダンスショー終演後。ジェリーがショーガールの女の子たちを引き連れて劇場から出てくる場面での”はべらかし具合”

  •  隣にいた華雪りら様腰にさりげなく手を回している

  •  「NO STRINGS」で楽しそうにタップを踏むまぁ様

  • かいちゃんホレスが座っているソファーの手すりに腰かけて、ホレスの手からグラスを奪ってウィスキーをあおる一連の仕草

  •  魅惑のダンスパートナーハッティさん(帽子掛けのポール)。まぁ様のこだわりで特注されたもので、この子じゃないと綺麗に回ってくれないそう

  •  デイルに「ダンスの練習はおしまい?」と訊かれ、ハッティを急いで片付ける時の「彼女もうクタクタだって~」の言い方

  • 「大抵の女性は、僕に夢中になるんだけどなぁ」…そうでしょうとも

  • 楽しいダンスからふっと真剣な表情に変わって、ちょっぴり強引にするキスシーン
  • 「今夜の公演の成功を祈っています」と言われて、超イケボで応える「ありがと」
  • 「わかったよジョージ、すぐ行くよ」の破壊力
  • 二幕、飛行機の場面。かいちゃんホレスも思わずしがみつきたくなっちゃう長い足
  • デイルを驚かすお茶目なお芝居
  • ゆったりとした仕草で手を差し伸べ、戸惑うデイルにダンスを申し込むジェリー
  • まぁ様と凜音ちゃんの高速リフト
  • 「まだ部屋に落ち着いてもないよ。ねぇ、エンジェル?」とかいちゃんホレスに吹っかけて、それに乗って来たかいちゃんを指してニヤニヤ笑っているまぁ様

  • デイルの誤解を解いたジェリー。「5分後に船着き場で会おう!....それから...」と、まるで映画のワンシーンのようなキスシーン

  • つまるところ、キスシーンは全部見どころ(笑)
  • 「ジェリー・トラバース。僕の名前だよ」

  • 勘違いで二度もビンタしてしまったことを謝るデイルに「一度でも多すぎるよ」と口では咎めながら、優しい笑顔でほっぺキスするジェリー
  • LET'S FACE THE MUSIC AND DANCEの甘やかなデュエットダンス中の眼差し。甘やか。
  • デイルと向かい合って座っている時、テーブルの上で自然かつロマンチックに手を重ねているところ
  • 愛おしげにデイルの頭に頬を寄せるジェリー
  • 最後の大団円での満面の笑顔&ウィンク

 

まるでガラスの靴のように まぁ様の神対応

 

 ここでひとつ、まぁ様の神アドリブをご紹介。大阪公演千秋楽のCheek to Cheekの場面で、デュエットダンスの最中にみりおんちゃんの髪飾りが取れて落ちてしまうというハプニング発生。客席は「ど、どうするのかしら…」とハラハラ。

 

ですがまぁ様は表情一つ変えず、踊りながらさりげなく髪飾りを舞台中央へ転がされました。そしてみりおんちゃんデイルが走り去った後、まぁ様は髪飾りをまるでシンデレラのガラスの靴のように拾い上げ、「デイルが僕を愛している!」とその髪飾りを頬に寄せられたのです!。

 

 なんとスマートな対応!。初めて見た方なら「そういう演出なのかも」と思うくらい自然でした。ハプニングも素敵な演出に変えてしまう♡そのあまりにも素晴らしい機転に客席からも大拍手が起こっていました。忘れられない思い出です。

 

見どころ⑧ TOPHATメンバー創作 面白すぎるアドリブ集

 

 こうして振り返っていると次々と思い出される、公演ごとに異なるアドリブの数々。メインキャストの皆さま以外もどんどん自分の役のキャラクターを造りこんでいっておられるのが目に見えてわかりました。

 

とても全部は書ききれませんが、覚えているアドリブ集をまとめました。特に東京千秋楽のアドリブは最高だったなぁ~。もう一回観たい!。

 

  • ジェリーがデイルにビンタされたことを知ったホレス。「君はなんてことをしてくれたんだっ!」といういつもの台詞に加えて「う"ぉーーーーーっ(怒)」と、かいちゃん、怒りの雄叫び
  • それに対してまぁ様は、同じように「う"ぉーーーーーっ」と返したり(びっくりして飛び上がるかいちゃん)、「ホレス、スマぁーイル」とにこやかに微笑んでおられました
  • 「いつものダンスなら逆回転でも踊れるさ」と、華麗なターンを決めるジェリーに「頼むからいつも通りに」というホレス。そこで「いや、逆回転で!」と譲らないジェリー

