ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ。ご贔屓は宙組トップスター朝夏まなと様

あまい紅茶と宝塚なまいにち

龍さん ありがとう! 月組トップスター龍真咲様 ラスト・デイ

 「こんなスターには、もう出会えないだろう」。そう思わせてくれるスターが、また一人宝塚歌劇団を卒業されました。

 

 月組トップスター・龍真咲様。キラキラと眩しい光を放つ彼女のオーラは、大勢の人々の心を奪い、さらに美しく光り輝く。そして龍さんの造り上げる舞台もまた、いつも輝きに溢れていました。

 

 自由で大胆、それでいて大きな愛を持ったスター、龍真咲様のラスト・デイを見てきました。

 

f:id:lovinyan:20160906162556j:plain

ギャラリー | 月組公演 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』『Forever LOVE!!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

龍真咲様 ラスト・デイ ライブビューイングが始まる!

NOBUNAGA

 旅立つ人の清々しい表情にも感動しますが、見送る人の表情にいつも感情移入して泣いてしまいます。今回も、ちゃぴちゃんが登場される度に泣きそうに。信長を慕う帰蝶の姿がそのまま、龍さんを慕うちゃぴちゃんの姿と重なりました。

 最後に、信長が刀を振るって降りてくる龍の絵が描かれた帆布、という演出。龍さんのこれからの未来図も、信長が旅立って行った海のように大きく広がっているのだろうな。

 

アドリブ炸裂!Forever LOVE!!

  大好きなショー『Forever LOVE!!』。なにがすごいって龍さんが大暴走されていたこと(ちゃんと収拾着けるところがすごい)。凪七さんとのデュエットの場面は毎回様々なアドリブがありましたが、ラスト・デイは特にすごかった。いつも通りに凪七さんの腰を抱く龍さんでしたが

 

龍さん「Ah.......Ah......あ、アンパンマン

凪七さん「!!!!!!!」

 

アンパンマンきた!(爆笑)。個人的に「それ行け!」のアンパンマンポーズしている凪七さんが、めちゃめちゃ可愛かったです♡(でも龍さんに「なんか違う」と言われる)。

 

気を取り直して二回目。

 

龍さん「Ah......Ah.........あぁーーーちょっとーーー?!(客席の)皆さん緊張しすぎ!!!ちょっとみんな、並んで!!!」

 

 まさかの龍さんのお説教タイムに!(笑)。二列に並ばされる出演者一同(最初は一列だったのですが「キレイに並び過ぎ!」と龍さんに突っ込まれ並び直す皆様)。セット上にいたコーラス隊も、「そこ、なに三人目立ってんの?!降りてきて並んで!」と、龍さんに引きずりおろされる(笑)。

 

 なんでも、退団してしまう龍さんの為に、組子の皆様がいろいろと準備をされていたことが、全部龍さんにバレバレだったそう。「こっそりやるもんでしょ!」と喝。

 

そしてお説教は劇場内にとどまらず、まさかの中継先にまで!。

 

龍さん「これ、全国の映画館に中継されてるよね????!映画館やからって拍手してないでしょ!!!」

 

ドキーーーーーーッ!!!Σ(@_@;)

 

龍さん「ぼーーーーっとポップコーン食べてんのか知らんけど!ちゃんと!!拍手してよ!!!!!」

 

それまでシーーーーンとしていた館内も、大きな拍手と笑い声に包まれました。龍さん!スミマセンでした!!!(笑)。

 

冗談っぽくお説教してみせながらも今この瞬間を共有している全ての人に心を掛け、組子の皆様への感謝の気持ちや、専科へ組替えとなる凪七さんへのエール(凪七さんのディナーショーの宣伝もバッチリ)をしっかりと伝えていらっしゃって、こういったことがさらっと出来るのも龍さんだけだなぁ…。

 

ちなみにこの後、龍さんは順番に美弥様、沙央さんとデュエットを踊られ、最後の4人でのショットでは「男だろ?」「男だろ?」「お前も男だろ?」って一人ずつに突っ込んでいらっしゃいました(笑)。「なんのことかしら?」みたいなきょとん顔されてる美弥様と沙央さんが可愛かったです(笑)。

 

 カルナバルの曲に合わせて、龍さん、ちゃぴちゃん、珠城さん3人で歌い踊る場面のアドリブも、可愛くてほっこりしました。

 

