ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ。ご贔屓は宙組トップスター朝夏まなと様

あまい紅茶と宝塚なまいにち

朝夏まなと様の魅力(まぁ様 舞台編)

今日も引き続きまぁ様の魅力シリーズ!

 

舞台役者でいらっしゃるまぁ様の、舞台上での魅力を語らなければ始まらない!ということで、続いては「まぁ様 舞台編」。

f:id:lovinyan:20160606161717j:plain

kageki.hankyu.co.jp

 

誰もが夢中になるショースター!朝夏まなと

宝塚のスター様は皆さまそれぞれお芝居が得意な方、ダンスが得意な方、など様々です。たとえば前宙組トップスターの凰稀かなめ様は与えられた役として生きるお姿が印象的な、お芝居が魅力のスター様でした。一方まぁ様はご自身も「ダンスが大好き。自分の一番の魅力」と仰るくらい、ダンスがお得意なショースター様です。もちろんまぁ様のお芝居も大好き♡。ですが、これはのちほど…。

 

キレのあるエレガントなダン

小さな頃からバレエを習っていらっしゃったというまぁ様。そんなことも影響してか、頭のてっぺんから指先まで…余すところなくいつも完璧に美しいです。立っていらっしゃるだけでため息が出るほどですが、長い手足を存分にいかしたダイナミックなダンが素晴らしい♡。何よりご本人がとっても楽しそうにイキイキ踊っていらっしゃるので、そんなまぁ様を見ていられることがこのうえない喜びでもあります。

 

動く音楽を見ている気分

まぁ様が踊られると、音楽が振りに合わせて、ぴたっ、ふわぁ~っと寄り添っているかのように感じます。まぁ様のために作られただろう綺麗なお衣装を纏って優雅に踊られるお姿は、何度見ても息をのむ程のお美しさです。

 

心臓が止まる!妖艶なまなざし

ショースターのまぁ様の魅力はダンスだけではありません。まぁ様といえば、まさにHOT EYES!なおっきなおめめが魅力。特にショーではそのおっきなおめめがくるくると表情を変えて飛び込んでくるので心臓がもちません。特にまぁ様の伏し目は世界一美しい!と思っていて、これはもう世界重要文化財だなと。時折飛んでくる流し目やウィンクで根こそぎやられます。余談ですがフィナーレのパレードで、まぁ様が銀橋を渡られるときの視線に注目!客席の一階席前方を、ニコニコ笑顔で見つめながら通過された後、銀橋の端っこでくるっとターンされる瞬間、二階席にスパークリングなまなざしが飛んできます。要注意です!(笑)。

 

大羽根も必死!エネルギッシュなまぁ様の羽根さばき☆

余談で思い出したのですが、パレードでのまぁ様の見どころをもう一つ。宝塚のトップスター様はフィナーレの最後を飾るパレードで、重さ20㎏以上あるといわれる大羽根を背おって登場されます。パレードの間中、またカーテンコールがある場合はその間もずーっと背おっていらっしゃいます。生身はおんなじ女の子。大羽根の重さはかなりの負担だと思うのですが、まぁ様は大羽根の重みをまったく感じさせません。それどころか、風をきるように颯爽と歩かれるまぁ様に、大羽根の方が必死に付いていってる感じ。まぁ様がくるんっと振り向かれる時、羽根さんは多分「おうっ!(汗)」ってなってると思う(笑)。またトップスター様は舞台中央で必ず、二番手男役スター様とトップ娘役スター様に向かって順番に軽くお辞儀をされますが、その時のまぁ様のお辞儀もなかなか勢いがいいです。まぁ様と一緒に大羽根も動くよ~。まるでまぁ様から羽根が生えているみたい♡当たらずと雖も遠からず、じゃないですか?

 

絶対に観るべき!まぁ様の魅力が光るショーランキング

独断と偏見で私が選んだランキングです♪

1位:『HOT EYES!!』

まぁ様の大きく真っ直ぐな瞳をモチーフにした、まぁ様がトップスターになられて初のオリジナルショーです。キーワードは‘エレガンス‘、‘ダイナミック‘。ダンサーの本領発揮。踊りまくる最高にキラキラなまぁ様が見られます。まぁ様と宙組子の皆さまの魅力がたっぷり詰まったショー。今年11月からの宙組全国ツアーでも上演予定です。

