ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

祝!まかまど大劇場お披露目 宙組公演『天は赤い河のほとり』『シトラスの風 -Sunrise-』初日を観てきました!

新生宙組、始動!

 今年1月に上演された宙組新トップスター真風涼帆様・新トップ娘役星風まどか様主演『WEST SIDE STORY』、宙組男役スター愛月ひかる様主演『不滅の棘』を経て、本格的に始動した新生宙組の大劇場公演初日を観てきました。

 

ゆりかちゃん、トップ就任おめでとうございます!

 

  8代目となる宙組トップスター真風さんのお披露目お祝いムードに包まれる宝塚大劇場。キャトルレーヴのショーウィンドーも真風さんカラーで飾られていました。トップスターになられたのだなぁと改めて実感しました。

 

 

ショーウィンドーをよく見ると、お芝居の中でキーワードとなるハートのラブレターが飾られていたりして可愛い♡。

 

そらくん、もえこちゃん、ららちゃんがパネル入り

 

 チケットをもぎってもらい劇場ロビーに入ると、キャトルレーヴの入り口の上にスター様のパネルがずらっと飾られています。パネルに入るスターはトップスターとトップ娘役、その他上級生や路線スターに限られています。ほんとは全員入れて欲しいところなのですが。

 

宙組トップスター朝夏まなとの時代は95期生までがパネル入りされていました。空白のパネルが常に2,3枚あり、「余っているなら我らがそらくん(宙組男役スター和希そら様)を入れてくれたらいいのに」とずっと思っていました。

 

 

 ついに念願叶ったり!。96期生のそらくんの他に、98期生の男役スター瑠風輝様、娘役スター遥羽らら様もパネル入り!。おめでとうございます!やったー!!!。真風さん率いる新生宙組でのお三方のご活躍が期待されますね。

 

ミュージカル・オリエント『天は赤い河のほとり

 脚本・演出を手掛けるのは小柳奈穂子先生。小柳先生といえば夢溢れるキラキラ感やトキメキ、ロマンチックな雰囲気を大切にしながらも、各組スター様方の見せ場もきちんと作ってくださる、少女漫画演出の天才!。先生の脚本・演出だと聞いた時から楽しみで仕方ありませんでした。

 

 とはいえさすがに全28巻もの超大作を一幕にまとめるのは難しかったようで、飛ぶように展開していく物語。あまりの展開の速さに三巻までしか原作を知らない私には所々「ん?」と疑問に思う点もありましたが、そこはさすが小柳先生。適材適所の配役、そして先生が見せたいポイントがはっきりしており、全体的に上手くまとまっていました。

 

スター様一人一人を輝かせる 小柳先生の手腕に脱帽

 

 夢々しさを存分に散りばめたような舞台セットや色とりどりのお衣装で、一気に物語の世界観に惹きこまれます。一時間三十五分という限られた時間の中で、スター様一人一人をきちんと魅せてくださっていました。退団者にもしっかり見せ場が。

 

 大元のストーリーは崩さないままで、真風さんとまどかちゃんのお披露目ということに重きを置いているところに先生のこだわりと愛が。また目立ったキャラクターの背景が描かれていることで、原作を全て知らなくても楽しむことが出来ました。悪の部分が目立つナキア王妃やネフェルティティ皇后も、彼女たちの生い立ちや心の葛藤、恋人や姉弟の関係を丁寧に描くことで、ただの悪役ではなく一人の女性である面を垣間見ることが出来ます。

 

 共に手を取り合うカイル皇子とユーリの姿に、これからトップコンビとして新生宙組を率いていくまかまどの姿が重なるような演出もあり。キャスト総出で彩られる華やかな戴冠式からのエピローグは「これぞお披露目公演!」という感じで最高に盛り上がりました。

 

宙組『天河』ここツボ

 

 詳しい公演レポはまた改めて、お芝居とショーに分けてUPしようと思います。とりあえず初日観劇後の「ここツボ」をまとめました。

 

