ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ。ご贔屓は宙組トップスター朝夏まなと様

あまい紅茶と宝塚なまいにち

トップ娘役スター様のおはなし

トップスター様のお話に引き続き、今日はトップ娘役スター様のお話をしたいと思います。

トップ娘役って?

トップスターの傍に寄り添う可憐なヒロイン

宝塚大劇場東京宝塚劇場公演において、常に主演を務めるのは宝塚歌劇団の各組トップスター様ですが、そのトップスター様の傍に常に寄り添い相手役を務めるのが、トップ娘役と呼ばれるスター様です。宝塚歌劇団の劇団員は全て女性。男役さんも皆素顔はキレイなお姉さん。娘役様方は男装の麗人である男役さんをより男らしく、カッコよく見せる為に、普通の女性以上に女性らしさを追及しておられます。トップ娘役スターともなるとトップスターをたてるように振る舞いながらも、トップスターに負けず劣らずの華やかさ、スター性が求められるのです。

 

トップ娘役スターへの道

トップ娘役スター様は早ければ入団2~3年目でトップに就任されます(宙組トップ娘役スターの実咲凜音様は研4で就任でした)。男役さんは「男役10年」という言葉もあるくらい、トップスターになるまでには最低10年以上は掛かると言われている(例外もあり)のに比べると、トップ娘役さんは比較的早くスターへの道を上り詰める事が出来ます。チャンスが巡ってくるのが早い、といえばそうですが、その分競争率も激しいです…。また入団当初から劇団が「この子はトップ娘役候補!」として、推しに推してトップ娘役スターにさせる事も多いです。うちのまどか…失礼しました、宙組娘役スター星風まどかちゃんも恐らくこのコース。現トップ娘役スターである、宙組の実咲凜音様・月組の愛希れいか様・雪組の咲妃みゆ様もこのコースであったと思われます。トップスターの相手役を務めるための舞台経験なども必要になるため、多くのトップ娘役さんは早くから様々な公演(バウホール公演・新人公演など)でヒロイン経験を積み、トップへの道を駆け足で走り抜けて来られたわけです。凄いなぁ…。

恋する表情が可愛い♡各組のトップ娘役スター様

トップ娘役さんの魅力。もちろん、華やかさ、確かな実力、美しさもそうですが、何よりの魅力はみんなトップスター様に恋をしていること♡。それぞれが相手役であるトップスター様の事を常に考え、気遣い、恋する乙女の表情に、我々ファンは魅了されるのです♡。

 

花組トップ娘役スター・花乃まりあ様

f:id:lovinyan:20160612221806p:plain

kageki.hankyu.co.jp

 

「宝塚の綾瀬はるか」(めっちゃ似ている)。圧倒的人気を誇る花組トップスター明日海りお様の相手役を務めるのは花組トップ娘役スター・花乃まりあ(かの・まりあ)様

まりあちゃんは2010年の月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』で初舞台を踏まれた96期生。同年宙組に配属。2012年の宙組公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の新人公演で初ヒロイン。その他数々の新人公演ヒロインを務められ、2014年に花組へ組替え。その後も花組公演『エリザベート』の新人公演ではタイトルロールであるエリザベート(シシィ)役を演じ、同年花組トップ娘役に就任されました。

f:id:lovinyan:20160612221442j:plain

www.tca-pictures.net

 

花組内で誰にも負けない自信のあることは?という質問で「さゆみさん(明日海さん)が大好き…♡」と答えるまりあちゃんは娘役の鏡!。「さゆみさん、さゆみさん」と、いつも隣でニコニコされているまりあちゃんはほんとうに可愛いです。…ただ、実は私まりあちゃんがトップ娘役に就任されてからの花組公演を一度も観ていないのです…。ゆゆしき問題だ。

 