  •  千秋楽では「すごいすごい、本当にすごい」「言葉も出ない」と大絶賛なホレス

  • まぁ様の魅惑のウィンクに全力で照れる、ジョージ役の星吹彩翔様
  • 本名の自分が出てしまうからやめて欲しいと言われるまぁ様
  • 星吹ジョージ、ジェリーに絡めた腕を、千秋楽ではかなり激しめに振り払われる(笑)
  • ジェリーの「冗談に聞こえるかいっ!?」の迫力が増していて、「ひー」「怖い怖い」尋常じゃないくらいビビるホレスとジョー
  • ジョー:「知ってるわよねぇ、飛行機(小指を立てて)」

    ホレス :「すまない、私には妻が・・・ジェリーーーーーっ(;´Д`)」

    ジョー:「ごめんなさい、私にはジェリーが!…なーーーんて、誰と比べてんのかしら!。でもあなたもタイプだったわぁーーー!」

  •  星吹さん、最後にして最強のアドリブ芝居 

  • 「私は、おたんこなす!ですから!」と、膨れるすっしーさんベイツの頬をツンツンするかいちゃんホレス

  • イケメンウェイター美月悠様直球ストレート投げキスが突如飛んでくる
  • ホレスにおこづかいをおねだりするマッジ。いつもはホレスが財布から抜いたお札をもぎ取っていくマッジでしたが、大阪千秋楽では財布の方を奪っていくマッジ

  • 東京千秋楽では更に財布の中身を確認した後、引き返して、ホレスの手に数枚残されたお札までもぎ取っていくマッジ

  •  デイルが突然部屋にやって来たので、慌ててホレスを隠れさせるジェリー。シャンプーハットまで綺麗にシーツで隠してしまい、「はい、見えなーい」と満足そうに笑うまぁ様

  • 部屋に入るなりドアに張り付くみりおんちゃん

  • 「デイル行かないで」と、みりおんちゃんの真似をしてドアに張り付くまぁ様

  •  踏んだり蹴ったりなホレス。「これ以上何かあったら、もう叫ぶしかないぞ!」というところでよろめいてしまう

  •  ソファーに足を引っ掛けてしまうかいちゃん、それでもすかさず「.....ないぞっ!」と重ねて言うことで、ハプニングをカバーし自然なお芝居に(拍手)

  • 愛ちゃんの「チャラララララーン、ベティーニ!」を、うきうきした様子で真似するまぁ様
  • ベディーニさんの腰から出ている国旗の紐を掴んだまま離さないまぁ様ジェリーに「切れちゃうから離して(小声)」と囁く姿がとっても愛ちゃん
  • 東京千秋楽、サンバのリズムを「チャッチャチャラッチャ♪」と口ずさみながら、楽しそうに手を取って踊るジェリーとベディーニさん

  • 完全にまぁ様と愛ちゃん
  • ベディーニ:「踊りたくなる発作が起きるんだー!」

    ジェリー :「それは僕だー!」

    ベディーニ:「だが私はベティーニだ!」(花組ポーズ)

  • まぁ様「ちょっと楽しかったな」
  • イタリア人ウェイトレス瀬音リサ様の特大投げキスに「あぁ~」と仰け反るまぁ様&かいちゃん
  • ジェリー:「イタリア女性はすごいな」

    ホレス :「すごいな」

  • 自分の身代わりにホレスにタップをお願いするジェリー。いつもはぎこちないかいちゃんホレスのタップでしたが、千秋楽では華麗なタップダンスを披露
  • ジェリー:「才能あるよ!」
    ホレス :「ありがとうジェリー!実は君に内緒で練習してたんだ」
  • 客席大拍手
  • 下の階にいる愛ちゃんベディーニさん「この軽やかな音はなんだ?!」
  • 見事なチームワークに客席大拍手
  • ホレスを追い詰めるベディーニさん。舞台の端から端まで追い掛けて一旦消え、舞台袖でUターン

  • 両頬を挟んで真っ直ぐチューしようとするベディーニさんに「えー(汗)」と、素の声がで出るかいちゃん

 

etc…

 

 主要キャストの皆さまのアドリブをメインで書きだしましたが、ほんとはもっと皆さん、いろんなことをされていました。書けば書く程、楽しかった思い出がどんどん蘇ってきます♡。

 

宙組公演『TOPHAT』を観よう!

