ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

宙組公演 『宙組誕生20周年記念イベント』を観てきました!

 

 f:id:lovinyan:20180220065335j:plain

宝塚歌劇の殿堂 第12回企画展 「宙組20周年展」開催について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 

2018年は宙組発足から20周年!

 今年は記念すべき宙組20周年の年です!。現在、宝塚大劇場内にある宝塚歌劇の殿堂でも宙組20周年を記念して宙組にちなんだ様々なお写真やパネルが展示されています。私も少し覗いてきました。

 


f:id:lovinyan:20180220231826j:image

 


f:id:lovinyan:20180220231840j:image

 


f:id:lovinyan:20180220231855j:image

 


f:id:lovinyan:20180220231930j:image

 


f:id:lovinyan:20180220231955j:image

 

 …まぁ様のお写真ばっかり(笑)。他にもいろいろとお写真は撮ったのですが、やっぱり必然的にまぁ様中心になってしまいます。私にとってまぁ様のご卒業以来初めての歌劇の殿堂。まぁ様の手形もやっと見に来れました。

 

 宝塚歌劇の殿堂”宙組20周年展”は次回宙組宝塚大劇場公演天は赤い河のほとり』/『シトラスの風-Sunrise-』の千秋楽である4月23日まで開催されているそうなので、観劇のついでにまた見に来ようと思います。

 

豪華なゲストを迎えて…華やかな式典

 さて、改めて本題へ!。2018年2月19日、宙組誕生20周年記念イベントに行ってきました!。

 

 1998年1月に誕生し、香港公演を経て、同年3月『エクスカリバー』『シトラスの風』が宝塚大劇場お披露目公演となった「宙組」が、2018年、20周年を迎えます。これまでの多大なるご声援とご愛顧に感謝申し上げます。
この節目を記念し、3月の宙組宝塚大劇場公演に先立ち「宙組誕生20周年記念イベント」を実施いたします。宙組出演者に、特別ゲストをお迎えし、宝塚歌劇団で最も新しい組の20年の軌跡を映像や歌唱で振り返ります。

 

宝塚歌劇宙組公演 宙組誕生20周年記念イベントについて(追) | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 本公演には初代宙組トップスター姿月あさとから現宙組トップスターである真風涼帆様まで歴代の宙組トップスターと宙組生全員が出演されていました。客席には二代目宙組トップスターの和央ようかの旦那様であるフランク・ワイルドホーン氏の姿も。ニコニコ周りに手を振っておられました。奥様のこと大好きなんだなぁ(笑)。ワイルドホーン氏といえば11日の雪組公演千秋楽もご観劇されていたので、その辺りから奥様と一緒に来日されていたのかもしれませんね。

 

まぁ様に会いたい!

 

 豪華なゲストや大好きな宙組子の皆さまに会える!。それももちろん楽しみではあったのですが、やはり一番のお目当ては我がご贔屓、朝夏まなと。まぁ様は昨年の11月19日に宝塚歌劇団を退団されたので、2月19日は退団三ヶ月記念日!(ご本人も仰っていました)。本公演はまぁ様にとって退団後初の表舞台。私にとっても昨年のファンクラブの解散式以来の生まぁ様!。開演前から早くまぁ様に会いたくて、うずうずしてしまいました。

 

宙組誕生20周年記念イベント レポ

 

豪華なラインナップ

  1. 宙組誕生 映像
  2. トークコーナー
  3. 歌唱披露

 ♪『夢・アモール』…姿月あさと和央ようか、真風涼帆

 ♪『明日へのエナジー』…姿月あさと宙組生全員

 ♪『シトラスの風』…ゲスト、宙組生全員

 

一時間ちょっとという短い時間ではありましたが、最高に充実した感動的な公演でした。

 

宙組の歴史を映像で振り返る

 

 幕が開くと宙組組長の寿つかさが登場されご挨拶されました。お久しぶりのすっしーさんにテンションが急上昇する私(笑)。ご贔屓組の組長さんが一番大好き!って組ファンあるあるかもしれません。

 

 すっしーさんのご挨拶の後は映像で宙組発足からの歴史を振り返りました。宙組発足時の会見の様子から、口上、姿月さんからまぁ様までのトップスターお披露目公演とサヨナラ公演よりダイジェスト映像が流れました。

 

 まぁ様の映像はお披露目公演『王家に捧ぐ歌』とサヨナラ公演『神々の土地』からのダイジェスト。麗しのドミトリー様…♡。半年前はこの公演を観るために来る日も来る日もこの大劇場に通っていました。まぁ様の凛々しい男役姿を見て、ちょっと泣きそうになりました。

 

まぁ様が…可愛すぎる!!!