月組トップ娘役スター・愛希れいか様

f:id:lovinyan:20160612223917j:plain

www.tca-pictures.net

 愛称は「ちゃぴ」ちゃん♡。月組トップスター龍真咲様の相手役を務めるのが、龍さんと同じく月組の生え抜きである月組トップ娘役スター・愛希れいか(まなき・れいか)様

ちゃぴちゃんは2009年の宙組公演『Amour それは…』で初舞台を踏まれた95期生。同年月組に配属。実は当初は男役スターだったちゃぴちゃん。ですが、劇団の強いプッシュもあったのでしょう、2011年に男役から娘役に転向。同年の月組公演『アルジェの男』で新人公演初ヒロイン。その後も月組バウホール公演『アリスの恋人』でバウ初ヒロインを務められ、2012年の月組公演『ロミオとジュリエット』で月組トップ娘役に就任されました。

f:id:lovinyan:20160612225121p:plain

 www.tca-pictures.net

 男役さん顔負けのダイナミックなダンスが魅力のちゃぴちゃん。ダンスだけではなく、「一人の女性」として強く生きるヒロイン像を作り上げるちゃぴちゃんのお芝居も素晴らしいものです。龍さんに負けないくらいの存在感と華やかさがあり、さすがの貫録です。また、ちゃぴちゃんはモデル級のポージングが魅力だなぁと思います。ちゃぴちゃんのフォトはどれも額縁に入れて飾っておきたくなるほど絵になるものばかり。「どのようにすれば一番美しく見えるか」というものを瞬時に察知できる才能がおありなのだと思います。次期トップスター珠城りょう様の相手役としてトップ娘役の続投も決定しています。なかなか発表が無かったから、ちゃぴちゃんが次期トップスターなのかとちょっと思ってしまった。斬新なイメージの月組さんなら有り得るかな、なんて(笑)。

 

雪組トップ娘役スター・咲妃みゆ様

f:id:lovinyan:20160612230332p:plain

 kageki.hankyu.co.jp

 芝居心のある男役さんには、同じく芝居心のある娘役さんが付くのでしょうか。雪組トップスター早霧せいな様の相手役を務めるのが、雪組トップ娘役スター・咲妃みゆ(さきひ・みゆ)様

みゆちゃんは2010年の月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』で初舞台を踏まれ、その後月組に配属。96期生。まりあちゃんとは同期生ですね。2012年の月組公演『ロミオとジュリエット』の新人公演で初ヒロインを務められ、さらに同年の月組バウホール公演『春の雪』でバウ公演初ヒロインを務められました。その後もバウ公演ヒロインや梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演のヒロインなどを務められ、2014年雪組へ組替え。同年の雪組全国ツアー公演『ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編ー』では、代々トップ娘役スター様が演じてこられたロザリー役に抜擢(ちなみに本公演のオスカル役は早霧さんでした)。同年、雪組日生劇場公演『伯爵令嬢』でトップ娘役スターに就任されました。

 

f:id:lovinyan:20160612231610j:plain

  www.tca-pictures.net

 いつも可憐な笑顔で、ふわふわ可愛いみゆちゃん♡。どんなに「可愛い」が前面に出ていても全く嫌味がなく、自然に虜になってしまいます♡。みゆちゃんほど「THE・ヒロイン」が似合う女の子はいない!。そして、これほどまでに‘早霧さんの隣‘が似合う娘役さんも。早霧さんが大好きで大好きで、もう大好きが全身から溢れ出しているみゆちゃん。早霧さんの後ろをちょこちょこ追いかけているかと思うと、早霧さんを一生懸命守ろうとしたり(笑)。…みゆちゃんの可愛らしさを語っていると、うっかりページの全部を使い切ってしまいます(汗)。また、みゆちゃんの魅力は可愛らしさだけではありません。みゆちゃんは舞台に立たれると、役がすうっと身体に入り込んでくるような、憑依娘役スター様なのです。時にパワフルに、時に哀愁を漂わせ、時に色っぽく…様々な表情を見せてくださる、まさに女優・咲妃みゆ様。意外と肝が据わっているところも好き(笑)。早霧さんからのどんなアドリブにも応える舞台度胸も彼女の魅力です。

 

星組トップ娘役スター・妃海風様

f:id:lovinyan:20160612233142p:plain

 www.tca-pictures.net

星組トップスター北翔海莉様の相手役を務めるのが、星組トップ娘役スター・妃海風(ひなみ・ふう)様。抜群の歌唱力を持つ、星組が誇る生え抜きスター様です。

風ちゃんは2009年の宙組公演『Amour それは…』で初舞台を踏まれた95期生。同年、星組に配属。2012年の星組公演『めぐり会いは再び 2nd』の新人公演で初ヒロインを務められ、2013年には梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/日本青年館公演『南太平洋』で専科の轟悠様の相手役としてヒロインに抜擢されました。その後も様々な公演のヒロインを務められ、2014年の星組公演『パッショネイト宝塚!』で、代々歌うま娘役スター様方が務めてこられたエトワールを初めて務められました。このまま別格娘役スターの道へ…?と思っていた矢先の2015年、星組トップスターに専科の北翔さんが就任されることになり、大ベテラントップスターの相手役として、実力派娘役スターである風ちゃんがトップ娘役スターに就任されました。