 

 大阪公演の間に収録されたDVD。映像でも十分作品の、そして宙組の魅力が伝わります。まだ観ていないという方は是非、観たことがある方は何度でも、宙組『TOPHAT』を観てHAPPYを貰いましょう~♪

 

 

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

メモリアル オブ 朝夏まなと様 宙の太陽まぁ様の軌跡を振り返る⑧

 まぁ様が宙組トップスターに就任された途端、続々と新しい情報が投下され嬉しい悲鳴をあげる毎日でした。矢のように過ぎていく日々でしたが今改めて思うのは、毎日が本当に幸せだった、ということ。それもこれも全て、まぁ様のおかげでした。

 

トップ時代は、きっとまぁ様が一番大変な毎日だったと思います。それでも私達ファンの前ではいつだって、明るく元気な笑顔を見せてくださっていました。まさに、心を照らす太陽のように…。

 

 トップ就任後のまぁ様の軌跡を、想い出と共に振り返りたいと思います。

 

まぁ様年表 その⑦

 

f:id:lovinyan:20180428210435p:plain

 

宙に輝く太陽

 

トップお披露目特集の数々

 

 『TOPHAT』~『王家に捧ぐ歌』の期間、宙組新トップスター朝夏まなとと題して数多くの雑誌や新聞、WEBニュースで特集が組まれました。その中で特に印象に残っているものをまとめました。

 

「私が目指すのは、自分が舞台への思いを誰よりも強く出すことで、皆が舞台でイキイキといられること。それが組の活性化にもつながりますし、そういう意味で皆を引っ張っていける太陽のような存在でありたいなと思っています。」

 

STAGE navi 2015年 3月号より

 

吉原朱美さんによる綺麗なお写真が満載。インタビューにも愛がこもっていました。

 

朝からファンの方や劇団の中でも会う方々から「おめでとう」と沢山声を掛けて頂いて...。嬉しい気持ちと同時に、しっかりと期待に応えなければと身が引き締まりましたね。

 

これまで通り舞台を真摯に務め、かつ宙組を照らす太陽のような存在になれるよう頑張ります!

 

宝塚GRAPH 2015年 4月号より

 

TOPHATお稽古集合日の一コマ。頭の上に初心者マークを掲げるまぁ様かわいい♡。

 

 その他多くのインタビュー記事で、共通してまぁ様が仰っていたのは「組子一人一人が舞台の上で輝いてほしい」ということでした。これがまぁ様の変わらない軸であり、ご卒業されるその日まで、宙組の為に心を尽くしておられましたね。”最後まで貫き通す姿勢”というものを、まぁ様から学びました。

 

 またご自身のインタビューの他に朝夏まなと贈る言葉として、演出の先生方からのメッセージも届いていました。強く印象に残っているのはやはりこの方、上田久美子先生からのメッセージ。

 

タカラジェンヌに混じって羽山先生のレッスンに出席した私の無様な姿を、彼女は覚えているでしょうか。私は、同じレッスンに出ていた研五の彼女を覚えています。ダンスが上手くて華やかで、一番目立っている人。

 

廊下ですれ違う時、その「朝夏さん」という名の人はいつも快活に礼儀正しく自分から挨拶をしてくれました。彼女がやってきて「おはようございます!」とフレンドリーな調子で言うと、「大丈夫!」と言われたような感じがして、無様な情けない新入りは、ちょっとだけ元気になりました。

 

朝夏さん、三つ子の魂百までといいますが、きっと、それがあなたの才能ですよね。あの研五の時からの何か、持って生まれた不思議な光のようなものが、あなたをここまで連れてきて、これからも周囲と自分自身を照らしていくのだと思います。

 

前途を祝して!あのレッスンと同じように、後ろの片隅から、応援しています!

