ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ。ご贔屓は宙組トップスター朝夏まなと様

あまい紅茶と宝塚なまいにち

まぁ様速報! 宙組公演『王妃の館』/『VIVA! FESTA!』 制作発表

10月26日(水)に東京都内で、宙組宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『王妃の館』/『VIVA! FESTA!』の制作発表会が行われました。発表会の詳細レポートが宝塚歌劇公式サイトにUPされています!。

 

制作発表会レポート

 

10月26日(水)、宝塚歌劇宙組公演ミュージカル・コメディ『王妃の館ーChateau de la Reineー』、スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』の制作発表会が行われました。

 

f:id:lovinyan:20161110225439j:plain

宝塚歌劇団理事長・小川友次、『王妃の館ーChateau de la Reineー』原作者の浅田次郎氏、演出家の中村暁、田渕大輔、宙組トップスター・朝夏まなと宙組トップ娘役・実咲凜音が出席。宙組トップコンビがミュージカルのパフォーマンスも繰り広げ、新しいコメディ作品の一端を披露しました。浅田次郎氏も今作への期待を語ってくださり、大いに盛り上がった制作発表会の模様をお届けします。

 

人気小説の舞台化&パワフルなレビュー

 

ミュージカル・コメディ『王妃の館ーChateau de la  Reineー』は、「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞を受賞するなど、輝かしい受賞歴を誇る人気小説家・浅田次郎氏の同名小説が原作。宝塚歌劇にとって初の浅田作品舞台化となります。パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」。ここで前代未聞のツアーを企画した旅行社の奇策のもと、様々な騒動が巻き起こります。かつての城主・太陽王ルイ14世の秘められた物語と共に、コミカルな要素を散りばめた楽しい舞台をお楽しみください。なお、今作は演出家・田渕大輔の宝塚大劇場デビュー作となります。

 

スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』は、演出家・中村暁による世界各地のFESTA(祭り)をテーマに、エネルギッシュにお届けする新作レビューです。ダイナミックなダンスに加え、『エリザベートー愛と死の輪舞ー』を経てさらに歌唱力にも磨きがかかるトップスター・朝夏まなとを中心に、パワー漲る宙組がお届けいたします。どうぞご期待ください。

 

世界観の広がるパフォーマンスを披露

 

制作発表会では、宙組トップコンビの朝夏まなと、実咲凜音が、『王妃の館ーChateau de la Reineー』の世界を表現する芝居と歌で、それぞれのキャラクターやドラマ性を伝えました。

 

f:id:lovinyan:20161110230757j:plain

 

朝夏まなとが演じるのは、セレブ気取りの恋愛小説家・北白川右京。派手なピンク色のスーツをファッショナブルに着こなしつつ、いかにも一癖ある雰囲気を醸し出します。

実咲凜音演じる弱小旅行代理店の女社長兼、ツアーコンダクターの桜井玲子は、自ら企画したダブルブッキングツアーのことで焦っている様子。そのツアーに参加している右京と丁々発止のやり取りを見せます。

 

f:id:lovinyan:20161110231132j:plain

 

パフォーマンスの最後には、次第に心を通わせる二人がそれぞれの人生の中で抱える葛藤を歌うデュエットナンバー「主人公のいない小説」を披露し、美しいハーモニーで聴かせました。

 

f:id:lovinyan:20161110231329j:plain

 

続いて出席者が登壇し、それぞれ挨拶を行いました。

 

宝塚歌劇団理事長の小川友次は、朝夏まなと率いる宙組が2015年、全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ』を好演したことに触れ、「朝夏は演技の幅が広く、コメディのセンスも持ち合わせたトップスターです。そこで、彼女のトップ4作目に、ぜひ浅田次郎先生の『王妃の館』を、という話になりましたところ、浅田先生にはご快諾いただき、誠に嬉しく思っています。若き演出家・田渕大輔の大劇場デビュー作ですが、宝塚歌劇らしい、楽しいミュージカル・コメディになると思います」と話しました。

 

個性豊かなキャラクターが登場する『王妃の館ーChateau de la Reineー』は、宙組公演出演者の持ち味が大いに活かされるでしょう。また『VIVA! FESTA!』では、リオのカーニバル、日本のYOSAKOIソーラン祭りなど世界各地のFESTA(祭り)を、レビューの手法で鮮やかにエネルギッシュに表現します。充実した舞台を見せる朝夏まなと率いる宙組の、約一年ぶりとなるオリジナル作品をぜひお見逃しなく!