2位:シトラスの風Ⅲ』

代々宙組で上演されてきた人気のショー。まぁ様のために新たに追加された楽曲もあり、見どころ満載です。宝塚のCS番組(BrilliantDreams+NEXTのコーナー。DVDになっています)で、振り起こしからの猛練習で披露してくださった『明日へのエナジー』を舞台で見ることが出来、大変感動しました。その他、まぁ様の軍服が見れて、まぁ様の英語が聞けちゃいます。楽しい♪。

3位:Phoenix宝塚!-蘇る愛-』

宙組トップスター凰稀かなめ様のサヨナラ公演でもあった本公演。かなめ様のラストステージ感溢れる感動的なショーでしたが、本公演から正二番手男役スターとして、真っ白の二番手羽根を背おわれるまぁ様が見られます。「もうちょっと早く見たかったなぁ…」と思わなくもないですが、続投でトップ娘役を努めることが決まっていた実咲凜音様とペアで踊る場面や、お二人並んでエトワールをされるお姿を拝見することが出来て感無量です。

 

 宙組さんは他の組と比べるとショーが少なかったので、ショースターであるまぁ様率いる宙組さんの今後の公演が楽しみです♪次回作は『エリザベート』で一本ものですが、全国ツアーはお芝居とショーの二本立てなので今から本当に楽しみ!たくさん通いたいです♪

 さて、続いてはお芝居のお話。

 

相手役の娘役さんを最高に可愛く魅せる!

f:id:lovinyan:20160606165432j:plain

http://kageki.hankyu.co.jp/

舞台を降りられたまぁ様はとっても細くて華奢なので(しかもご自身もとっても可愛い♡)、ここにいったいどんな物理学的法則が発生しているのか謎なのですが、まぁ様がギュッと抱きしめた腕の中にいる娘役さんは、最高に可憐で可愛く見えるのです!

 

まぁみりのすっぽり感♡

まぁ様の相手役を務めるのが宙組トップ娘役スター実咲凜音様。ファンの間で親しまれているお二人合わせた呼称が‘まぁみり‘。凜音ちゃんもなかなか背が高い方だと思うのですが(身長163㎝)、まぁ様が凜音ちゃんより10㎝近く高くいらっしゃるので、このリアルカップルな身長差が生まれます。また女の子一人抱きしめているのに、まだあり余るほど長い、まぁ様の腕。凜音ちゃんの華奢さが引き立ちます。まぁ様の腕の中にすっぽり収まる凜音ちゃんは本当に幸せそう♡。愛おしそうに凜音ちゃんを見つめるまぁ様と、大好きが溢れる凜音ちゃんの笑顔が大好きです♡。

 

高くて速い!スゴツヨリフト

公演のフィナーレで披露されるトップコンビのデュエットダンスはファンなら誰でも楽しみにしているものの一つ。2015年の宙組 宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『王家に捧ぐ歌』で披露されたデュエットダンスでは、天国で踊るラダメスとアイーダを髣髴とさせる真っ白なお衣装で登場されたお二人。劇中の名曲「月の満ちるころ」の音楽に合わせて踊られるお二人のお姿はとても幻想的で美しいものでした。なかでも、男役さんが娘役さんを持ち上げて回転するリフト。まぁ様のリフトは本当にスゴイ!凜音ちゃんをふわっと持ち上げられたかと思うと、信じられないくらいの高速でくるくる回転するまぁ様。なのにどんなに勢いよく回しても、おだやかな微笑みを絶やさずエレガント。降ろす時もやはり目が回るらしい凜音ちゃんがふらつかないようにしっかりホールド。まぁ様は目が回ったりしないのだろうか…不思議。というか、あんなに細い腕でどうやって持ち上げているのか謎。調べたところによるとリフトというものは単純に力の強さだけじゃなくて、お互いの呼吸やタイミング、乗る人の体重の乗せ方も大いに関係しているのだとか。…そうなんだ。凜音ちゃん、ぬいぐるみくらいしか体重ないんだと思ってた。そうは言っても人間なので、時にはタイミングがずれることもあるそうで、そんな時はまぁ様が、ぐいっと力づくで持ち上げられることもあるらしいです。凄い。まぁ様のリフトが普通だと思って他の組の方のリフトを見たりすると、あぁ、やっぱりまぁ様のリフトって凄いんだ…と改めて思い知ります。

 

