ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログ

あまい紅茶と宝塚なまいにち

越路吹雪に捧ぐ ~トリビュートコンサート~ を観てきました

 今日は梅田芸術劇場メインホールで上演された越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート~』を観てきました。

 

f:id:lovinyan:20180109193633j:plain

 「越路吹雪に捧ぐ〜トリビュートコンサート」 | 梅田芸術劇場

 

about  越路吹雪

  越路吹雪

本名 内藤 美保子(旧姓 河野)
生年月日 1924年2月18日
没年月日 1980年11月7日(56歳没)
出生地 日本東京府東京市麹町区(現・東京都千代田区麹町)
職業 歌手、女優
ジャンル 舞台

活動期間 1937年 - 1980年
活動内容 1937年:宝塚歌劇団入団

宝塚歌劇団男役スターとして戦中から戦後にかけて活躍。宝塚歌劇団27期生。同期生に月丘夢路乙羽信子東郷晴子、大路三千緒らがいる。宝塚入団時の成績は93人中73位

1939年2月、宝塚歌劇団月組公演「宝塚花物語」で初舞台。

1944年、花組トップスターに就任。

1946年、終戦後に再開した宝塚歌劇の第2回花組公演で越路が主演した「ミモザの花」は好評を博し、楽曲は今も宝塚の代表曲のひとつとして歌われている。また「ブギウギ巴里」でレコードデビューし、戦後の宝塚で最大のヒットとなった。
1951年:宝塚歌劇団退団。その後、シャンソン歌手、舞台女優として活躍
1959年:内藤法美と結婚
1965年:第7回日本レコード大賞歌唱賞受賞
1980年:胃癌のため死去


主な作品
舞台
『再び君が胸に』
代表曲
「愛の讃歌」
「ラストダンスは私に」
「サン・トワ・マミー」
「ろくでなし」など

(wikipediaより一部抜粋)

 

 現在放送中のドラマ『越路吹雪物語』で越路さんの歩まれた人生を毎回楽しく(時には涙しながら)拝見していますが、それまで越路さんの事は宝塚の昔のスターさんで「愛の賛歌」の人…くらいしか知りませんでした。そんな私が越路さんのトリビュートコンサートに行こうと思ったきっかけはこちらの記事です。

 

www.oricon.co.jp

 

大好きな娘役だった伶美うらら様と咲妃みゆ様がご出演!。その他にも元宝塚歌劇団トップスターの豪華なキャスト陣。これは観に行かなくては…!。

 

越路吹雪 名曲の数々

 『愛の賛歌』くらいしか知らない…と思っていましたが、実際は「あ、この歌知ってる!」ということが多々ありました。永遠の大スターは多くの名曲を残し、それらの曲はこうしていつまでも歌い継がれていくのですね。

 

セットリスト

 

一幕

♡『パリ野郎』…凰稀かなめ

♡『キャリオカ』…湖月わたる

♡『グラナダ』…姿月あさと

♡『ベサメ・ムーチョ』…咲妃みゆ

♡『メランコリー』…水夏希(ダンス:水沙るる)

♡『パリの空の下セーヌは流れる』…春野寿美礼

♡『ジジ・ラモローゾ』…真琴つばさ

♡『アプレ・トア』…安寿ミラ

♡『ろくでなし』…鳳蘭

 

二幕

♡『眠られぬ夜の長恨歌(朗読)』…咲妃みゆ

♡『アマリア』…咲妃みゆ

♡『君を待つ』…鳳翔大

♡『イカルスの星』…中原由貴

♡『最後のワルツ』…伶美うらら

♡『サン・トワ・マミー』…凰稀かなめ

♡『アコーディオン弾き』…水夏希

♡『群衆』…春野寿美礼

♡『ラストダンスは私に』…湖月わたる

♡『そして今は』…姿月あさと

♡『人生は過ぎゆく』…真琴つばさ

♡『愛の幕切れ』…安寿ミラ

♡『チーク・トゥ・チーク』…真琴つばさ姿月あさと湖月わたる春野寿美礼水夏希凰稀かなめ、咲妃みゆ、鳳翔大、中原由貴、伶美うらら、水沙るる

♡『愛の賛歌』…鳳蘭

♡『幸福を売る男』

♡『オー・シャンゼリゼ

 

凰稀かなめ様の華やかな登場でスタート

 

 オープニングを飾るのは宙組トップスター凰稀かなめの甘い歌声と華やかな美しさ。かなめ様、なんと客席からのご登場!。そのまま一階席をゆっくり歌い歩きながらステージへ。キュッと夜会巻きにされたヘアスタイルとゴールド×ブラックのパンツドレスをお召しだったような。ゴールドのピンヒールもお似合い~♡。やっぱり素敵♡。  