 

上田久美子

 

歌劇 2015年 6月号より

 

 なんて素敵な贈る言葉だろう…と、感動して何度も何度も読み返しました。美しい作品を創る美しい人の言葉はこんなにも美しいものなのか。まぁ様の退団公演の演出がうえくみ先生だと知った時ふと、この贈る言葉を思い出しました。

 

緊張の『TOPHAT』制作発表

 

 『白夜の誓い』『PHOENIX宝塚!!』公演中の2015年1月26日、『TOPHAT』の製作発表会が行われました。ちょうど前日はまぁ様のお茶会があり、その多忙なスケジュールに驚きつつも、まぁ様のジェリー♡なお姿を拝見することが出来て幸せでした(もちろんニュースで、ですが)。

 

 f:id:lovinyan:20180428221901j:plain

 

始まる前はとても緊張していたのですが、音楽の力がすごくて楽しく踊ることができたので、今日お聞き頂いた曲以外にも、まだまだ魅力的な曲がたくさんございますし、素敵なダンスもありますので、『TOP HAT』という作品の魅力を、もっともっと皆様にお伝えできるのではないかと思いましたから、今日感じた空気を作品に活かしていきたいと思います。

 

宝塚ジャーナル : 次期宙組トップコンビ、朝夏まなとと実咲凛音が挑む『TOP HAT』制作発表リポート

 

 主演男役として初めての制作発表に出席されたまぁ様。さすがに緊張されている様子が映像からも伝わってきました。隣にいる相手役の実咲凜音様、みりおんちゃんの存在がとても頼もしかったです♡。

 

『TOPHAT』特番の放送

 

 2015年3月15日にはBS-TBSで『日本初上陸!開幕直前SP 宝塚歌劇ミュージカル 「TOP HAT」の魅力』が放送されました。制作発表やお稽古の様子、まぁみりの旅 in イギリスなどなど…開幕前のワクワクが増す素敵な番組でした。

 

f:id:lovinyan:20180428225332p:plain

『日本初上陸!開幕直前SP 宝塚歌劇ミュージカル 「TOP HAT」の魅力』より

 

 本場の『TOPHAT』観劇の為に一泊三日の弾丸でイギリス・リーズを訪れたまぁみりのお二人。TOPHATのパネルのポーズを真似っこして大はしゃぎしたり、甘いものを食べたり、歴史あるシアターで上演される舞台に感動したり、キャストと触れ合ってキャッキャしたり…。女子旅って感じで、ほーんとに可愛い♡。

 

 舞台を真剣に見つめて、公演後に感想を語るまぁ様は本当に楽しそうで幸せそう。いつもこうして大きな瞳をキラキラさせて舞台観劇を楽しんでおられるのだなぁ、と思いを馳せてしまいます。

 

f:id:lovinyan:20180428224820p:plain

『日本初上陸!開幕直前SP 宝塚歌劇ミュージカル 「TOP HAT」の魅力』より

 

はぁ~…かわいい……。なんでそんなに可愛いの…♡

 

プレお披露目公演! 日本初上演『TOPHAT』

 

 そしてついに2015年3月25日、梅田芸術劇場公演『TOPHAT』が開幕!。開演が遅れるハプニングがあったり、まぁ様の緊張が伝わってきたりでドキドキな初日でしたが、宙の太陽にふさわしい笑いの絶えない公演でした。

 

また大阪初日は花組トップスター明日海りお様雪組トップスター望海風斗様など、多くのスター様が応援に駆け付けておられましたね。皆に愛されるまぁ様♡。まぁ様は公演後のご挨拶でそんな仲間たちの事に触れ、「ほんとにありがとっ♡」と可愛らしい笑顔を見せてくだいました。

 

f:id:lovinyan:20180428230203j:plain

宙組公演 『TOP HAT』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 クラシカルな燕尾とドレス姿のまぁ様とみりおんちゃん。組カラーのハット、魔法のようなキラキラ…素敵なポスターです♡。この公演ポスターを超えるものに未だ私は出会えていません。夢と幸せしかない!。公演グッズもとっても可愛かったですね♡。

 

ユニークなアドリブの数々

 

 真ん中のまぁ様だけではなく、宙組生お一人お一人が全力で公演を楽しんでおられるのが伝わってきました。日毎に異なるアドリブの数々はとてもユニークで、毎日だって通いたいくらい!。

 

かいちゃんとの掛け合い

 

 この公演で二番手男役ポジションの役・ホレスを演じておられたのが星組男役スター七海ひろき様。本公演は生粋の宙組っ子であるかいちゃんの、宙組生として最後の公演でもありました。

 