 

 映像の後は再びすっしーさんが登場され、副組長の美風舞良様をご紹介されていました。あおいさんもすっしーさんと同じく宙組発足時からずっと宙組生なのですよね。宙組と共に20年を歩んでこられたお二人

 

 お二人はその後MCとして、お一人ずつ登場される歴代トップスターの皆さまを迎えておられました。まず最初のゲストは…宙組七代目トップスター、我らがまぁ様です!

 

男役を卒業して女性に戻られたまぁ様のお姿は事務所の公式HPやSNSなどで拝見してはいましたが…いや、もうこれが本当に、お美しい!の一言に限る。まぁ様、とってもお綺麗で、とっても可愛かったです。

 



f:id:lovinyan:20180220204921j:image

 

 すっしーさんとあおいさんの元へ「お久しぶりです~」と歩み寄るまぁ様。まぁ様はウエストがキュッと締まってお袖がふわっとした女性らしいラインのグレーのブラウスに、裾にスリットの入った薄め生地のブラックのパンツをお召しでした。胸元はキラキラ光るシルバーのネックレスに、そしてなんと、ピンヒールを履いておられました!

 

 ちなみに上のイラストは当日帰宅後にうろ覚えの記憶で描いたので、翌日まぁ様がご自身のSNSにUPされていたお写真を拝見すると、ブラウスのデザインがだいぶ違う!(汗)。んー、襟は無かったですね。でも、”ウェストキュッ&お袖ふわっ”は合っていた!。…何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 

 すっかり綺麗なお姉さんになられたまぁ様を見てやや寂しさも感じたのですが…歩き方や座り方には、まだ男役の名残があったのでちょっと安心しました(笑)。

 

 

まぁ様のおはなし

 

 すっしーさん、あおいさん、そしてまぁ様は、三カ月ぶりの再会にちょっとドキドキした様子をみせつつも楽しそうにお話されていました。

 

現役時代に幾度となく聞いた朝夏まなとでございます」のご挨拶はもう男役・朝夏まなと様ではなく、知的で綺麗なお姉様のそれでした。まぁ様は続けて「本日はこのような素敵なイベントに参加させて頂いてほんとに幸せです」とご挨拶され、本日が退団三ヶ月記念日であること、再び大劇場に立たせて頂けて嬉しい、などとお話されていました。

 

 舞台袖から歩いてくるまぁ様のお姿を見たすっしーさんとあおいさんの「うわ~…」が、ものすごくリアリティがありました(笑)。三ヶ月ですっかり女性らしくなられて…」というすっしーさんに「そうですか?」と、はにかむまぁ様。「まぁくん、とお呼びしてもいいんでしょうか」という問いに「今日は、まぁくん、でお願いします!」と力強く答えておられました。

 

 ここで舞台中央のスクリーンにトップスター時代のまぁ様の映像が映し出されました。まずは『王妃の館』より、まぁ様右京さんと真風さんルイの「ヴェルサイユへ~♪」の場面。

 

f:id:lovinyan:20180220210108j:plain

ギャラリー | 宙組公演 『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 映像を見ながらトークを続けられるお三方。「この作品は『王妃の館』…北白川右京さんですね」とまぁ様。「これは、まさに…ヴェルサイユへ~♪、ですね」と、歌う美風さん。まぁ様が「美声で(笑)」と、突っ込んでおられました。「王妃の館」はちょうど昨年の今頃の公演でした。懐かしいですね。

 