パリは やくざで 娘にゃむかない

町じゅううるさく アコーディオン流れて

油断もスキもない町だが 素敵さ

 

越路吹雪『パリ野郎』より

 

キュートなメロディがかなめ様にぴったりでした。

 

みゆちゃんの新たな魅力に脱帽

 

 元宙組トップスター姿月あさとの『グラナダ』を聴きながら「『Amour de 99』でかなめ様が歌っておられた曲だ!」と懐かしく思いつつ、続いて登場されたのは”俺たちのゆうみ”こと雪組トップ娘役咲妃みゆ様。大胆にスリットの入ったペールブルーのタイトドレスをお召しでした。メイクもぐっと大人っぽい…みゆちゃん、本当に綺麗!。早霧さんに見せたい!(立ち位置)

 

みゆちゃんが歌っておられた『ベサメ・ムーチョ』は早霧さんも『Dramatic S!』で歌っておられましたね。娘役時代とはまた違う、しっとりした、それでいて透明感のある歌声でした。視線の投げ方が色っぽくてドキドキ。

 

水さんの気怠い大人の女感

 

 雪組トップスター水夏希が登場されると隣の方が息を飲まれたのが分かりました。わかるわかる、ほんとに綺麗で、そしてカッコいい!。水沙るるさんが舞台の中央で踊っている間は、奥のピアノに寄りかかって気怠く煙草をふかす水さん。痺れるー!!!。

恋人も 明日も いらぬ

なんにも いらない

酔いしれては 飲み明かそう

 

越路吹雪『メランコリー』より

 

蘇った越路吹雪?!

 

 月組トップスター真琴つばさの『ジジ・ラモローゾ』は台詞のあるお芝居風の歌唱。

ジジ・ラモローゾ

みんな彼の事を

恋のジジって呼んだわ

 

女達は彼に夢中だった

女は全部よ!

 

越路吹雪『ジジ・ラモローゾ』より

 

 まるで目の前に恋のジジなる色男が本当にいるかのようなパフォーマンス。曲の終盤、夢破れて故郷に戻ってきたジジに必死で訴えかける姿も印象的でした。

 

 幕間で真琴つばささんは良い。越路さんもあんな歌い方だった」と仰っている方がいて、真琴さんの姿に見た事のない越路吹雪さんの姿が垣間見えるようでした。二幕の『人生は過ぎゆく』も素晴らしかったです。

 

オオトリはチャーミングなあの方

 

 越路さんと同じ花組トップスター安寿ミラ「一幕のオオトリを飾るに相応しい、オオトリ蘭さんです!」という真面目なダジャレに笑いが起き、場が和んだところで登場された星組トップスター鳳蘭。ついこの間まで出演されていた『屋根の上のヴァイオリン弾き』が千秋楽を迎えたところだというのに、溌剌とした元気いっぱいのチャーミングな笑顔。楽しそうな歌声に客席も手拍子で盛り上がりました

 

咲妃みゆ第二章

 

 二幕はみゆちゃんの朗読&歌唱から始まりました。お衣装はベアタイプのシックな黒いドレス。キラキラしたラメが妖精の羽根のように煌めいていました。みゆちゃん、歌声もよければ声も良い。ドラマ『越路吹雪物語』の一話でも流れていた岩谷時子さんの『眠られぬ夜の長恨歌の一語一句を丁寧に読んでおられました。

あなたの苦しみを 私は共に苦しもう
あなたの痛みを 私は共に痛みたい
 
越路吹雪
寒くはないか
私は寒い
  
越路吹雪
淋しくはないか
私は淋しい

越路吹雪
顔がみたい
声が聞きたい


この息が絶えるときまで
私のなかに抱き続けようとも
もはや言葉を交わせぬとは なんというもどかしさ

 

越路吹雪
ある人は言う
楽屋にいる 舞台にいる
残された者たちの心の奥深く
とこしえに歌いつづけていると

 

ああ 良い子よ
ある時は楽しみを
ある時は生きる喜びを
人びとに贈ったよい子よ
日本一のよい子よ

 

岩谷時子『眠られぬ夜の長恨歌』より

 

 朗読に続いて披露された『アマリア』も素敵でした。キャリアを重ねた元トップスター勢の中、ただ一人抜擢された元トップ娘役。やはりこの人の魅力と才能は本物なのだと実感しました。…早霧さんに見せたい(二度目)

 

 最後に「私ごとですが…」と、ご出演されているドラマ『越路吹雪物語』の紹介をされていました。みゆちゃんが演じられるのはご自身と同じくトップ娘役だった乙羽信子さんの役。本編にはまだ登場されていませんが、地上波の映像で見るみゆちゃんを楽しみにしています。

 

現役娘役の香りが残る…うらら様の清楚な美

 