まぁ様と同じくスーパースタイルの良いかいちゃんと、まぁ様との並びの見目麗しいこと。またかいちゃんは”冷静で賢いお芝居”をされる方なので、新トップスターまぁ様をいつも絶妙にフォローされていたのが印象的でした。

 

 まぁ様演じるジェリーにずっとくっ付いているかいちゃんホレス。二幕冒頭の飛行機の場面では本来なら、まぁ様の長い足にしがみついて、ホレス「死ぬときは一緒だ!」ジェリー「嫌だぁ!」となるところ、東京千秋楽では

 

かいちゃん 「ずっとこうしていたい...」

 

まぁ様 「いいよ」

 

という素敵アドリブも披露してくださいました。慣れ親しんだ宙組、そしてまぁ様と離れたくない気持ち、組替えが不安な気持ち…かいちゃんの気持ちを想うと涙が出そうになりましたが、その後も楽しいアドリブでたくさん笑わせてくださいました。

 

 そういえばいつかの公演でまぁ様がかいちゃんホレスが被っていたナイトキャップシャンプーハットって言ってから(もちろんアドリブで)、最後までずーっとシャンプーハットおじさん”になっちゃってたかいちゃん、可愛かったなぁ。

 

f:id:lovinyan:20180428230634j:plain

『TOP HAT』 | 梅田芸術劇場

 

宙組最高!な東京千秋楽公演

 

 東京公演の千秋楽。あいにく外は大雨…どころか暴風雨。それでも劇場の中は温かく、どこまでも幸せな空間でした。

 

 もう斎藤先生の演出を超えて宙組TOPHATメンバー創作、といっていいほどの盛り上がりを見せるお芝居。あらかじめ仕込んでこられたなぁというものから、突然生まれただろうものまで様々なアドリブを披露してくださっていました。ここには書ききれないくらい…。

 

 エンディングの「君にすべてを賭けよう」と歌うところで、真ん中に立ったまぁ様が後ろに控える組子一人一人と目を合わせていくところは、なんとまぁ様演出!。皆がまぁ様を嬉しそうに見つめていて、まぁ様もそんな組子の皆さまを愛おしそうに見つめておられて…胸がいっぱいでした。

 

まぁ様の空間に包まれて

 

 宙組・七海ひろき様の最後の日。千秋楽のカーテンコールで、まぁ様は翌日から星組生となられるかいちゃんのことを紹介されていました。中でも心に残っているのが「宇宙が生んだスターは、星空に輝くスターになります」という一言。

 

感動に包まれる劇場。そんな中でかいちゃんに「すごい汗だね。本当にいつもすごい汗かいてるんですよー」などと言って笑いながら、かいちゃんとじゃれあうまぁ様。

 

 余談ですが、私は客席に降りたまぁ様がステージに後ろ手を付いて、客席を見渡しておられるお姿が大好きです。まぁ様の温かさに包み込まれているような気持ちになれるから。

 
f:id:lovinyan:20180429030502j:image

 

あぁ、この人が、まぁ様が笑っていらっしゃるだけで世界は幸せで、なんでも上手くいくような気がする…。

 

まぁ様は「こんな風にお客様との一体感を感じられた事はこれからの励みになる」というような事を仰っていましたが、その一体感を作り上げていらっしゃるのは紛れもなくまぁ様ご自身で。まぁ様だからこの一体感が生まれたのだと強く思いました。

 

あの日、あの瞬間に立ち会えたこと、一生の思い出になりました。

 

トップお披露目パーティー

 

 『TOPHAT』大阪公演中にまぁ様のトップお披露目パーティーが開かれました。いつものお茶会よりちょっぴりおめかし♡。ファンクラブの会員さんも非会員さんも出席出来たので、かなり多くの方がお祝いに駆けつけておられました。会場にはお芝居で登場する馬蹄型のお花も♡

 

f:id:lovinyan:20180429005830j:plain

旧ブログより

 

 まぁ様が登場されると皆でウェーブをしたりクラッカーを鳴らしたりで盛大にお祝い。まぁ様は公演終わりなのに疲れた様子を一切見せず、楽しそうにはしゃいでおられました。サインボールを全力で投げて下さったりもしたなぁ…。途中で疲れてきて「まぁくん、ヤケにならないでくださ~い」って、突っ込まれておられたなぁ(笑)。

 