 

【出演者コメント】

宙組トップスター 朝夏まなと

 

コメディ作品に挑戦できることが嬉しい

 

「今回、宙組にとりまして、約一年ぶりのオリジナル作品の二本立てのこうえんとなります、『王妃の館ーChateau de la Reineー』は、浅田次郎先生の小説が原作ということで、2015年の全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ』を上演した際、コメディの楽しさを実感いたしましたので、再び宝塚大劇場東京宝塚劇場でコメディ作品に挑戦できることを、とても嬉しく思っております。また、この作品は田渕先生の大劇場公演デビュー作でもありますので、宙組一丸となって盛り上げ、浅田先生の素晴らしい作品の世界観を、お客様に喜んでいただけるような宝塚歌劇版の舞台として、お届けしたいと思います。一方、『VIVA! FESTA!』は、今の宙組のパワーを存分に発揮できるよう、私自身が引っ張って行きたいと思います。両作品ともに宙組の魅力を存分に、皆様に楽しんでいただける舞台を目指してまいります。そして、この公演は実咲の退団公演でもありますので、最後までいい舞台を一緒に創りたい思います。」

 

あらためて実咲凜音との最後の公演となることについて

 

「いつも、より良い作品を創り上げるのが私たちのテーマです。作品を創るうえでは妥協せず、これまでどおりいいものを創れるように頑張ってまいります。実咲には、集大成となる公演で下級生たちにも色々なことを伝えてもらいたいですし、娘役として立派な花を咲かせてほしいと思います。」

 

コメディ作品への意気込み

 

「コメディは”狙ってはいけない”ところが難しいです。何気なく言ったひと言の間が面白いなど、自然なお芝居になるまでに稽古場で身体に役を染みこませることが大切だと感じています。さらに自分の意図していないところでお客様が喜んでくださるなど、予測できないのがコメディの難しさでもあり、楽しさでもあります。今回実咲とコメディ作品に挑戦しますが、普段の彼女らしさが出れば一層面白くなると思います(笑)。」

 

宙組トップ娘役 実咲凜音

 

退団公演でまた新しい一面をお見せしたい

 

「今回は、ミュージカル・コメディとレビューの二本立てということで、今からとても意気込んでおります。お芝居では、今までにない役どころで、最後の公演となりますが、新しい自分をお見せできるように頑張ります。そして、レビューについては、宝塚歌劇団に入団する前、私が客席から観ていた時に抱いた憧れや感動といった思いを込めて、お客様にも、同じように感じていただける、楽しく、素敵で、華やかなレビューにできればと思っております。朝夏さん率いる宙組の皆さんと共に造り上げる時間の一瞬一瞬を大切に、取り組んでまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

 

あらためて退団公演に臨む気持ち

「本日、パフォーマンスをさせていただき、あらためてコメディの難しさを感じました。朝夏さんは本当にお芝居心がある方なので、舞台上でも毎日違う感情表現をされ、多くのことを学ばせていただいています。今作では、今までに吸収したことを活かし、さらに新しい一面を皆様にお見せできるよう、そして宙組の一員として力になれるように頑張ります。」

 

コメディ作品への意気込み

 

「朝夏さんがおっしゃったように、普段の自分も出しつつ(笑)、”狙ってはいけない”という気持ちで臨みます。まじめに演じれば演じるほど、お客様に面白く見えるのがコメディだと思います。お客様の笑い声や感動によって、一体感溢れる空気を感じrことができるコメディ作品を、私自身もとても楽しみにしています。朝夏さんは普段から楽しいお話をしてくださり、ふとかけてくださる言葉に救われることが多いので、そんな朝夏さんにしっかりとついていけるようにがんばります。」

 

f:id:lovinyan:20161110234537j:plain

 

【演出家コメント】

田渕大輔(『王妃の館ーChateau de la Reineー』担当)

