ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ

あまい紅茶と宝塚なまいにち

雪組トップコンビ早霧せいな・咲妃みゆ 退団発表 

 宙組を追いかけて大忙しだった2016年。毎日を飛ぶように駆け抜けておりましたが、そんななか雪組トップスター早霧せいな様とトップ娘役咲妃みゆ様の退団発表がありました。

 

 実はずっと早霧さんの退団を心の片隅で心配していて、発表があるとしたら雪組公演『私立探偵ケイレブ・ハント』『Greatest HITS!』の宝塚大劇場公演千秋楽の翌日のはずだと、公演中は気が気ではありませんでした。それに早霧さんが退団されるとなると、当然みゆちゃんも添い遂げ退団されるだろう、ということも容易に想像できました。

 

 結果このXデーには発表が無かったため、「ちぎみゆ退団を免れた!」と喜んでいたところの突然の発表だったので大ショック。青天の霹靂とは、まさにこのことです。

 

早霧せいな 退団記者会見の様子

 

11月22日(火)、雪組トップスター・早霧せいなが、かんぽ生命ドリームシアター ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳』、かんぽ生命ドリームシアター Show Spirit 『Dramatic "S"!』(宝塚大劇場:2017年4月21日~5月29日、東京宝塚劇場:2017年6月16日~7月23日)をもって退団することを発表し、記者会見を行いました。

 

f:id:lovinyan:20170105192913j:plain

 

小川友次(宝塚歌劇団理事長)

 

雪組トップスター・早霧せいなが、2017年7月23日の東京宝塚劇場公演千秋楽をもちまして、宝塚歌劇団を卒業いたします。彼女はエンターテイナーとしての一面だけではなく、舞台人としての品格や真摯な姿勢、そして雪組を引っ張るリーダーシップに長け、今の宝塚歌劇の勢いをつくってくれた、本当に素晴らしいトップスターだと思います。退団のその日まで皆さまのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。」

 

早霧せいな

 

「2017年7月23日をもちまして宝塚歌劇団を卒業させていただくことになりました。これまで応援してくださったファンの皆さまをはじめ、ご支援をいただいた全ての方々に対する感謝の気持ちでいっぱいでございます、本当にありがとうございました。卒業する最後の日まで、自分らしく、雪組の仲間たちとともに、心を込めて精一杯舞台を努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします」

 

~退団を決意したきっかけ~

 

「男役としてのゴールを考えた時、諸先輩方が創り上げてくださった歴史の中に、今、私が立たせていただいていることを実感しました。私自身が受け継いだこの”バトン”を、今なら悔いのない形で次の世代に渡すことができると確信し、決意いたしました」

 

~トップに就任してから思い出に残っていること~

 

「100周年の大運動会です。10年に一度のビッグイベントにあたって、雪組優勝への熱い思い、そして私と咲妃のトップコンビのお披露目の場であるという身の引き締まる思いが重なりました。あの日を経験し、何か一歩ステップアップできたような気がしていて、忘れられない大切な日です。」

 

~相手役の咲妃みゆについて~

 

「今振り返ってみても、彼女なくしては今の私はありませんので、この縁に感謝する気持ちでいっぱいです。最後の日まで、咲妃とそして雪組の仲間たちとともに、今の雪組だからこそ醸し出せる空気感を大切に、舞台をお届けできればと思います」

 

雪組への思い~

 

雪組のみんながいつも傍にいてくれるからこそ、何の迷いもなくこれまで歩んでくることができました。私の退団後も、今の雪組の雰囲気は変わらずに、また違う光を放って輝き続けてくれると思っております」

 

~退団公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』について~


「退団公演だからというよりも、また新たな役を皆さまにお見せしたいという気持ちの方が強く、まずは私が演じる佐平次役と、真摯に向き合いたいと思っております」

 

~ファンの皆さまへのメッセージ~


「今の雪組だからこそお届けできる舞台、その瞬間、瞬間を見逃さないように、最後まで応援していただければ嬉しいです」  

 

f:id:lovinyan:20170105192932j:plain

雪組トップスター・早霧せいな 退団記者会見 | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

早霧さんらしい、さっぱりした笑顔ですね。そしてさりげなくも堂々と(笑)相手役であるみゆちゃんの事を大切に想う気持ちをお話してくださる。これだからちぎみゆ大好きなのさ…(涙)。

 

 さて、通常トップスターの退団に合わせてトップ娘役が添い遂げ退団をする場合、その退団発表はトップスターの退団発表の翌日です。当然記者会見も別日なのですが、そこはちぎみゆ、同日の退団発表と記者会見でした!。もう、一緒に会見してくれても良かったんだよ?♡。しかも11月22日、”いい夫婦の日”に!。もう…ちぎみゆさぁ…(言葉にならない萌え)。

 