その後も公演のお話や組子のお話をしてくださり、ゲームをしたりハイタッチしてくださったりと、盛り沢山な内容。そうそう、凜音ちゃんとかいちゃんからお手紙も届いていました。お手紙を読み上げて、嬉しそうにお二人とのエピソードを話してくださったりもしました。最後は投げチューを飛ばしてくださったり♡

 

 …こうして書いていると当時の事を昨日の事のように思い出します。本当に幸せでした♡。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

メモリアル オブ 朝夏まなと様 宙の太陽まぁ様の軌跡を振り返る⑦

二番手男役への道~これからの宙組を担う存在へ

凰稀かなめ様、退団発表

 

 6代目宙組トップスター凰稀かなめの自身4作目にあたる大劇場公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』。本公演中にかなめ様の退団発表がありました。歴代最高の誉れ高いかなめ様のオスカル。オスカルを演じる為に宝塚に入ったというかなめ様にとってひとつの区切りになった公演だったのかもしれません。

 

次期宙組トップスターは誰か

 

  かなめ様の退団…寂しさと同時に心に湧き上がったのは「次期トップスターは誰か?」ということでした。下級生の頃から未来のトップスター候補として路線男役道をひた走ってこられたまぁ様。私達ファンとしても「もちろん次期トップはまぁ様でしょ!」という思いが90%以上占めていましたが、ひとつ気になることが。

 

この頃のまぁ様はそれに等しい扱いを受けつつも、まだ正式に二番手男役ではありませんでした。真ん中に相応しい人柄、人気、経験値、実力、将来性…すべてを兼ね備えたまぁ様が唯一手にしていないもの、それが「二番手男役の肩書き」でした。「二番手男役の経験があること」がトップスター就任の条件と言われていたからです。

 

 当時専科におられた元星組トップスター北翔海莉が次期宙組トップなのでは?!などと実しやかに囁かれたりも。トップスターになることが全てではないけれど、それでもやっぱりご贔屓様にはいつかトップスターになって欲しい!。まぁ様ファンにとってはソワソワ落ち着かない時期でもありました。

 

 ですがまぁ様はシアター・ドラマシティ&東上公演の主演の後、全国ツアーをトップ娘役と組んで主演、そしてかなめ様の退団公演『白夜の誓い』/『PHOENIX宝塚!!』で正式に二番手男役に就任、と急ピッチで、でも一歩一歩着実に、トップスター就任の条件をクリアしていかれたのでした。

 

 トップスターとして、まぁ様が今後の宙組を担う存在になるまでをまとめました。

 

まぁ様年表 その⑥

 

f:id:lovinyan:20180324001301p:plain

 

伝説の作品『翼ある人びと-ブラームスクララ・シューマン-』

 

f:id:lovinyan:20180423233806j:plain

ポスター | 宙組公演 『翼ある人びと—ブラームスとクララ・シューマン—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

上田久美子×朝夏まなと 新進気鋭の演出家によって見出される新たな魅力

 

 「翼ある人びと」の演出家・上田久美子先生が創られる作品は、物悲しくも絵画のように美しい、独特の世界観があります。退団公演である「神々の土地」でもそうでしたが、うえくみ先生は誰しもが受けるまぁ様の太陽のような明るい印象ではなく、その光の陰にある繊細さを好んで描かれていたと思います。

 

f:id:lovinyan:20180425080542j:plain

番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ

 

まぁ様が本来持っておられるクラシカルな魅力と、内に秘めたほんのわずかな陰りがヨハネス・ブラームスのナイーブなキャラクターにぴったりと合い、まさにこの「翼ある人びと」は、まぁ様の新たな魅力に気付かされた忘れられない作品となりました。

 

ベルサイユのばら-オスカル編-』

 

f:id:lovinyan:20180423234006j:plain

ポスター | 宙組公演 『ベルサイユのばら—オスカル編—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

アンドレとジェローデルを役替わり

 

 ベルばらにはもう何度も出演されているような気がするまぁ様。実際に出演されているのですがこれまでの作品はどれも外伝で、ちゃんとした(?)「ベルサイユのばら」に出演されるのは本作が初めて!、と仰っていたまぁ様。本公演ではオスカルを愛する二人の男、アンドレとジェローデルを役替わりで演じておられました。

 

f:id:lovinyan:20180425080144p:plain

Review・of・タカラヅカ:/14 ベルばら40周年 - 毎日新聞

 