ルイ14世、真風涼帆さんですね」と、当時は頼もしい二番手男役だった真風さんにもしっかり触れるまぁ様。「すごい楽しかった」と振り返っておられました。「あ!ここですね!ヴェルサイユへ~♪」と、ちゃんと映像の振りに合わせて歌ってくださったりも♡。『王妃の館』の映像は松風さんムノンが登場するところで切り替わりましたが、映像の右京さんよろしくムノンに「おぉ!!」と驚くお三方でした(笑)。

 

 続いては『クラシカル・ビジュー』の黒燕尾の群舞のシーンからダイジェスト。三人とも感慨深く映像を見つめておられました。「まぁくん一人から始まって組子のみんなに拡がっていって…」と、すっしーさん。まぁ様も「心が洗われるようなシーンで私も大好きです」と仰っていました。

 

f:id:lovinyan:20180220210653j:plain

宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 思わず「わ~…」と映像に見入ってしまうお三方に客席から笑いが(笑)。「千秋楽の日まで挑戦し続ける姿に感動しました」というすっしーさんに「三回転!」と答えるまぁ様。美風さんも舞台袖で見守っておられたそうです。

 

f:id:lovinyan:20180220210757j:plain

宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 映像が終わってからも少しトークタイムがありました。「こっち(映像)をみてからこちら(目の前のまぁ様)に戻ると…うわ~ってなる」という美風さんに「大丈夫ですよ、まだ発展途上ですよ!」と朗らかに笑われるまぁ様でした。美風さんではないですが「充分お美しいでございます」。

 

 まぁ様の番が終わると次は六代目宙組トップスター凰稀かなめがゴールドの華やかなお衣装で登場されました。まぁ様は後ろの椅子に腰かけておられましたが、かなめ様のお話に合わせてニコニコしたり真剣な顔で頷いたり、あははと満面の笑顔で笑っておられたりと、大変可愛らしくて映像そっちのけで(見てはいたけれど)まぁ様ばっかり見つめてしまいました。

 

かなめ様がお隣に腰かけられてからは、時折お二人でちょこちょこお話されていて、そんなお姿を拝見するのも久しぶりで嬉しかったです。

 

”宙”パネル登場

 

 その後も順番に歴代トップスター様のトークと舞台映像をたっぷり鑑賞しました。初代宙組トップスター姿月あさとや二代目の和央ようかの前では、すっしーさんもあおいさんもすっかり下級生でとても新鮮でした。

 

 姿月さんのお話が終わるとゲストの皆さまが舞台前方に出て来られ、そこに宙組発足の会見時に書道家望月美佐先生が書かれた”宙”パネルが登場しました。

 

実際にその会見時に立ち会っておられた姿月さんと和央さん。姿月さんは実際に発表になるまで新しい組の名前を知らされていなかったそうで、皆と同じくパネルに一筆一筆書かれていく文字をドキドキしながら見ておられたそうですが、”宙”なんていう文字は全く想像もしておらず、またパネルと非常に近い位置に立っておられたため最初は完成した文字が”宙”だと分からなくて「…寅?!…って思った」と言って客席の笑いを誘う姿月さん。「『宙組に決定』と聞いて、あ~”寅組”じゃなくてよかった!と、思った」と笑っておられました。

 

ガチガチに緊張!の、宙組新トップコンビ

 

 すっしーさんのご紹介の後、いよいよ宙組新トップコンビの真風涼帆様星風まどか様がご登場。白いお衣装に身を包んだお二人はとても眩しかったのですが、いかんせんお二人とも緊張でガチガチでした(笑)。緊張の余りやや泣きそうになってしまっているまどかちゃんと、頬が強張っている真風さんを見ると、その緊張のほどが伝わりました。

 

 現在絶賛お稽古中の宙組公演天は赤い河のほとりシトラスの風-Sunrise-』シトラスの風には同レビューの初演で主演を務められた姿月さんがアドバイザーとしてお稽古に参加されているそうです。

 

すっしーさんよりコメントを求められ話し出す真風さん。「姿月さんには「明日へのエナジー」でもご指導いただき大変刺激を頂いております!」と一息に言い切り、隣のまどかちゃんに「…ねっ?!」と、バトンタッチ(笑)。

 