 待っていました!。宙組娘役伶美うららは二幕で初めてのご登場。清楚な白いノースリーブのワンピースをお召しでした。舞台上に置かれた椅子に腰かけての朗読から『最後のワルツ』の歌唱へ。朗読はフランスのシャンソン歌手エディット・ピアフのお話でした。『愛の賛歌』も元は彼女の曲なのだそう。『最後のワルツ』はピアフの初恋とその終わりを歌った歌なのでしょうか…。

 

 退団後初めての表舞台。未だ現役の娘役オーラを放つ透き通るような美しさは健在。うららちゃんの声、私はやっぱり好きだなぁ。

 

踊って最後のワルツ

私を抱いて

初めて聴いた愛の言葉

聞かせて

消えるしあわせのひととき

私は夢見ていたいの

恋人よ踊ってね

さよならのワルツ

 

越路吹雪『最後のワルツ』より

 

悲しい女性の人生を謳う

 

 水さんの歌う『アコーディオン弾き』も物語調の曲でした。悲しいストーリーでしたが一人の女性の喜び、ときめき、寂しさ、絶望…全てを歌声で表現されていて一気に水さんの世界観に惹きこまれました。客席からはすすり泣く声も。

 

繰り返し聴いた、大好きなあの曲も

 

 キャスト総出で(鳳さん以外)歌ってくださったのは『チーク・トゥ・チーク』。なんと!朝夏まなと様のプレお披露目公演、大好きな『TOP HAT』の曲ではありませんか!嬉しい!。

 

『TOP HAT』もここ梅田芸術劇場メインホールで上演されました。横一列に並んだキャストの皆さまが笑顔で歌われる姿に、楽しかった思い出が蘇り胸がいっぱいになりました。ありがとう!!!。

 

愛の賛歌 最後もやっぱりチャーミングな鳳さん

 

 越路吹雪さんのトリビュートコンサート、一番聞きたかったのはやはり『愛の賛歌』。鳳さんが情感たっぷりに歌い上げておられました。キャリアを重ねたベテラン大女優が歌ってこその心に沁みる一曲。

 

 『愛の賛歌』の曲の後、生前の越路さんと会ったことのあるおそらく唯一のキャストであろう鳳さんが、越路吹雪さんのエピソードを教えてくださいました。

 

岩谷時子さんにチケットを取ってもらった越路さんのリサイタルショーに、歌舞伎役者坂東玉三郎さんとご観劇に出掛けられたという鳳さん。越路さんの歌声にボロボロ泣いていたら玉三郎さんに(鳳さんは「玉さん」と呼んでおられました。仲良しなんだな)「何泣いてんのこの人?!」っていう顔で見られたそう(笑)。

 

また終演後楽屋へ行くと、越路さんはマッサージ中で「わぁ、歌手って大変なんだ」と思ったのだとか。

 

 他にも鳳さんが岩谷さんから聞いたという興味深いエピソードが。ある日ハワイ旅行に出掛けられた越路さん。外国人にナンパされて、「君と夜明けのコーヒーを飲みたいと」言われたその言葉を言葉通りに受け取った越路さんはノリノリでOKし、自室でたっぷり睡眠をとった後(笑)、きっちり夜明け前にその外国人の部屋を訪ねたところ、その外国人は目の下に隈を作って一睡もせず越路さんを待っていたのだとか。

 

そのエピソードから岩谷先生がピンキーとキラーズの『恋の季節を作られたのだそう(『恋の季節』は私も知ってる♪)。曲中の「夜明けのコーヒー、二人で飲もうと~」という歌詞はこの越路さんのエピソードからきていると、鳳さんは岩谷さんから教えられたそうです。名曲が生まれた裏側、貴重なエピソードですね。

 

「客席を見渡すと20代前半の方が多いから…意味がよくわからないかもだけれど(笑)」と、鳳さんの笑いも交えた話しぶりはとっても面白くて、やっぱりチャーミングでした。

 

あちこちから投げチューが飛んでくる♡

 

 最後は鳳さんも交えて皆で『幸福を売る男』を歌われ、『オー・シャンゼリゼのメロディと共に幕、でした。一回目のアンコールではセンターに立っておられた鳳さんが客席へ投げチュー。客席の反応がいまいちだったのか(笑)「みんな大人しい」と仰って笑いを誘っておられました。

 

 二回目のアンコールでは鳳さんに倣ってキャスト全員が客席へ投げチュー。それも何度も♡。目が忙しい~!!!。

 

みゆちゃんとうららちゃんが並んで立っておられたのですが、ちょっぴり恥ずかしそうにお二人顔を見合わせながら、とっても可愛く投げチューしてくださり、その場面は完全に私得でした。

 

 『越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート~』観に行くことが出来て本当に良かったです。キャストの皆さま、オーケストラの皆さま、素晴らしいコンサートを見せて下さりありがとうございました!

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

関連記事

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

スポンサーリンク