 ジェローデルは持って生まれた気品がそのまま役に現れていましたし、アンドレの熱い包容力と真っ直ぐにオスカルを見つめるキラキラとした瞳にはすっかり心を奪われました。

 

全国ツアー初主演! 『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』

 

f:id:lovinyan:20180423234058j:plain

ポスター | 宙組公演 『ベルサイユのばら—フェルゼンとマリー・アントワネット編—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

最終章は麗しのフェルゼン様

 

 「ベルサイユのばら-オスカル編-」に引き続き、主演で回られた全国ツアー公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」では、フランス王妃マリー・アントワネットとの道ならぬ恋に身を投じるスウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵を演じられたまぁ様。

 

f:id:lovinyan:20180425080323j:plain

番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ

 

ベルばら先輩の最終章は、満を持してのフェルゼン役!。素晴らしいの一言に尽きる!。

 

フェルゼンまぁ様に止めを刺された話

 

 この全国ツアー大阪公演のとある一公演で、忘れもしない前から数列目の通路席に座っていた私。それまでは大劇場公演でもB席や立ち見席ばかりだったので、こんな良席に座ったのは初めての経験でした。

 

 この公演、ご存知の通り一幕ラストでフェルゼン様は客席の通路を歩いて捌けられます。今でこそ「全国ツアーには大抵客席降りがある(だから通路席はラッキー♪)」ということを知っていますが、当時はそんなこと露も知らず。突然舞台から降りて真っ直ぐこちらへ歩いてこられるまぁ様フェルゼンのお姿に度肝を抜いた記憶があります。

 

同時に、すぐ真横を通られたまぁ様を見上げた瞬間、光を受けてキラキラと輝く大きな瞳に一瞬で吸い込まれました。「この世の中に、こんなに綺麗な人がいるのか…カーンカーンカーン♪(鐘の鳴る音)

 


f:id:lovinyan:20180425094012j:image

 

 まぁ様の事は「風と共に去りぬ」のスカーレットや「ベルサイユのばら」のアンドレなどを観てきて「男役さんだけど、目がおっきくてお肌が白くて、なんだか可愛らしい方だなぁ…」と、思っていました。そんなふわふわしていた心がフェルゼン様によって一気に止めを刺された感じ。「あ、好き」みたいな(笑)。

 

「この人に付いていかなければ!」と、固く心に誓った日でした。懐かしい想い出です。

 

祝!次期トップスター就任発表!

 

 全国ツアー公演を終えた2014年9月30日宝塚歌劇公式サイト様より以下の発表がありました。

 

宙組次期トップスターについて

 

この度、宙組次期トップスターに宙組朝夏まなとが決定致しました。

尚、新トップスターとしてのお披露目公演は、2015年3月25日に初日を迎える宙組梅田芸術劇場公演『TOP HAT』となります。

 

宝塚歌劇公式HPより

 

 ま、待っていました、この瞬間を!(感涙)。嬉しくて、何度も何度も文面を読み返したのを覚えています。

 

お披露目公演の『TOPHAT』もワクワクするような海外ミュージカルで、なんだかまぁ様の為の演目じゃない?!、と。相手役は実咲凜音様が続投してくださるのも嬉しかったです。

 

宝塚歌劇100周年記念 大運動会

 

次期宙組トップスターとして

 

 2014年は宝塚歌劇100周年の年。宝塚歌劇100周年記念と題して、大運動会が10月7日に大阪城ホールで開催されました。

 

まぁ様は次期宙組トップスターの発表があってから、この日が初お目見え。あっけらかんとした可愛い笑顔はいつも通り。長い手足が網に絡まって格闘しつつも(笑)、「次の宙組を背負います、朝夏まなと」の言葉にガッツポーズを掲げるお姿がとっても頼もしく、眩しかったです。

 

凰稀かなめ様退団公演『白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-』/『PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-』

 

f:id:lovinyan:20180423234504j:plain

ポスター | 宙組公演 『白夜の誓い —グスタフIII世、誇り高き王の戦い—』『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

正式に二番手男役に昇格

 

 『白夜の誓い』の主なキャスト発表があった時「お、これは!」と、思いました。

 

グスタフIII世 …凰稀 かなめ
ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク …実咲 凜音
カール・ポンタス・リリホルン…朝夏 まなと

