ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

新生宙組の魅力を余すことなく! 宙組『天は赤い河のほとり』公演レポ

宙組公演『天は赤い河のほとり』って?

f:id:lovinyan:20180412125504j:plain


原作/篠原 千絵「天は赤い河のほとり」(小学館
脚本・演出/小柳 奈穂子


 小学館発行の「少女コミック」にて1995年から2002年まで連載され、絶大な人気を誇った篠原千絵の「天は赤い河のほとり」を、宝塚歌劇でミュージカル化。古代オリエントを舞台に繰り広げられる、ロマンティックな歴史ファンタジーに、真風涼帆を中心とした新生宙組が挑みます。

 

STORY


 紀元前14世紀、古代オリエントヒッタイト帝国。優れた才能と血筋で世継ぎと目される第3皇子カイルは、呪術の形代としてタイムスリップさせられた現代の女子高生、鈴木夕梨(ユーリ)と出会う。彼女を召喚したのは、自分が産んだ皇子に皇位を継がすため、他の皇子を亡き者にしようと画策する皇妃(タワナアンナ)、ナキアであると知ったカイルは、ユーリの身を守るため側室として傍に置く。正義感に溢れ、現代的な感覚で物事を捉えるユーリは、次第に民衆の心を掴み、戦いの女神イシュタルとして崇拝されるようになる。そんなユーリをいつしか深く愛するようになっていたカイルは、彼女を正妃に迎え理想とする国創りに邁進したいと考え、ユーリもまたカイルと共に生きることを願う。だが、ユーリの帰還や強国ミタンニやエジプトとの対立、そしてナキアの陰謀など、二人の前に様々な障壁が立ちはだかっていた……。

 

************************

 

カイル・ムルシリ・・・真風 涼帆 

ユーリ/鈴木夕梨 ・・・星風 まどか 

ウセル・ラムセス ・・・芹香 斗亜

 

宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

初見は予習必須!二回目以降は観れば観るほどハマります!

 

 そもそも全28巻の大作少女漫画をたった1時間35分の一幕にまとめてしまおうなんて至難の業。場面を削って削ってさらに削って、猛スピードで展開していくストーリー。少女漫画演出の天才・小柳先生が手掛けたとあってさすがに見応えはありましたが、事前にWebコミックサイトのお試しで原作漫画を3巻まで読んでいった私でも、初見はさすがに「?」と思うこともありました。これから初めて観劇する方は事前予習をしていった方がいいと思います。少なくとも開演前にプログラムを熟読しておくこと!

 

f:id:lovinyan:20180412160315j:plain

ギャラリー | 宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 おおかたのあらすじが頭に入った状態での2回目以降の観劇は物語の世界観にどっぷり浸かりつつ、キャストの皆様の細かいお芝居も楽しむことが出来、大満足でした。毎回あっという間に終わってしまって、全員総出の戴冠式の場面まで来ると思わず「もう一回最初から観たい!」と思ってしまったり。巻き戻しできたらいいのに。観れば観るほど作品の、宙組の魅力にハマっていきます。宙組公演『天は赤い河のほとり』、本当にオススメです!

 

存分に楽しむ It's a 小柳ワールド! 

 

 漫画の世界をそのままに表現

 

 小柳先生の演出で好きなところはやはり漫画の世界観をそのまま表現されるところ。女性の演出家ならではの繊細な配慮がなされているところも高ポイントです。壮大な世界観を存分に味わうことが出来ました。

 

トキメキが伝わるキャスティング

 

 本作は原作の漫画から抜け出してきたようにピッタリなキャスティングも見所です。あっちを見てもこっちを見てもみんな素敵で目が足りない!こんなにもときめく理由として思ったことは生徒さん一人一人の細やかな役作りはもちろんのこと、配役をされる小柳先生自身ががワクワクしながら決められたのではないかなぁということ。

 

「あの役は○○さんにやってもらいたいなぁ」「この役が○○さんなら素敵かも♡」先生のトキメキがなんとなく伝わってくるような…だから私たちもこんなにワクワクするんじゃないかなぁと感じました。

 

 

宙組天河のここツボ

 

  • 真風涼帆と星風まどかのお披露目を思いっきり盛大にお祝い

 本公演は宙組新トップコンビの大劇場お披露目公演です。新皇帝と皇后として国を治めることとなるカイルとユーリに真風さんとまどかちゃんを上手く重ね合わせているところがまず嬉しいポイント。

 

f:id:lovinyan:20180412161412j:plain

ギャラリー | 宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 特にプロローグとフィナーレは色とりどりのお衣裳に身を包んだスター様が次々と登場し、全員総出でまるで絵画のような広大な世界が舞台上に広がります。その真ん中にいるのが真風さんとまどかちゃん。最高に盛り上がりますね。テーマ曲もいい!