キュンッ♡と、ときめくキスシーン

キスシーンはやはり宝塚の見どころの一つ。本当にカッコよくてうっとりしてしまいます。私が思うまぁ様のベストオブキスシーンは2015年上演の、宙組 梅田芸術劇場赤坂Actシアター公演『TOPHAT』の一場面。まぁ様演じる主人公ジェリーと凜音ちゃん演じるヒロインのデイル。すれ違ってばっかりだった二人がようやく結ばれるハネムーン・スイートの場面で。慌てて駆け出そうとするデイルを、ぐいっと引き寄せてからの強引な感じが♡。きゃーーーー♡。途中で手の位置を変えて、さらにギュッと力を込めるのがポイント。まぁ様カッコ良すぎますーーー♡。

 

どのまぁ様がお好み?まぁ様が演じてこられたキャラクターたち

同じまぁ様ファンの方と仲良くなると、一番初めに盛り上がる話題がコレ。「私はアンドレ♡」「私はヨハネス♡」「きゃー♡私も私も♡」みたいな感じで一日中盛り上がります。意見が一致しなくてもいいんですよ。だってみんな、ぜーーーんぶ大好きだから♡。ここでは私の独断と偏見でランキングにして紹介していきたいと思います!

 

なんだか可愛い♡仔犬系男子なまぁ様が見たい♡

1位:宙組銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ジークフリード・キルヒアイス

人懐っこく忠実。仔犬系No.1は、やっぱりキルヒアイス。威厳溢れるかなめラインハルト様の隣に立っているだけで可愛く見える…というのもあるのですが、‘ラインハルト様一筋‘な真面目で従順な性格が全身から伝わってくるまぁ様のキルヒアイス。アンネローゼ様を心密かに想っていたり、最後は自分の身を投げ打ってでもラインハルト様をお守りしたり…。ラインハルト様がちょこっと指先で、キルヒアイスの前髪を撫でる場面が好きです。まぁ様の嬉しそうな笑顔が本気で可愛い♡

2位:宙組『翼ある人びとーブラームスクララ・シューマンー』ヨハネス・ブラームス

あて書き中のあて書きだと思われる(久美子先生万歳!)、ヨハネスが第2位。若き日のブラームスを主人公にしたこの作品。ヨハネスが師事したドイツの作曲家ロベルト・シューマンを元宙組男役スター緒月遠麻様が、ロベルトの妻でピアニスト、本作品のヒロインでもあるクララ・シューマンを、すでにこのブログではおなじみの伶美うらら様が演じられました。大好きな緒月さんの側で本当に楽しそうに演じていらっしゃったまぁ様。そして宙組一人妻役がハマるうららちゃんと並ぶと、うららちゃんの方が年も学年も下なはずなのに、なぜか可愛いまぁ様でした。ヨハネスに、自分の子供たちと同じように愛情を注いでいたクララ。「機嫌は治った?」「もう人をなぐってはダメよ?」と優しく諭されて、照れくさそうに「はい//」と答えるまぁ様ヨハネスにキュン♡

3位:宙組『白夜の誓いーグスタフⅢ世、誇り高き王の戦いー』カール・ポンタス・リリホルン

近衛士官長リリホルンが3位。見た目はとっても王子様♡。まぁ様の軍服姿は最強です。まず、心優しく真面目であるが故、弱みにつけこまれ利用されるその性格。国王をこれ以上裏切ることが耐えられず、死を持って償おうとする姿(可哀想に…でも可愛い♡)。国王暗殺の危惧を知らせ、舞踏会出席をを取りやめるよう申告するも、やんわりと拒否され逆に諭されてしまう。なすすべもなく、かなめグスタフ国王陛下を、うるうるなおめめで見つめるリリたんがもう悶絶するほど可愛い(死)。こんなお顔で引き留められたら、私なら絶対行かないな!なんで行っちゃうかなぁグスタフ陛下(ただしかなめ様に、あんな慈愛に満ちた表情で諭されたら、私も何も言えないと思う)。

 

その他:宙組Shakespeareー空に満つるは尽きせぬ言の葉ー』ウィリアム・シェイクスピアも仔犬系。特にストラットフォード時代のウィルくんは、アンへの想いをストレートにぶつけていて可愛いです。あんなキラキラしたおめめで「結婚しよう!」は反則ですよね♡。花組『長い春の果てに』アルノーも外せません。ナタリーに「夫は心の広い男よ」と言われて、嬉しそうに「うんっ!♡」という感じで勢いよく頷くまぁ様アルノーは、まさに仔犬♡。

 