龍さん「真咲を愛してくれてありがとう!ほんとにほんとに幸せなんですYeah~!」

ちゃぴちゃん「真咲を愛する気持ちは負けないわ!フォーエバーラーブ!!!」

珠城さん「珠城ももちろん、ここにいるみんなが真咲のこと大好きーーー!!!」

 

可愛い~♡。「お前らアドリブ強くなったな」と、龍さんから褒められる次期トップコンビでした♡。

 

龍さんから全ての人へ向けられた大きな愛、そして組子の皆様の「龍さん大好き!」な想いが伝わってくる素敵なラスト『Forever LOVE!!』でした。

 

龍真咲様 サヨナラショー

公演に引き続き、龍さんのサヨナラショーが上演されました。以下はサヨナラショーのセットリストです。

 

パレ・ロワイヤル(2015年 月組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『1789ーバスティーユの恋人たちー』より)

二度と消せない (2015年 月組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『1789ーバスティーユの恋人たちー』より)

真紅に燃えて(2015年 月組日劇場公演『風と共に去りぬ』より)

愛あればこそ(『ベルサイユのばら』より)

TAKARAZUKA 花詩集 100!! (2014年月組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『TAKARAZUKA 花詩集 100!!』より)

God Song (2015年 月組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『GOLDEN JAZZ』より)

僕こそミュージック(2015年 月組梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、文京シビックホール公演『DRAGON NIGHT!!』より)

声なき言葉(2015年 月組公演宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『1789ーバスティーユの恋人たちー』より)

 

 月組子の皆様が真紅のお衣装を身に纏い、勢ぞろいで登場され始まったサヨナラショー。「おーい、みんな!龍真咲のサヨナラショーが始まるぞー!」と楽しそうに呼びかける沙央さん。元気いっぱいの笑顔で歌い踊る皆様の間から登場された龍さんは、白地にびっしりと真紅のバラが描かれたお衣装をお召しでした。うん、こーゆーお衣装、龍さんしか着こなせない!。

 

 龍さんのサヨナラショーなので、もちろん主役は龍さんなのですが、月組生全員で歌うナンバーや、龍さん以外の退団者(5名いらっしゃいました)だけで歌う場面もありました。「龍さんの月組」の絆を存分に感じられる温かいショーだったと思います。

 

真ん中の龍さんを見つめ続ける組子の皆様や、そんな皆様に優しい微笑みを投げかけながら、真っ直ぐ前を見つめていらっしゃる龍さんの瞳が印象的でした。

  

 龍さんの代表曲「僕こそミュージック」では、客席で揺れるペンライトの輝きが涙を誘います。ペンライトは龍さんのファンクラブの方が観客全員分ご用意されたのだとか。愛ですね。

 

たくさんの感動をありがとう!

 サヨナラショーの後は、龍さんを含む6名の退団者からのご挨拶がありました。晴れやかな笑顔と、心からの「ありがとうございました!」に胸を打たれます。ラスト曲がタカラジェンヌに栄光あれ』というのも、龍さんらしくて良かった。

 

 鳴りやまない拍手。カーテンコールの幕が開ける度、龍さんは私たちの期待に温かく応えてくださいました。最後まで涙を流すことはなく、冗談を交えながら朗らかにお話されていた龍さん。最後までたくさん笑わせて頂きました。

 

お説教タイム再び?!

 

本公演で龍さんと同時退団される同期生の萌花ゆりあ様がご結婚されるとのことで、龍さんは大いに祝福された後、劇場にいらっしゃっていた萌花さんの未来の旦那様を捕まえて、お説教タイムに(笑)。

 

「なんで青着てきたんですか?」

「え、なんで白着て来なかったんですか?」

「周りを見たらわかるでしょ!」

 

などなど(笑)。全国中継されている公衆の面前で、トップスターに叱られる萌花さんのフィアンセの方(笑)。「そういうルールまで存じ上げませんで…申し訳ございませんとしどろもどろ。可哀想に(笑)。

 

最後は「まいこを幸せにしてあげてください」と、龍さんはにっこりされていたけれど、フィアンセの方はずっとペコペコ頭を下げていらっしゃいました(笑)。龍さん、ツヨい…

 

 萌花さんの結婚発表と同じ流れを、半ば強引に飛鳥さんに促す龍さんも面白かった。

 