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

ヤコブ・ヨハン・アンカーストレム… 緒月 遠麻

エグモント伯爵夫人(イザベル)… 伶美 うらら

 

宙組公演 『白夜の誓い —グスタフIII世、誇り高き王の戦い—』『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 まぁ様の名前がトップ娘役であるみりおんちゃんのすぐ下にある!。さらに、まぁ様と緒月遠麻様の名前の間にある「~・~・~・~・~・」のラインは…。

 

 宝塚歌劇でこういった発表がある場合、キャスト順はトップスター、トップ娘役、そして二番手男役、その他の生徒さんは基本学年順に並んでいます。

 

これまではまぁ様の前に上級生である緒月さんや「風と共に去りぬ」でご卒業された悠未ひろ様の名前がありました。この順番は、まぁ様が二番手男役になられたという証?!

 

 蓋を開ければ…まぁ、言いたいことはいろいろありますが(苦笑)、リリホルンは確かに宙組を引き継いでいくという意味ではぴったりの役柄でしたし、かなめグスタフ様を時に涙を零しながらうるうる見つめておられた瞳に心を鷲掴みにされました。仔犬系…♡。

 

f:id:lovinyan:20180425081319p:plain

(3)軍服姿をりりしく、ブロンドがまぶしい朝夏 - スターファイル - 朝日新聞社

 

 また、ショー『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』 のパレードでは、みりおんちゃんと並んでWエトワールを務められたまぁ様。

 

f:id:lovinyan:20180425075416j:image

宙組公演『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』より

 

その背中には大きな真っ白の二番手羽根が揺れていて、初めて観た時は感動で胸がいっぱいになりました。まぁ様、おめでとうございます~(感涙)。

 

宙組本に初登場!

  

 かなめ様のご卒業を目前に控えた2014年12月26日に『ザ・タカラヅカ VI 宙組特集』、通称:宙組本が発売されました。

 

 

単独インタビューで垣間見える次期トップスターとしての覚悟

 

  当時はかなめ様の退団公演中。かなめ様から学んだこと、今はかなめ様を中心に組を盛り上げていきたいというようなことを語りつつ、「これから舞台でやってみたい事は」という質問に、以下のように答えておられました。

 

組の皆が生き生き出来る作品に巡り合いたいということ。

下級生まで一場面でも台詞一言でもいいから、やりがいを持って臨めるものが出来たらいいですね。

 

『ザ・タカラヅカ VI 宙組特集』

 

  ご自身が宝塚歌劇団をご卒業される瞬間まで、ずっとこの軸がぶれることなく存在していて、その実現の為に組子お一人お一人をいつも気に掛けておられたまぁ様。自分の事よりも、いつも組の事を考えておられましたよね。

 

 まぁ様が率いる宙組をずっと見てきて、上級生から下級生に至るまで、組子の皆さま全員が持っておられる溢れんばかりの輝きを何度も何度も感じる事が出来ました。

 

凰稀かなめ様退団 宙組トップスターに就任

 

かなめ様のサヨナラ特集でのラスト対談

 

  2015年2月号の宝塚GRAPHはかなめ様のサヨナラ特集号。この中でかなめ様とまぁ様のサヨナラ退団の記事が掲載されていました。昔一緒に宝塚GRAPHの表紙を飾った時と(これがお二人が一緒にされた初めてのお仕事!)同じポーズを決めるお二人が可愛い♡。

 

 印象に残っているのは最後のかなめ様からまぁ様へのメッセージ。かなめ様から学んだことをしっかりと受け継ぎたい、というまぁ様に対してかなめ様は、”あなたはあなたの時代を築きなさい”と仰っていました。短いけれどとても深いお言葉だなぁと思います。

 

2015年2月16日、宙組トップスターに就任

 

 かなめ様がご卒業された2月15日の翌日付で、まぁ様は7代目となる宙組トップスターに就任されました。ご贔屓様のトップ就任を一緒にお祝いできるなんて、なんたる幸せ!♡。と同時に毎日のように投下される情報に追われたり、雑誌や新聞に掲載されると聞けば仕事の合間に買いに走ったり…と、ファンにとっても大忙しな日々が始まりました。

 

今思えばあの日からご卒業されるその日まで、まぁ様と一緒に駆け抜けた日々だったなぁ、と思います。本当に幸せな毎日でした。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

スポンサーリンク