 

f:id:lovinyan:20160612234730p:plain

 www.tca-pictures.net

 風ちゃんの歌声は天使の歌声。誰が聴いても文句なく歌うま女王だと思います。北翔さんとのデュエットは耳福です。幸せ。大先輩である北翔さんに向ける憧れと尊敬のまなざしはとても可愛い♡。北翔さんの為にお弁当を作ってあげたり♡。そんな可愛らしい風ちゃんは実は大阪出身のバリバリ関西人。関西気質な性格と、カラッとした笑顔が魅力でもあります。私たちファンにも、ファンの立場に立って接してくださる素敵なスター様。お稽古入りの際、「行ってらっしゃい」とお見送りするファンの皆さまに「行ってらっしゃ~い!…あ、私か!(笑)」などと、朝から元気に大笑いな風ちゃん。一人ノリツッコミ可愛い(笑)。大きく手を振ってくださるお姿はとってもパワフルで、そして男前(笑)。お友達になりたい娘役ランキング1位。お姉さんに欲しい娘役ランキング1位。勝手に思っております。残念ながら、2016年8月26日から上演予定の星組公演『桜華に舞えーSAMURAI The FINALー/ロマンス!(Romance)』の東京宝塚劇場千秋楽をもって、北翔さんと共に宝塚歌劇団を退団予定です。

 

宙組トップ娘役スター・実咲凜音様

f:id:lovinyan:20160613000702p:plain

kageki.hankyu.co.jp

 

 美しさ・演技力・歌唱力…三拍子揃った稀代の娘役スター様。我らが宙組トップスター朝夏まなと様の相手役を務めるのが宙組トップ娘役スター・実咲凜音(みさき・りおん)様です。

凜音ちゃんは2009年の宙組公演『Amour それは…』で初舞台を踏まれた95期生。ちゃぴちゃんや風ちゃんとは同期生ですね。同年末、阪急電鉄の「初詣ポスター」のモデルに起用されていらっしゃいます。その後花組に配属され、2010年の花組公演『麗しのサブリナ』の新人公演では、タイトルロールであるサブリナ役で新人公演初ヒロインに抜擢。同年、宝塚バウホール日本青年館公演『CODE HERO/コード・ヒーロー』でバウホール公演初ヒロインを務められました(ちなみに本公演の主演はまぁ様♡まさに運命的なトップコンビなのです)。その後様々な公演のヒロインを演じられ、2012年に宙組へ組替え。宙組トップスター凰稀かなめ様の相手役として宙組トップ娘役に就任されました。そして2015年より、かなめ様の退団に伴い後任であるまぁ様の相手役を務められています。

 

f:id:lovinyan:20160613002116j:plain

 www.tca-pictures.net 

 

 実は私、宝塚の舞台を観ている時には「泣いちゃいけない」って、ずっと思ってたんですね。泣いてしまったら涙で目が霞んでスター様たちがよく見えなくなるじゃないですか。そんなのもったいない!。だからどんなに感動してもずっと泣かないように我慢していたんです。それが、宙組全国ツアー公演の『ベルサイユのばら』で凜音ちゃん演じるマリー・アントワネットのソロ曲を聴いたとき、自然に涙がこぼれていたんです。我慢しなきゃ!って思う間もなく。そこから箍が外れたように泣いてしまいました(それからは観劇中にもよくメソメソしています(笑))。全てを忘れて物語に入り込まずにはいられない凜音ちゃんの作り出すヒロイン像・世界観。凜音ちゃんのお芝居はとても繊細で美しく、そのキャラクターの細かな心情が伝わってきます。素晴らしい演技力もさることながら、その歌声は女神のような美しさ。そして素顔も綺麗なお姉さんなのに、人懐っこい笑顔がとても可愛いです。美人なのに気取ったところがなくて、意外とサバサバされてそう。女子高に居たら絶対モテるタイプだと思う!。頭を仰け反らせて笑う人を私は久しぶりに見たよ(笑)。‘てるみり‘も大好きだけど、‘まぁみり‘も大好き。叶うならこのままずっとまぁ様のお隣にいて欲しい♡。そんな娘役スター様です。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

スポンサーリンク