カッコ良すぎる!まぁ様の軍服姿を堪能したい♡

1位:宙組ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編ー』ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン

全国ツアー公演であった本公演。まぁ様は次期トップスターとして、トップ娘役の凜音ちゃんと組んで全国を回られました。スウェーデンの貴族であるフェルゼンに扮したまぁ様の、優雅な佇まいにはうっとり…。両手を広げてアントワネットを抱きとめるフェルゼンの包容力。本当にカッコ良かったです♡。

2位:宙組ベルサイユのばらーオスカル編ー』アンドレ・グランディエ

こちらは大劇場公演の『ベルサイユのばら』。男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ役をかなめ様が演じられ、まぁ様は、オスカルに真っ直ぐな愛情を捧げるアンドレと、オスカルを敬愛する近衛副士官長(後に近衛士官長)ジェローデルを演じられました。ジェローデルもカッコ良かったのですが、ここはやはり、アンドレに一票!。オスカルへの身分違いの愛に苦悩する姿や、今宵一夜の場面での「愛あればこそ」など、名場面が盛りだくさん。フェルゼンとはまた違ったまぁ様の雰囲気に魅了されます。

3位:宙組『うたかたの恋』ジャン・サルヴァドル大公

皇太子ルドルフの従兄弟であり、親友。ストーリーテラーとしての役割もあり、きりっとしたまなざしが凛々しいです。恋人役の元宙組娘役スターすみれ乃麗様の隣に立っていらっしゃるお姿は、とても逞しくてまるで騎士のよう♡。伶美うららちゃん演じる皇太子妃ステファニーとのダンスシーンも見ものです。前述の『白夜の誓い』リリホルが同率で3位。自害しようとする場面では白ブラウスの儚げなリリたんが見れます♡。

特に2014年の公演は、まぁ様も「今年軍服づいてる~」と笑っていらっしゃった程、本当に軍服をお召しになられる役が多かったですね!

 

完敗宣言!可愛すぎるまぁ様の娘役が見たい♡

1位:宙組風と共に去りぬスカーレット・オハラ

f:id:lovinyan:20160606232958j:plain

shop.tca-pictures.net

ダントツの1位です。「カッコいいなぁ」「可愛いなぁ」「素敵だなぁ」とぼんやり思っていた私が、どどどどどっとまぁ様に急落したきっかけになったのがこの‘スカーレット‘というお役。まぁ様のスカーレットは、とんでもなく可愛かった!。本当に可愛い。可愛すぎて泣ける。男役さんをうっとり見上げる上目使い、胸元で両手をキュッとされる仕草、目を輝かせて喜んだり、ぷうっと膨れてみせたり、ちょこまか走ったり、小首を傾げてみたり…。少女のように無邪気なまぁ様のスカーレットは可愛くて綺麗で、私がバトラーだったら出て行かないし、なんでも許しちゃうのに。「明日になれば」を歌うまぁ様も、「おだまりこんちくしょう!」と凄むまぁ様も、どこをとっても本当に可愛いです♡。もともと可愛らしいお顔立ちなので、違和感ゼロなんですよね(ちっちゃい娘役さんと並ばれた時に、は!まぁ様は男役だった!って思い出すくらい)ちなみに本公演では、スカーレットが恋するアシュレイ・ウィルクスを役替わりで演じていらっしゃいました。

2位:花組『ME AND MY GIRL』ジャクリーン(ジャッキー)・カースト

スカーレットと同様に、男役さんが演じられることの多いジャッキーという役。まぁ様は花組時代に演じていらっしゃいました。初の娘役。これまた無邪気で可愛いまぁ様のジャッキー。元花組男役スター愛音羽麗様のジェラルドよりもぐーんと大きいけれど、それがまた逆に可愛い♡。サリーに意地悪を言ったり、ジェラルドを突き飛ばしても(「えいっ♡」って、めっちゃ可愛い♡)憎めない可愛らしさがありました。好きな場面は二幕冒頭。クローケーゲームをしているヘアフォード伯爵家の人々。槌をジェラルドの手からもぎ取って、ボールを打つジャッキー。上手く入らなかったようで「くそうっ」と地団太を踏む姿がもうめちゃめちゃ可愛いです。そう!この公演では「トップに上るわ~♪」と、未来予言しているまぁ様(違います)が見れます。ビルを誘惑する場面では、超絶綺麗な美脚も見れますよ~!やばい、可愛いしか言っていないけれど、本当に可愛い♡。ちなみに本公演でもジェラルドを役替わりで演じていらっしゃいます。まぁ様役替わり多いな~。