これに対して「はい…」と受け取ったまどかちゃんは「お稽古場にいらしてくださいますだけでも有り難いことですのに…」と、もうなんだか泣きそう(笑)。後ろで五代目トップスター大空ゆうひ様が一生懸命応援しておられました(笑)。なんとかちゃんと締めくくったまどかちゃんに「よっしゃ!」とガッツポーズと大拍手を送るゆうひさんでした(笑)。優しい♡。

 

ちなみにまぁ様はというと、ガチガチ真風さんをひじょーに面白そうに(笑)、同じくガチガチまどかちゃんを微笑ましく見つめておられました。それにしてもまかまどコンビは緊張すると緊張の分だけ神妙な顔つきになるという点がお二人よく似ておられますね、かわいい♡。

 

 最後に真風さんより次回公演の紹介がありました。「新生宙組の魅力を余すことなくお届けできればと思っております!」と落ち着いた様子でキチンとお話されていた真風さん。とってもカッコ良かったのですが、話し終わった後すっしーさんの方を向いて「…出来たよ!」と言わんばかりにひとつ大きく頷いておられたのが”ゆりかちゃん♡”という感じで可愛らしかったです。

 

ゲストによる宙組へのメッセージ

 

 楽しい時間はあっという間。最後にゲストから順番にご挨拶がありました。まぁ様はトップバッター。ニュアンスですが、以下のようなご挨拶をされていたと思います。 

 

 今日は先輩方と宙組の歴史を振り返りながら本当に貴重な時間を過ごすことが出来ました。

 

お客様を含めて宙組を愛する方しかいない!という素敵な空間で、宙組20周年をお祝い出来て幸せでございます。

これからも宙組の一ファンとして宙組を応援し続けたいと思います。

 

本日は本当にありがとうございました!

 

  その他印象に残っているのは三代目宙組トップスター貴城けいのご挨拶。突然「真風さん…素敵ですね♡」と告白され、直立不動になる真風さん、いや、ゆりかちゃん(笑)。しどろもどろになりながら、何度も何度も深々と90度のお辞儀を繰り返しておられました。かわいい。そしてそんなゆりかちゃんを、まぁ様はやっぱりニヤニヤ顔で眺めておられました(笑)

 

 最後を締めくくる姿月さんのご挨拶では「ここにはおられませんが、皆さんの相手役さんである花總さん、紫城さん、陽月さん、野々さん、実咲さん、そして今まで宙組にいらした一人一人の功績でこの日を迎えられたのだと思います」と、トップスターだけではなく相手役のトップ娘役様方や、その他の組子の皆様にしっかりと敬意を払ってご紹介してくださり、初代トップスターの大きな温かさを感じました。

 

歌唱披露

 

 最後は客席の大拍手に包まれ、宙組の代表曲を皆様で披露してくださいました。

 

まずは『シトラスの風』より「夢・アモール」姿月さん、和央さん、真風さんの三人で披露。銀橋を渡りながら振りつきで歌ってくださいました。姿月さん、和央さんはさすがの風格。ですが真風さんも負けず劣らずとってもカッコ良くて誇らしかったです。

 

 続いては「明日へのエナジーを、姿月さんを中心に宙組生全員で。真風さん、まどかちゃんの他に二番手男役スターの芹香斗亜様愛月ひかる様、そして桜木みなと様がマイクを持って舞台前方で歌っておられました。

 

はやくも宙組にしっくり馴染んでおられるキキちゃん愛ちゃんは宙組生としての誇りがその表情にハッキリと浮かんでいましたし、新生宙組でも不動の4番手として舞台に立つずんちゃんの姿を見ることが出来てとっても嬉しかったです。弾ける笑顔が眩しい!。その他どこを見渡しても大好きな顔が並んでいて感無量でした。

 

 最後の曲はゲストの皆さま、宙組生全員によるシトラスの風」。再び登場されたまぁ様のお姿を見て、一気に2015年の宙組全国ツアー公演で上演されたシトラスの風Ⅲ」を思い出しました。ゲストの皆様総出で大合唱しながら銀橋を渡ってくださったのですが、まぁ様の表情に男役・朝夏まなと様が蘇って感慨深く、泣きそうになりました。

 