咲妃みゆ 退団記者会見の様子

11月22日(火)、雪組トップ娘役・咲妃みゆが、かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、かんぽ生命 ドリームシアター Show Spirit『Dramatic “S”!』(宝塚大劇場:2017年4月21日~5月29日、東京宝塚劇場:2017年6月16日~7月23日)をもって退団する事を発表し、記者会見を行いました。  

 

f:id:lovinyan:20170105194110j:plain

 

小川友次(宝塚歌劇団理事長)


「トップ娘役として、早霧せいなとともに雪組を牽引してきた咲妃みゆが2017年7月23日の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団いたします。互いに尊敬しあい切磋琢磨しながら、一心に舞台をつくる早霧と咲妃という理想的なトップコンビの姿勢が今の雪組全体に伝播し、それが感動を呼ぶ舞台に繋がっています。退団の日までさらに精進してより良い舞台をつくってほしいと思います。」

 

咲妃みゆ


「2017年7月23日の東京宝塚劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』の千秋楽をもちまして卒業させていただきます。携わってくださった全ての方に感謝の気持ちをお届けできるよう一生懸命に務めてまいりますので、最後までよろしくお願いいたします。」

 

~退団を決意したきっかけ~


「トップ娘役に就任した日から、早霧さんと一緒に卒業したいとずっと思っていました。早霧さんから退団されるというお話を伺ったときに、迷うことなく、ご一緒させていただきたいとお伝えしました。」

 

~相手役の早霧せいなについて~


「トップコンビとしての就任が決定した直後に、早霧さんから『どんなことがあっても、一緒に同じ方向を向いて歩いていこう』という温かく、心強い言葉をいただきました。その言葉はいまもずっと胸の中にあります。早霧さんに付いていこうと、無我夢中で追いかける私をどんな時も見放さず、手を差し延べてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

~心に残るできごと~


宝塚音楽学校に入学し、宝塚歌劇団で過ごした日々の全てが宝物です。月組から雪組への組替えも大きな転機でしたが、なによりも大きなできごとは、やはり早霧さんの相手役をさせていただけたことです。」

 

~今後の目標は?~


「これまで早霧さんとは雪組の更なるグレードアップやお客様に幸せをお届けすることを目標にしてきました。退団の日まで、これからも変わらず、この目標を心に留めて歩んでまいります。」

f:id:lovinyan:20170105194340j:plain

  

雪組トップ娘役・咲妃みゆ 退団記者会見 | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 すべてのインタビューに「早霧さん」が出てくる…。みゆちゃんにとって早霧さんは運命の人だったのね♡。もう結婚しちゃえばいいのに。

 

各種メディア

各種メディアがこぞって、この”ちぎみゆラブラブ記者会見 11・22”をニュースに取り上げていました。

 

日刊スポーツ様

 

www.nikkansports.com

www.nikkansports.com

 

スポーツ報知様

 

www.hochi.co.jp

www.hochi.co.jp

 

産経ウェスト様

 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 

退団記者会見にみる、ちぎみゆラブラブ♡エピソード

  • ちぎみゆ会見は同日の午前と午後。早霧さんが午前、みゆちゃんが午後から。
  • 会見後の早霧さんから、これから会見を迎えるみゆちゃんに「和やかな雰囲気だったから落ち着いて、安心して会見に臨むように」というメールが送られる。
  • いい夫婦の日に二人そろって会見が出来たのは、神様からの贈り物
  • もはや両家の家族公認のちぎみゆ夫婦
  • 彼女(みゆちゃん)なくして今の私はありません
  • 早霧さんとは「片時も離れたくない」
  • 「相手役に就任したその日から、必ず一緒に卒業すると…それしか考えていなかった」

 

余談ですが、恒例の「結婚の予定について」質問された早霧さんの答えが、まさに早霧さんだったのでご紹介。

 

 「結婚にも目を向けてみたいですが、向けたところで誰もいません」

 

早霧さん!(笑)。早霧さんって誰が見ても絶世の美女なのだけれどなぁ…私も時々早霧さんが女の人だって忘れるなぁ…なんでだろう(笑)。

 

退団はもちろん寂しいけれど

 

 世紀のラブラブカップルちぎみゆの退団は本当に寂しいし悲しいけれど、こんなにも想い合って一緒に卒業されるお二人が少し…いや、かなり羨ましかったり。やっぱりトップコンビの添い遂げ退団は世界一美しいエンディングだと思います。

 

f:id:lovinyan:20170105220059j:plain

ギャラリー | 雪組公演 『私立探偵ケイレブ・ハント』『Greatest HITS!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 ちぎみゆラストデイの7月23日。ばっちり休みも取ったし!(早い)、お二人がトップコンビでいてくださる最後の日まで、全力で応援したいと思います!。

 

 

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

スポンサーリンク