 

  • まかキキの対比を丁寧に表現しつつカッコよさを二等分

 真風さん演じるカイルは黙っていても女性が群がってくるほどモテモテな王子様。その実ユーリを一途に想う誠実さ、崖っぷちの状況から這い上がる力も運も持ち合わせています。100%完璧な王子様

 

 一方、エジプトの将軍ラムセスを演じるのは先ごろ花組から組替えしてこられた宙組新二番手男役・芹香斗亜様。ラムセスも後に最高権力者であるファラオに成り上がるだけの実力と勝負運の強さを持つ、カイルと唯一対等に張り合える存在です。さすが花組で二番手男役のキャリアを積んでこられただけあって、キキちゃんのラムセスは完璧。ラムセスの振られても負けてもどこか飄々としているところが、キキちゃんらしくてほっこりします。

 

f:id:lovinyan:20180412161308j:plain

ギャラリー | 宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 こうしてユーリを取り合う二人の男性の対比が、真風さんとキキちゃんによってうまく表現されています。トップスターと二番手男役。対等レベルのカッコよさを二等分することで「私はカイル派」「私はラムセス♡」なんて、少女漫画の醍醐味をそのまま楽しめます。

 

  • イケメンたちに守られ愛されるユーリ姫

 この物語に出てくる男性全員ユーリが好きなのでは?と言っていいくらい、たくさんのイケメンたちにモテモテなユーリ。ここはとことん原作に忠実に作られていますね。そんなイケメンたちに愛される宙組のお姫様・まどかちゃんがただ可愛いだけじゃなく、ちゃんと強くてカッコいいというところもポイント。カイルの代わりに全軍の指揮をとるところも素敵でした♡

 

f:id:lovinyan:20180412160222j:plain

宙組新トップコンビ、真風涼帆&星風まどか『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』ゲネプロレポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

 

 また、ユーリに想いを寄せるキャラクターとして目立つのはカイル、ラムセスの二人ですが、桜木みなと様演じるカイルの弟ザナンザ皇子や愛月ひかる様演じる黒太子マッティワザ、愛美ひかる様演じるティトもユーリに惹かれているんですよね。

 

 特記したいのはずんちゃんザナンザ!。ずんちゃんといえば最近血の気の多い役が多かったので、こういう正統派王子様な役が巡ってきたことに歓びしかありません。芸名にぴったりのふんわりピンク色のお衣裳がとってもよくお似合いです。いつもにこやかに微笑んでいるのに、戦となったらカイルの片腕が務められるくらい強い!というところがドストライク♡。

 

カイルとユーリの恋を応援しつつも密かにユーリへの想いを胸に抱えていて、ユーリと一緒にいるときはとっても楽しそうにしているのに時折切なそうに視線を落とす表情が切ない!好き!あんなに切なそうにリンゴ持ってる人、他に知らない!

 

ザナンザのユーリへの恋心はセリフでは一切語られないので、全てずんちゃんの演技に掛かっているのですが、回を追うごとにセリフの行間に込められたザナンザの想いが深まっているように感じました。

 

最後は満身創痍で剣を操りユーリを守って死んでいくザナンザ。自分の想いは最後まで口にせず、出てきた言葉が「兄上を助けて」。うーん、ずんちゃん…たまりません。

  

  • メリハリがあり飽きさせない!戦いの場面


 戦いの場面が多く出てきますがこちらも大変見応えがありました。特に黒太子マッティワザ登場場面の「来るぞ、来るぞー!」というワクワク感といったら!。ここは小柳先生の演出もそうですが、やはりマッティワザを演じる愛ちゃんの力技が大きい見所だと感じました。さすが原作ファン代表!愛ちゃんの完璧な役作りと逞しい背中、華麗なマント裁きも相まって最高潮の盛り上がりでしたね。

 

 カイルとラムセスの銀橋一騎打ちも良かった!。まずラムセスがエジプト軍を率いてカイルを見下ろすように登場するのですが、カイルから一切目を逸らさないまま、ヒッタイト軍の兵士を造作なくバッサバサ切り捨てるところが最高にカッコいい!(キキちゃん♡)。

 

銀橋では素手での殴り合いも加わって、それはただの女の取り合いのような…(笑)。最後はカイルの鉄の剣がラムセスの剣を叩き割り、秘伝の鉄の剣というアイテムをごく自然に且つ効果的に使っているのもさすが小柳先生ですね。

 

  • ただの悪役では終わらせない 二人の女性の背景

 物語の悪役として描かれているナキアとネフェルティティという二人の皇太后。ユーリを現代から呼び寄せた張本人、自分の生んだ皇子を皇位に継がせる為に冷酷非道な術も厭わないナキア皇太后役に宙組の女帝・純矢ちとせ様を、権力を我が物にし何代にも渡ってその地位を独占し続けるエジプト皇太后ネフェルティティ役に男役スターである澄輝さやと様を配役。この配役を見ただけでこの二役がただでは終わらないのがビシビシ伝わります。

 

 それぞれの少女期、そしてナキアとウルヒ(演じておられるのは専科の星条海斗様。ナキアに付き従う神官。元は北方の王子)、タトゥーキア(ネフェルティティ)とマッティワザの絆をきちんと見せることで、彼女たちが背負わざるを得なかった重荷と運命に涙させられました。

 

悪役とはいえ最後まで嫌いになり切れない(むしろ応援してしまう…)女性たち。ほんの少し憐れみを感じさせつつ、誰よりも気高く強く美しく…それを期待してのせーこ様とあき様の配役なのではと思いました。せーこ様もあき様も見事に演じきっておられましたね。存在感抜群でした。

 

また少女期のナキアを演じる華妃まいあ様からせーこ様へのソロの歌い継ぎも大変美しく心に残る場面ですね。やはり小柳先生はスター様の魅せ方が上手い!。下級生の男役さんも娘役さんもたくさん活躍の場があり大満足な公演でした。

 

 

 今回の宙組公演は初日を含めて三回観劇しました。今まで一公演十何回の観劇が普通だった宙組公演を三回しか観られないのが唯一の心残りではありますが、公演Blu-rayが発売されたら必ず買おうと思います!宙組大好きです♡

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 関連記事

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

 

www.lovinyan.com

 


スポンサーリンク