 また、まぁ様が銀橋を渡り切るところでちょうど花道のところに立っていた瑠風輝様と、お二人の目がバッチリ合ったのに気が付きました。満面の笑顔でまぁ様を見つめるもえこちゃん。そのまま舞台上に歩いて行かれるまぁ様の後ろ姿を暫く目で追っておられて「可愛いなぁ」と、ほっこりしました♡。もえこちゃん、まぁ様大好きですもんね♡。久しぶりにまぁ様にお会いできて嬉しかっただろうなぁ♪。

 

一度だけの特別なカーテンコール

 

 公演の最後にも真風さんよりご挨拶がありました。ゆったりゆったり舞台前方に出て来られる真風さんに再び笑いが起きる客席。

 

本日はご観劇誠にありがとうございました。

先輩方から受け継いだ熱い想い、情熱を絶やさぬよう、これからも精進したいと思います!。

 

本日は本当に、ありがとうございました!

 

 真風さんの熱のこもった力強い挨拶は一昨年の『ヴァンパイア・サクセション』の可愛らしいご挨拶とは全く異なり、宙組トップスターという大きな責任を背おった頼もしい姿に胸が熱くなりました。ゆりかちゃん、これからも頑張ってください!。お披露目公演も楽しみにしています!。

 

 まぁ様は現役時代にされていたのと同じように、幕が降りきるギリギリまで笑顔で客席全体を見渡し、手をヒラヒラと振っておられました。カーテンコールが一度だけあり姿月さんから特別にご挨拶もありました。お手振りまぁ様を二度も見る事ができて嬉しかったです。4月にまたお会いできる日まで力尽きずやっていけるように、麗しいまぁ様のお姿を目に心に焼き付けて、公演は終了しました。

 


f:id:lovinyan:20180220232302j:image

 

 

ふむふむまぁさまと宙組20周年イベント・プラスワンエピソード

 

 本公演は基本的にずっとまぁ様を見つめてばかりいた私でしたので、歴代のトップスター様がお話されている間も、後ろでそのお話を聞きながらニコニコされたり、両手を叩いて大笑いしたり、ふむふむ顔で相槌をうっておられたり…いろんなまぁ様の可愛い表情が記憶に残っています。

 

 まぁ様が楽しそうに笑われたり驚かれたりしていた、公演のプラスワンエピソードを覚えている限りですがご紹介します。

 

  • 五代目トップスター大空ゆうひ様組替え初のキスシーンは男役(春風弥生様)とだった(春風さんといえばまぁ様とは同期生ですね♪)
  • 大空さんはほとんどの公演でお亡くなりになる役が多かった。「相手役の野々すみ花を助けて自分は死ぬ!、みたいな (大空さん談)」
  • 四代目トップスター大和悠河の退団公演ではキスシーンが8回もあったそう!。映像にもバッチリ全てのキスシーンが収録されていました。当時の大和さんはファンの皆様にやきもちを妬かれたそうです。(繰り返し上映されるキスシーンの数々にまぁ様は、かなめ様とゆうひさんと三人でキャッキャして盛り上がっておられました)
  • 二代目トップスター和央ようかが、とある公演で歌の歌詞を間違えてしまった話。和央さんの後に同じ歌詞を組子が繰り返して歌うはずなのに、ここで組子が正しい歌詞を歌うと和央さんが歌詞を間違えた!という事がバレてしまうので、まずいと思った和央さんは即興で作った嘘ばっかりフレーズ(笑)を歌い、組子の皆はそれを耳をダンボにして聞き取り、復唱してくれたそう。和央さんは自信満々風にその場面をやり切り、後で組子の皆さまに平謝りされたそうでした(笑)。(まぁ様はびっくりされながらも、とんでもエピソードに手を叩いて大笑いされていました)
  • 今もなお再演を重ねる人気ミュージカル『ファントム』は和央さん主演のものが日本初演。あの有名なエリックの青い仮面は和央さんの注文によるものなのだそう。(「へー!」という風に、ふむふむ顔で頷くまぁ様。まぁ様はご自身のパーソナルブックでこの青い仮面を持ってエリックの扮装をされていましたね)

     

 以上、プラスワンエピソードでした。長いレポにお付き合い頂きありがとうございました!。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 関連記事

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 


スポンサーリンク