 

他にもこんな役が♡まぁ様がもっと大好きになる♡

宙組『TOP HAT』ジェリー・トラバース

まぁ様のトッププレお披露目となった本公演。ダンスの神様フレッド・アステアの名作を日本初上演という事で、大変話題になりました。物語の随所でタップダンスがふんだんに使われており、「毎日タップを踏んでいます」と、まぁ様も猛練習されていた模様。公演前にはイギリス・リーズへ本場の『TOPHAT』を観に行かれたりされていましたね。久しぶりのコメディで毎公演楽しそうなまぁ様と組子の皆さまでした。主人公ジェリーのスーパーポジティブでいつも明るい性格はまぁ様にぴったりで、ジェリーなのかまぁ様なのかわからなくなるほど。赤坂の千秋楽は大きな笑い声と拍手に包まれ素晴らしい幕締めでした。アドリブ満載で大いに笑え、幸せな気持ちになれるとともに、まぁ様ジェリーみたいな人に追いかけられたら…♡なんて妄想が始まります♪。

 

宙組『メランコリック・ジゴロー危ない相続人ー』ダニエル

この物語の間中ずーっと、まぁ様はスーツを着ていらっしゃるので、まぁ様のスーツ姿を堪能出来ます。軍服もいいのだけれど、スーツも見たかったの♡。まぁ様はすらっと足が長いので、スーツの着こなしも完璧。大変良くお似合いでした。ダニエルはちょっぴりクールですが、二番手男役スターの真風さん演じる相棒スタンとの掛け合いも面白く、たくさん笑えます。地元に帰ろうとするフェリシアに「いつでも連絡してこいよ」「俺が行ったっていいよ!」なんて、一生懸命フェリシアに気持ちを伝えようとするところはなんだか可愛らしくてトキメキます♡。

花組太王四神記ーチュシンの星のもとにー』チュムチ

シウ部族という田舎の若者。やんちゃで、いつまでも少年のようなチュムチ。タルビというめちゃめちゃ可愛い恋人がいます。タルビ役は元宙組トップ娘役スター野乃すみ花様。すみ花ちゃんをお姫様抱っこしたりするまぁ様が見れますよ♪。チュムチさんはタルビが可愛くて可愛くて仕方ない様子。でも、そんなチュムチさんが可愛いと思うまぁ様ファンの私(笑)。ちなみに物語の冒頭では、まぁ様は白虎を演じていらっしゃるのですが、人外のものを演じるまぁ様のハマり具合…。ますますトート閣下が楽しみですね♪。

 

以上、勝手にランキングでした♡。今回ご紹介したもの以外にも、おススメの作品はたくさんありますが、まぁ様の演じられるキャラクターは、どれもほんとにカッコよくて、そして可愛い。萌えキュンシーンがたくさんあって心臓が忙しいです。心臓足りない。ご観劇の際は用意できるだけの心臓を準備してご覧ください(真剣)。

 

太陽のように舞台を照らし、劇場をひとつにする

f:id:lovinyan:20160606223044j:plain

http://kageki.hankyu.co.jp/

 

 ぐるっと組子の皆さまを見渡す優しいまなざし。そして組子の皆さまも、まぁ様をキラキラした瞳で見つめていらして「まぁ様~大好きー♡」という雰囲気が伝わってきます。そんな宙組さんが私も本当に大好きで、観ているこちらは心がポカポカです。

真ん中に立っていらっしゃるまぁ様は、まさに宙組の太陽そのもの。「ちゃんと、みーんな見てるよ~」というような笑顔。80人近い大勢の組子の皆さまを全員包み込む包容力があります。素敵なトップスター様♡。

 特にまぁ様の客席降りや公演後のご挨拶が大好き。舞台に立っている人と、舞台を観ている人の間にある壁をすっかり取り払ってしまうような大きな笑顔。世界一の笑顔です!「あぁ、今日も観に来て良かったな」って、心から幸せになれます。まぁ様が笑っていらっしゃるだけで、世界は平和になると思う。LOVE&PEACEですね~♡。

 

 

まぁ様の魅力シリーズ♡次回は『普段のまぁ様編』をお届けします♪

 

『まぁ様 ルックス編』はこちら~

 

lovinyan.hatenablog.com

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

スポンサーリンク