飛鳥さん「えー…(汗)、では、本人から許可を取りましたので、お伝えいたします。龍真咲ですが……結婚……..、出来ませんでした!!!」

 

すごいドヤ顔で、何も無い左手を見せてくれる龍さん(笑)。

 

「今、えっ……!って思った人いたでしょ?!。…これが、やりたかったんです!」と、いたずらっぽく笑う龍さんでした。もー、私もちょっと「えっ!」って思っちゃったじゃないか(笑)。ちなみに退団会見の時に仰っていた「結婚準備」は、今からやるそうです(笑)。はー、面白かった♪。

 

次期トップコンビへ、バトンを渡す龍さん

 

 トップスターの退団公演なんて、悲しくて寂しくてたまらないものだと思っていたけれど、こんなに楽しい気持ちにしてくださるスター様もいらっしゃるのだな。今日は笑顔で帰られるかな♪、と思っていたのですが、舞台上に一人立っていらっしゃった龍さんが、おもむろにちゃぴちゃんを呼び寄せられたのには、涙腺が崩壊しました。

 

これまた、ちゃぴちゃんが「信じられない…(感涙)」といったご様子で、震えながら舞台袖から龍さんのもとへ近づいていらっしゃったものだから、涙腺どころか、心の防波堤まで軽く超えました。

 

まさか呼ばれると思っていなかったのであろうちゃぴちゃんの、いろんな感情がぐちゃぐちゃになって、瞳にいっぱい涙を溜めたお顔を見て、「蓋を外そうか」と、龍さん。「溢れんばかりの感情に蓋をしているらしいです、どうやら」と説明しながら、温かい眼差しでちゃぴちゃんを見つめ、

 

龍さん「今までありがとう」

 

だーーーーーーーーーーーー!!!!!(滝のように零れる涙の音)

 

そのお言葉に、ちゃぴちゃんも号泣。「蓋が…蓋を…」と支離滅裂になってしまっているちゃぴちゃんに「何を言ってるの!ちゃんとはっきり喋りなさい!」と一喝する龍さんはプロの舞台人ですね。

 

ちゃぴちゃん「蓋を…ショーの前に外されて、閉めたんですけど…ズレました(泣)」

 

「でしょ?」と、龍さん。蓋をズラせようとずっと思っていらっしゃったらしい。ちゃぴちゃんは龍さんの一喝が効いたのか、涙をぐっとこらえて「ありがとうございました」と、深々とお辞儀されていました。龍さんを真っ直ぐ見つめて

 

 

f:id:lovinyan:20160906162644j:plain

 

 

龍さんのトップ就任以来、相手役として龍さんを支えてこられたちゃぴちゃん。龍さんの背中を追いかけ、いつのまにか龍さんに引けを取らない輝きを放つ、トップ娘役スターになっていらっしゃいました。

 

「今までありがとう」。短い言葉でしたが、その中に込められた龍さんの想いを想像すると、涙が止まりませんでした。それは男役として相手役に向けた言葉というよりは、共に切磋琢磨して組を率いてきた、同士に対する言葉、というような気がしました。

 

ちゃぴちゃんに続いて、これからの月組を担っていく次期トップスター、珠城さんを呼び寄せた龍さんは、今にも泣き出しそうな珠城さんに「泣くな!」と一喝。そして、優しく二人の背中を押すと、

 

龍さん「皆さん、私はもう卒業しました。これからはこの若い二人が月組を担って、素晴らしい組を作り上げてくれると思います。愛希れいかと珠城りょうを、どうぞ宜しくお願いします」

 

深々とお辞儀される龍さん、ちゃぴちゃん、珠城さんでした。最後は全員を呼び寄せられた龍さん。唇をきゅっと引き結んだまま、なかなか龍さんの側から離れられない珠城さんでしたが、龍さんから「ほら、早く自分の定位地に戻って!」と、わざとシッシッ!と追い払われて(笑)、ようやく笑顔を見せてくださいました。

 

 

龍さんありがとう!

 

まさにフェアリーそのものだった龍さん。最後まで笑顔で、そしてみんなを笑顔にして、ご卒業されたのですね。

 

「今日はとってもいい日でした!」

 

龍さんの最高の笑顔を一生忘れません。心から、ありがとうございました!

 

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク