ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ。ご贔屓は宙組トップスター朝夏まなと様

あまい紅茶と宝塚なまいにち

宙組全国ツアー梅田公演を観てきました ~『バレンシアの熱い花』編~

  11月18日より絶賛上演中の宙組全国ツアー公演バレンシアの熱い花』/『HOT EYES!!』。観劇の感想を一気に語ってしまいたいところですが、とても一記事には収まらないので分けて書こうと思います。まずはお芝居。ミュージカル・ロマン『バレンシアの熱い花』から。

 

初日観劇前の心境

 

トップ娘役不在、ということ

 

 主演男役と呼ばれるトップスター。彼女たちの隣にいて、常に相手役を務めるのがトップ娘役です。我らが宙組のトップスターは朝夏まなと。相手役であるトップ娘役は実咲凜音様です。

 

ですが今回凜音ちゃんはバウホール公演『双頭の鷲』に出演中で、全国ツアー公演には出演されません。…なんですと?!?!。トップスターの相手役、つまり物語のヒロインがトップ娘役じゃない!!!。凜音ちゃんがいないなんて、ありえない!!!。

 

凜音ちゃんが退団発表をされた今、まぁみりコンビの残り少ない貴重な公演で、まさか…まさか…お二人を引き離すなんて!。トップコンビを引き離して、いいことなんか一つもありません。ううぅ…凜音ちゃん…まぁみり…(泣)。

 

 そんな感じでなかなかMAXに気分が盛り上がらず、まぁ様に会えるのは純粋に楽しみではあったのですが、実は少し心の奥底がもやっとしたままの観劇でした。

 

初日観劇後の感想

 

 率直な感想を申し上げると、「誰も幸せにならへんやん…」。特にシルヴィアさん…なんで死んだんですか?

 

 『バレンシアの熱い花』は再演ものなので調べようと思えば、あらすじくらいはざっと拾えたとは思うのですが、せっかくなので真っ白な気持ちで観劇したいと思い、事前情報を一切入れずに観劇したところの感想です。あまりに哀しい最後に呆然としてしまいました。

 

見れば見るほど味が出る!するめ式物語

 

 初見こそ観劇後は「ずーん…」と落ち込んでしまいましたが、二回目以降は心積もりが出来ていたこともあり、見れば見るほど古き良き宝塚の香りがする美しい物語の展開や、宙組のスター様方の大きな魅力に惹き込まれていきました。今ではすっかり大好きな作品です。やっぱり宙組最高!。

 

f:id:lovinyan:20161205025526j:plain

 

真っ白な美しさ 宝塚のトップスターだから出来ること

 

 まぁ様が演じる主人公フェルナンド。Now on Stageで真風さんも仰っていましたが、フェルナンドという役は「宝塚の男役を極めたスターでないと出来ない役」「絶対にかっこよくなければ許されない役」です。

 

 フェルナンドのキャラクターをものすごく簡単に捉えると、復讐の為とはいえ婚約者がありながら他の女性に恋をしてしまうという勝手な男。更にイサベラに愛を告げながらも婚約者であるマルガリータを裏切ることは出来ないと、わざわざイサベラに告げるという…。

 

なんてヤツだ!と憤慨したくなるのですが、そこを最高に魅力的なキャラクターに仕上げてくる、それが宝塚の男役です。まぁ様フェルナンドのまっすぐな瞳の中に計算などというものは何一つなく、ただただ真摯な熱い想いが伝わるだけ。どこまでも美しく、とことんカッコいい。純粋で清廉潔白なまぁ様フェルナンドの前には、俗世の厭らしさやドロドロした感情など、あっさり粉々に消え失せるのです。凄い。

 

伶美うらら×星風まどか 二人のヒロインの異なる魅力

 

 フェルナンドを取り巻く二人の女性。フェルナンドと恋に落ちるイサベラと、彼の婚約者マルガリータ。対極と言っていいほど生まれも性格も異なる二人の女性を、同じく正反対の魅力をもつ怜美うらら様星風まどか様が好演されています。大輪の薔薇のように華やかなうららちゃんイサベラと、鈴蘭のように可憐なまどかちゃんマルガリータ。まさにお二人の為の役と言っても過言ではありません。

 

about 伶美うらら (イサベラ)

 

 褐色の肌に赤色が効いたドレスが映えてとても美しかったです。エル・パティオの場面で「誰か、私と恋をしない?」というセリフはまるでカルメンのように妖艶。文句なしにエル・パティオのマドンナであるイサベラのことを、ほとんどの男性たちが熱に浮かされたように見つめています(ラモンもその一人)。ですがフェルナンドを見つめる彼女の瞳は初恋に胸をときめかせる初々しい少女のよう。このギャップの魅せ方が、うららちゃんの魅力なのです。

 

 うららちゃんは娘役さんの中では高身長で迫力もありますが、無理にちっちゃく可愛い娘役さん像に収まろうとされないところが逆に魅力的です。まぁ様フェルナンドと抱き合う最後の場面も、きゅっとしがみつくのではなくて、まぁ様の背中にがしっと力強く腕を回される仕草も実に良い。

 

  また、うららちゃんの涙も見どころです。気丈にも強がっているけれど、瞳の中にみるみるうちに溜まっていく涙がボロッと零れ落ちる瞬間といったら…!。フェルナンドとの別れの場面は涙なくして見ていられません。まぁ様も泣いていらっしゃるのだけれど、それに私のご贔屓はまぁ様なんだけれど、うららちゃんの姿が見えなくなるまで、彼女から目を離すことが出来ません。 

 

フェルナンドの腕からそっと離れて、立ち止まり泣き崩れるうららちゃんイサベラの姿。身も心も限界、もうボロボロ。あんなに全身で泣くお芝居をされる役者さんを見るのは初めてです。壁に寄りかかって背中を震わせる姿は見ているこちらも涙涙です。

 

about 星風まどか (マルガリータ)

 

 うららちゃんを褒め称えると止まりませんが、対するうちのまどかも凄かった。ちっちゃくて可愛くて、世界中の全ての人が愛してしまうような可憐な少女マルガリータ。赤、黒、などのお衣装が中心のイサベラに対して、マルガリータは白、ピンク、薄い水色など、パッと心が華やぐような可愛らしいパステルカラーのドレスを纏っています。リボンもたくさん付いていて、手にはお花や手作りのショールを持って、まさにプリンセス。

 

 また舞台において、まどかちゃんは見かけによらず大人っぽい話し方をされることが多いですが、マルガリータを演じるにあたり普段より1オクターブ高い鈴の転がるような声で話されているのが印象的でした。ちょこちょこ小走りしていらっしゃるのも、とっても可愛い。セレスティーナ侯爵夫人役のせーこ様の横に立っているだけでも可愛い。そりゃあせーこ様も満面の笑顔で見守りたくなりますよね。

 

 まどかちゃんの魅力は見た目の愛くるしさだけではありません。ただただ純粋無垢なだけではなく、マルガリータもまた、涙をこらえてフェルナンドを待ち続けているのだ、という姿を丁寧に演じておられます。フェルナンドと顔を合わせた時の、少しはにかんだ愛らしい微笑み。そして彼の背中を見送る時の少し傷ついたような眼差し。女優です。

 

”あきらら”という新しい萌え

 

恋人を叔父に奪われ復讐を決意する伯爵・ロドリーゴ役を演じるのは、宙組のロイヤルプリンス澄輝さやと様。なんと娘役さんを相手に本格的な恋愛劇をするのが初めてだというあき様。まぁ様じゃないけれど、恋に翻弄されるあき様の姿が新鮮でニヤニヤうきうきしてしまいます(笑)。

 

 あき様の相手役、ルカノール侯爵夫人・シルヴィア役を演じるのは遥羽らら様。新公ヒロインの経験があって、演技力にも定評がある若手娘役スター様です。可愛らしいお顔立ちなのに、セリフの言い回しが大人っぽく儚げなところが良かったです。

 

 あきららコンビは新鮮な組み合わせでしたが、とってもお似合いなカップルでした。あき様の腕の中で幸せそうに微笑むららちゃん…。これよ!。こういうのが見たかったのよ!。これからどんどんやっていこう!。ららちゃんを強く抱きしめて、暗闇に鋭い視線を投げるあき様、素敵です。困り眉をして、愛おしくてたまらない顔でららちゃんに微笑みかける、あき様の笑顔ってたまらないですよね♡。

 

 また、私はあき様が歌う『瞳の中の宝石』の前の歌いだしが大好きです。

 

ーーー奪われて知ったこの恋しさに

あなたへの激しい想いに

身を引き裂かれ苦しい夜が私を苛む…-----

 

切ない…けれど、甘やか。あぁ、せめてロドリーゴとシルヴィアだけは幸せになって欲しかった。

 

瑠風輝 文句なしのスター性

 

 盗賊団の頭、ドン・ファン・カルデロ役を演じるのは宙組期待の若手男役スター瑠風輝様ドン・ファンが登場する最初の場面、初日はさすがに緊張もあったのか「男役頑張ってます」感が垣間見えるところもありましたが、放っているオーラがもう只者ではない。きらっと光る片耳ピアスがセクシー♡。立ち姿もすらりとしてカッコよく、上級生のスター様方に負けず劣らずでした。

 

 もえこちゃんドン・ファンの台詞で一番好きなのが「別口ですよ~、別口」というもの。フェルナンド達のピンチを助けに、ドン・ファンが颯爽と現れた時のセリフです。余裕たっぷりな微笑と皮肉っぽい口ぶりがなんとも魅力的でした。

 

 それにしても突然現れた怪しい男がドン・ファンだとわかった瞬間、近衛隊が一斉に攻撃を止めるのは何故なんでしょう。ホルヘの息子だって知っているのかな、みんな。

 

そう、ドン・ファンはルカノール侯爵の側近ホルヘの実の息子なのですよね。この事実が明かされる場面も最高に泣けます。ホルヘ役の星吹さんの演技は言わずもがな、ルーカス大佐に切り付けられたホルヘを助けるために、勢いよく剣を振り翳すもえこちゃんドン・ファンの姿。「おやじっ…!」という悲痛な叫び声を聞くだけで泣けてくるし、そしてめっちゃ強いの、ドン・ファン

 

いつも飄々としているドン・ファンが必死に、命を掛けて父親を助けようとしている。もえこちゃんの迫真の演技は「感情を(演技に)出すのが苦手で…」と言っていた、かつての彼女ではありませんでした。思い出すだけで涙が…。

 

くすっと笑える ほっこり場面集

 

バレンシアの熱い花』は哀しい物語ではありますが、随所に「くすっ」と笑えるシーンが散りばめられています。特に初日は客席から度々笑い声が聞こえてきました。そんな”ほっこり場面集”をまとめてみました。

 

  • ワインを一気に飲み干すフェルナンド

 

「重要な話がある」とフェルナンドを呼び出しておきながら、なかなか話を切り出さないレオン将軍。そんな将軍にヤキモキするフェルナンド。すすめられたワインをキューッと飲み干して、タンッと音を立ててグラスを置くまぁ様フェルナンドが可愛かったのと、レオン将軍の「…忙しい男だな」というセリフが絶妙でした(笑)。

 

  • ずらかろうとするラモン

 

フェルナンドとロドリーゴの復讐作戦を立ち聞きしていたラモン。すぐにバレてしまうのですが、「別に聞くつもりはなかったんだが、つい面白そ~うな話だから」と言い訳。聞くつもりめっちゃあるやん(笑)。そそくさ~っとずらかろうとするも、フェルナンドとロドリーゴに捕まってしまいます。

 

 

秘密を聞かれたからには逃がすわけにはいかないと、嫌がるラモンをがっちり捕まえて仲間に誘うフェルナンドとロドリーゴバレンシアのために』というナンバーは主にまぁ様とあき様が歌っているのですが、二人の間に挟まれてコミカルなお芝居をされている真風さんが面白い!

 

フェルナンド「スペインはとても危ない」

ラモン「へぇえ~?!危ないんですかぃ?!」←言い方(笑)。

 

フェルナンドロドリーゴ「力あわせ剣をとり、共に戦おう」

ラモン(二人に両手を力いっぱい掴まれて)あ゛ーーーーッ!!!(痛)」

 

フェルナンドロドリーゴ「いざ戦おう」

ラモン(重ねた二人の手の上に、同じように手を重ねようとして前につんのめる)おおぉっ…と(汗)」

 

真風さんの表情にも注目です(笑)。

 

  • しどろもどろのレオン将軍

 

復讐の計画を母親であるセレスティーナにも、婚約者であるマルガリータにも感づかれてはいけないと、フェルナンドに言って聞かせていたレオン将軍ですが、ついついセレスティーナにバレてしまいそうになり、しどろもどろになっていました。

 

セレスティーナ「無理に聞くつもりはありません。どうもありがとうございました」

レオン将軍「エヘン…それは…!…どうも…(汗)」

 

その後も動揺を隠しきれないレオン将軍は、孫娘であるマルガリータにも咎められていました。

 

レオン将軍「あぁ…(汗)なかなか、いいよ」

マルガリータ「まぁ!どうでもいいような仰りかたですわね!」

 

微笑ましくて可愛い。おっきな目がきょろきょろしていて、松風さんらしいほっこりするお芝居です。

 

  • まぁ様の剣が無い!!!

 

初日のことです。フェルナンドとロドリーゴ、そしてラモンが結託する場面。皆さま黒い天使のお衣装に身を包んでおられたのですが、まぁ様だけ剣を持っていない!。真風さんもあき様も持っているのに、まぁ様だけ無い。ですがとても自然な流れで進行していたので「こーいう演出なのか」と思っていたのですが、次の日からはまぁ様もしっかり剣を持っていらしたので「あ。やっぱり剣要るんだったんだ」と気づきました(剣を重ね合せる振りもありますしね)。

 

ご本人はヒヤッとしたことでしょうが、見ているこちらはただただほっこりしました。それにしても本当に自然で、二回目以降を見ていなければ気付かないくらいでした。プロって凄い。

 

  • 泥棒さん

 

ラモンがやってくる少し前。ルカノール邸の前でフェルナンドがロドリーゴに、ドン・ファンを引き合わせる場面があります。

 

フェルナンド「この間話したドン・ファン・カルデロ。泥棒さんだ」

 

泥棒さん…。泥棒さん…。なんて可愛い響きなのでしょう。まぁ様が仰ってると思うと余計に可愛い。

 

  • ラモンさん大慌て

 

デルバレス邸でフェルナンドからセレスティーナに紹介されるラモン。怪我をしたラモンを見てセレスティーナは「あまり危険なことに友達を巻き込んではいけない」とフェルナンドを諭します。

 

ラモン「いや、俺は…!いや…わたくしは…(ごにょごにょ)

 

セレスティーナ様の貫録に(めっちゃ優しそうなお母様だけれども)たじたじ大慌てなラモンさんでした。

 

  • フェルナンドしか見えない

 

フェルナンドが怪我をしたと聞いて、デルバレス邸へ駆け込んでくるマルガリータ。腕を吊っているのがラモンだと気付くと思わず

 

マルガリータ「…違ったんですか?あぁ…良かった…(ラモンを見て)まぁ!!!ごめんなさい!!!」

 

申し訳なさそうに小さく縮こまる、まどかちゃんマルガリータ。悪気が全然ないのと、ただひたすらに可愛らしいので、ラモンはおろか誰も怒れませんよね。

 

ラモン「…お嬢さんは正直ですね」

 

ラモンがちょっと可哀想(笑)。

 

  • 俺、帰るよ!

 

引き続きデルバレス邸。セレスティーナが朝食の準備をするために席をはずすと、ぽつんと向かい合って立ち尽くすフェルナンドとマルガリータ。二人の間でソファーにどっかりと腰を降ろしているラモンさん(笑)

 

フェルナンド「…しばらく」

マルガリータ「しばらく…」

 

デルバレス家の執事「(ラモンに向かって)…エヘン!エヘン!!」

 

フェルナンドとマルガリータの顔を交互に見つめ、間をたっぷり取った後

 

ラモン「……俺、帰るよ!!!」

 

勢いよく立ち上がると、駆け足でデルバレス邸を去っていくラモン。駆け寄ろうとしたフェルナンドに「そのまま!!!…そのまま…」と声を掛けるところにラモンさんの人の好さが伺えますね。

 

 

 

数々のほっこり場面のなかでも、やはり真風さんのコメディセンスが光っています。彼女は絶妙な”間”で笑いをとりますよね。何度見ても飽きないところが凄いです。

 

ラモン、いつかイサベラと幸せになれるといいなぁ…。

 

 

 

梅田公演レポ、『HOT EYES!!』編に続きます♪

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

スポンサーリンク