 

朝夏、実咲自身に近い丁々発止のやり取りを楽しんで

 

「今回、私は初めて宝塚大劇場の作品を担当させて頂くのですが、ぜひこの二人で新しいコメディ作品に挑戦したいと思いました、浅田先生の作品のお力をお借りして、二人の新しい魅力をお客様にお届けできる作品を創りたいです。本作は浅田先生の作品の中で生きる独特の色濃いキャラクター、一癖も二癖もある登場人物たちが織り成す群像劇をとおして、北白川右京と桜井玲子が何かを見つけていくストーリーです。私自身、浅田先生の『王妃の館』を拝読した時に温かい気持ちになりましたので、お客様にも暖かを感じていただける作品になるように取り組んでまいります。」

 

宝塚歌劇での舞台化にあたり、どのような要素を盛り込みたいか

 

「小説の中に描かれている父性愛、永遠の愛、そして大事なものを守るために何かを犠牲にする愛を、宝塚歌劇ならではの男女の愛につなげ、コミカルな形に集約できればと思っています。」

 

コメディのなかで朝夏まなと、実咲凜音のどのような魅力を引き出したいか

 

「朝夏は笑いに対してもストイックですが、何かをキャッチし投げるという瞬発力も持ち合わせていますし、とても陽のオーラを持っている人だと感じています。実咲も彼女の素が出れば本当に面白いと思います。設定が現代ということもあって、普段の彼女たち自身に近い丁々発止のやり取りを、お客様にも楽しんでいただけると思います。」

 

中村暁 (『VIVA! FESTA!』担当)

 

宙組出演者全員が躍動する舞台を創り上げたい

 

「2017年は、宝塚歌劇にとって大切な『モン・パリ』誕生90周年にあたります。『モン・パリ』は大階段やラインダンスを初めて取り入れたレビューで、現在宝塚歌劇で上演されているレビューのスタイルを創り上げた、偉大な作品です。その記念すべき年にふさわしい作品を創りたいという想いで、スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』を企画しました。”スーパー・レビュー”というサブタイトルには、新しいレビューにしたいという想いを込めています。朝夏まなと、実咲凜音を中心とした出演者全員による、躍動感溢れる舞台を創り上げたいと思います。」

 

朝夏まなと、実咲凜音のどのような魅力を引き出したいか

 

「朝夏には、その大きな瞳に、優しさと強さが同居している印象があります。彼女の優しさと強さ、明るさと激しさといった魅力を、レビューの歌やダンスの中で活かしたいと考えています。宙組80数人を率いての歌、ダンスになりますので、レビューならではのダイナミズムをお客様に感じていただけるのではないでしょうか。実咲は花組公演『麗しのサブリナ』(中村暁脚本・演出)の新人公演でヒロインを演じましたが、下級生での初ヒロインながら堂々と”やり切った”、というものを見せてくれました。今回も”やるときはやる!”という芯の強さを、しっかり見せてくれるだろうと期待しています。作品中では、世界各国の様々な祭りが出てきますので、どうぞお楽しみください」

 

【原作者コメント】

浅田次郎(『王妃の館ーChateau de la Reineー』原作者)

 

これはパリ旅行中に思いついた”お笑い小説”です

 

 「私はミュージカルが好きで、宝塚にも興味を持ちながら、今までご縁がありませんでした。男性に多いことだと思いますが、どうも男一人で観に行くのは気が引け、かと言って男二人で行くのはもっと気が引け(笑)。そうかと言って女性編集者にタカラヅカが観たいとも言い出せずにきました。そんな中で今回、『王妃の館』の舞台化というお話を伺った時は、大変嬉しく躍り上がりました。先日、宙組の『エリザベート』を拝見し、目からウロコでした。宝塚歌劇の伝統を強く感じて頼もしく、また、その伝統を基盤にしながら、新しいものを創っていくというスタイルが素晴らしいなと思いました。

 私は色々な小説を書きますが、『王妃の館』は徹頭徹尾、笑いを散りばめた”お笑い小説”として仕上げました。ルイ14世にとても興味があり、パリが大好きな私が、パリへ旅行中に思いついた小説です。この作品がこうした形で舞台化されることは大変喜ばしく、今から楽しみでなりません。」

 

宝塚歌劇での舞台化にあたって何かリクエストなどは?