  • 真風さんのカッコよさがギュギュッと詰め込まれている。とにかくカッコいいカイル皇子
  • ダウンベストにジーパンスタイルでも究極に可愛いユーリまどかちゃん
  • 初っ端から、めっちゃチューするまかまど
  • まかまどお姫様抱っこに立膝をついてのプロポーズ。なんなの(トキメキ)
  • 手のひらにハート
  • トップ娘役に「スケベ、エッチ、変態!」と叫ばれるトップスター
  • 「そんなに喜ぶな」が限りなく真風涼帆
  • 超絶カッコいいのにどことなく素朴さを出してくる真風涼帆
  • 「あなたが二番手で?」くらいに目立っているずんちゃんザナンザ(歓喜)
  • が、途中で死んじゃうずんちゃんザナンザ(悲しみ)
  • まぁ様お披露目公演『王家に捧ぐ歌』の懐かしいお衣装がちらほら(ラダメスやアムネリス!)。皇族、女官、兵士に至るまで色とりどりのお衣装が綺麗でそれだけで眼福
  • 真風さんとキキちゃんの銀橋一騎打ち
  • あおいさん&ららちゃんの母娘が終始キャッキャしていて可愛い
  • ラムセス家楽しそうな
  • ららちゃんの腕組み&いたずらっ娘な微笑み(萌)
  • おすましあき様。肩。細い。うっかり「造りし神も微笑む~ネフェルティティさま~」と歌いたくなる
  • ネフェルティティ様付き女官に立候補したい
  • 愛ちゃん黒太子様カッコ良すぎ。もう一度言おう、カッコ良すぎ
  • 美しさと迫力がハンパない愛ちゃん。初日だというのに完璧に作りこんで仕上げてきている
  • さおちゃんイルバーニがとってもイルバーニ
  • 松風さん喋ると泣いちゃう
  • 翔くんが出てくると泣いちゃう
  • これが純矢ちとせ様なんです!と世界中に自慢したい純矢ナキア様の貫録と美しさ。宙組の女帝。凄いだろ(えっへん)
  • まいあちゃんのソロがある。まいあちゃん→せーこ様の美声のバトン
  • みねりちゃんの輝く愛らしさに「これが星娘か!」と開眼する
  • 愛美ひかるちゃんのティト愛しい。想像以上に泣かせる
  • ダンサーかなりちゃんの舞を堪能出来る
  • 全員揃っての戴冠式。センターのまかまどが眩しい!。途中で死んじゃった子も全員出てくる(ずんちゃん!)。華やかなエピローグに感極まる

 

ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』 

  『シトラスの風』は宙組の代表的なショーのひとつです。昔ながらの変わらない演出に、その時のトップスターに合わせた新しい場面を交えて、これまでにも二度再演されています。今回の再演は三度目。『シトラスの風』に”Ⅳ”ではなく、”Sunrise”という副題が付きました。

 

 我がご贔屓まぁ様もトップ時代に主演されていた『シトラスの風』。まぁ様が出ておられたあのショーの、あの歌、あの場面、あのお衣装…。思い出すと悲しくなってしまうのでは…と懸念していたのですが、真風さんとまどかちゃんに合わせた新しい『シトラスの風』は全く違う印象を受け、新鮮な気持ちで観ることが出来ました。

 

宙組シトラスの風-Sunrise-』ここツボ

 

  • シトラスの青年A(路線スターを中心に構成)メンバーに、ずんそらもえこが入っている!歓喜
  • ずんちゃんスマイルを直視したばかりにずんちゃんから目が離せず暫く記憶なし
  • 誇らしげに「夢・アモール」を歌う愛ちゃん
  • 綺麗でカッコいい愛ちゃん
  • 愛ちゃんに銀橋ソロ1本くらいあげてくれてもいいのに
  • 文句なしにプリティー♡まどかアグネス
  • 額に汗を光らせながら、真風さんに一生懸命付いていってるまどかちゃん愛しい
  • まかまど身長差萌え
  • 真風さんの手のひらに隠れちゃいそうな、まどかちゃんの小顔
  • Mr.Bojanglesに扮するすっしーさん素敵
  • すっしーさんの大人の色気、魅せ方、全てが完璧。さすがうちの路線組長
  • アマポーラ、ずんちゃんのソロあり
  • ノスタルジアのまどかちゃんソロ。綺麗な高音。いっぱい練習したのね(胸アツ)
  • トップスター、トップ娘役、二番手男役によるノスタルジア。そう、これが見たかった!
  • ゆりかちゃんの方がセバスチャンみあるけど(小声)
  • 何でもできる男役スター芹香斗亜
  • 明日エナはやっぱり愛ちゃんを見ちゃう。お衣装が似合っててカッコいいのはもちろん、一人気迫が違う
  • お日さま、ポカポカ、じゃないのね
  • ギンギンギラギラ
  • 真風さんには確かに合ってる
  • ロケット愛美ひかるちゃんの強烈キュートなウィンク
  • すごい足上がってたから、あれは優希しおんくん
  • ロケットの掛け声男前
  • 夢白あやちゃんはやっぱり目立つ
  • デュエダンの後に群舞…デュエダンの後に群舞…
  • 白の変わり燕尾が素敵!
  • トップ娘役のエトワール
  • ずんちゃん4番手のモフモフを肩に掛けての大階段一人降り!
  • マッチもびっくりなギンギラ衣装に全く負けていない真風涼帆