 

「私は自分の作品が舞台化されたり映像化される時は、一切注文をつけません。どんな気持ちに近いかと言うと、嫁に出した娘がどれぐらい幸せになっているかをドキドキしながらそっと見守るぐらいの感覚です。ですからお任せにし、楽しみにしております。」

 

北白川右京を演じる朝夏まなとについて

 

「朝夏さんのパフォーマンスを拝見して”作家とはこうでないといけない!”と感じました。私もこういう小説家になりたかったと、とても羨ましくなりました。デビューした時に派手なファッションにすれば、方向性も違ったのかもしれませんが、私はいたって地味な小説家であります(笑)。」

 

宝塚歌劇の舞台をご覧になって、あらためて今作に期待されること

 

「女性だけの劇団である宝塚歌劇ならではの、別世界という雰囲気がとても良かったです。小説を書く時に悲観的に書くか喜劇的に書くかという選択を迫られるのがクライマックスです。『王妃の館』では、悲劇と喜劇のどちらで書くかを使い分けながら書いてきましたので、その緩急がどのようになるのか、とても楽しみです。」

 

f:id:lovinyan:20161111002548j:plain

制作発表会レポート | 宙組公演 『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 

観て、楽しむ♡ パフォーマンス映像をノーカットで!

動画もUPされていました!。

 


宙組公演『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』制作発表会 パフォーマンス(ノーカット)

 

秘密を共有する、人生崖っぷちな二人?。ラブが生まれる予感♡。いや、生まれてくれないと困ります!(笑)。楽しみですね。

 

ピックアップ記事を、まとめてチェック♪

 

各種メディアにも、制作発表の記事がUPされていました。

 

♡スパイスさま

 

お写真がたくさんですよ~♪。

spice.eplus.jp

 

♡演劇キックさま

 

オススメNo.1記事♡。こちらも素敵なお写真をたくさん掲載してくださっています。最後の一枚、まぁみりスマイルショットがお気に入り♡

公式サイト様の記事はインタビューがスッキリとした文書でまとめられていますが、こちらの記事では対話そのままを掲載してくださっているので、制作発表会の雰囲気がわかりやすく伝わってきます。演劇キックさまの宝塚ジャーナルの記事は、いつも素敵なお写真と丁寧な文章で綴られていて大好きです。

 

f:id:lovinyan:20161111003855j:plain

宝塚ジャーナル : ポップで賑やかな二本立て宝塚宙組公演『王妃の館』『VIVA! FESTA!』制作発表会見レポート

 

♡チケットぴあ様

 

笑顔のまぁみりちゃんのショットが♡。幸せ(*^_^*)

 

ticket-news.pia.jp

 

 ♡産経WESTさま

 

www.sankei.com

 

♡日刊スポーツさま

 

タイトルで泣かせにくるやん…(涙)。

 

www.nikkansports.com

 

神戸新聞NEXTさま

 

www.kobe-np.co.jp

 

♡サンスポさま

 

お写真はありません。

 

www.sanspo.com

 

いつも「まぁさま」呼びだから♡

 本公演は凜音ちゃんの退団公演ということで、インタビューやニュースの表題にも”退団”、”最後”というワードが飛び出してきては切ない気持ちになります。それでも凜音ちゃんの晴れやかな笑顔や、「まぁ様」って言いそうになって「朝夏さん」と慌てて言いなおすお姿に、ほっこりさせられました♡。

 

凜音ちゃんが「まぁさ…朝夏さん」って言っちゃった可愛いお姿は、こちらの動画で見ることが出来ました♡。TAKARAZUKA CAFE BREAKという番組内のコーナーです。

 

♡tkr mmさま

 


宝塚 宙組 王妃の館 制作発表

 

ちなみに宝塚歌劇公式動画のダイジェスト映像でも会見の様子を見ることが出来ますが、この部分は修正されてしまっています(泣)。わざわざ言い直してるお姿が、可愛いのにね。

 

 

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

関連記事

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

スポンサーリンク