 

トップスター 終演後ご挨拶

 初日公演の終演後、宙組組長・寿つかさのご挨拶の後に、宙組新トップスター真風涼帆様によるご挨拶がありました。まぁ様のトップお披露目の時と同じように「8代目トップスター真風涼帆率いる新生宙組がスタートしました」と紹介して下さったすっしーさん。すっしーさんのご挨拶はいつも愛に溢れていて大好きです。

 

 すっしーさんの紹介を受け、舞台前方に進み出る真風さん。感動のご挨拶。以下、全文です。

 

皆様、本日は『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』の初日をご観劇くださり、誠にありがとうございます。宙組の、真風涼帆でございます。

 

(大きく一礼するゆりかちゃん。客席大拍手)

 

今回は、お芝居は篠原千絵先生の『天は赤い河のほとり』を小柳先生演出により、壮大な歴史ファンタジーとなっております。魅力的で、とても個性の強いキャラクターたち、そして恋愛、友情、政治、歴史、様々な物語が絡み合った素敵なストーリー。そちらをたくさんのお客様に楽しんでいただけたら幸いです。

 

そしてショーの方は岡田先生のロマンチック・レビュー20作目にあたる、新生・シトラスの風です。宙組誕生20周年の今年、こうして宙組の代名詞とも言われるこのショーでお披露目公演をさせて頂ける事、大変嬉しく思っております。

 

20年の歴史と伝統を大切に、想いを受け継ぎ、そして繋げていけるよう、これからも精進して参りますので宜しくお願い致します。

 

本日は本当に、ありがとうございました!

 

カーテンコール①

 

(ニュアンスです)

 

ありがとうございます。

 

千秋楽まで星条さんのお力をお借りして、メンバー一丸となり努めてまいりますので、応援のほど宜しくお願い致します。

 

本日は本当にありがとうございました!

 

カーテンコール②

 

(鳴りやまない拍手の勢いに圧倒されつつ、何度もお辞儀するゆりかちゃん)

 

今、この瞬間のこの景色を忘れることなく、これからも宙組のため、精進!して、参りますので!(笑)、宜しくお願いいたします。

 

本日は、ほんとーに!、ありがとうございました!

 

カーテンコール③

 

(大拍手&大歓声の客席。やっぱりちょっと圧倒されてるゆりかちゃん)

 

えー…えーっと…(もごもご)、ありがとうございます(笑)

 

 (またも大歓声の客席)

 

皆様から頂いた温かい拍手と、お芝居の方で頂いた予期せぬ笑い声。

 

(どっと笑いが起きる客席)

 

これをエネルギーに変えて、明日からの公演も頑張りますので、皆様も、明日のご観劇に備え、気を付けてお帰り下さい。(深々と)

 

本日は本当に、ありがとうございました!

 

 

 大羽根がそんなに大きく感じない不思議(笑)。煌びやかなゴールドの大羽根やお衣装の輝きに負けない、真風さんのスターオーラが眩しかったです。すっごく緊張されているな、とは思いませんでしたが、背後に控える組子の勢い、客席のお客様の熱気には相当の気迫があったのでしょう。少しタジタジ、圧倒されておられるようにも見受けられました。

 

 真風さんの魅力はなんといっても「真風参上!」と言わんばかりの(笑)ドーーーンとした迫力。きっとこれから公演を重ねる毎に、「これが真風涼帆!」「これが真風さんの宙組!」と強く思わせてくださるのでしょう。

 


f:id:lovinyan:20180321143528j:image

 

 頼もしい二番手男役として最後まで懸命に、まぁ様を一番近くで支えてくれたゆりかちゃんだから、彼女の宙組トップスター就任は本当に嬉しいです。これからはゆりかちゃんが、組の真ん中でたくさんの愛に包まれて幸せに過ごせますように…。

 

千秋楽まで熱く!走り抜けられますことをお祈りしています。これからの新生宙組の進化が楽しみです!。

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

 

スポンサーリンク