ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

MANA ism  涙・涙の大千秋楽! ~4月22日の公演レポ~

 東京、大阪と全11公演通いつめたMANAismもついに大千秋楽を迎えました。もう何度も観てきたはずなのに震えるくらい涙が止まりませんでした。わーん、明日も明後日もまぁ様に会いたいよー!(泣)

 

4月22日千秋楽レポ

 

 一幕のMCから「本日はようこそ、MANAism千秋楽にお越しくださいました!」と盛り上げてくださるまぁ様。続く"MANAism"では揺れるペンライトの光をその瞳に映して、ゆっくり客席を見渡しながら歌っておられました。歌い方も特に優しくて心にぐっと来ます…。

 

この優しい眼差しもお茶目な表情も気怠く伏せた瞳も楽しそうな笑顔も、全部全部心に焼き付けるんだ!と、真剣にまぁ様を見つめるあやさん。

 

はべらかし先輩!な "Cheek to Cheek"

 

 以前からその片鱗は見せておられた(笑)二幕TOPHATメドレーの中の"Cheek to Cheek"の場面。上手でダンサーの女の子たちをノックアウトした後、下手にゆっくり歩いてこられたまぁ様はコリちゃんを目線で落とし、舞莉花ちゃんに投げチューを飛ばし、RiRiKAちゃんの肩を抱いて…いたのは前日だけで今回はなんと…顎クイされていましたー!!!きゃーーーー!!!はべらかし先輩来たれりー!(笑)。

 

早くもみんな泣きそう(もう泣いてる?!)なMC

 

 RiRiKAちゃんや舞莉花ちゃん、恕茉ちゃん辺りはMCが始まる前から既に涙がこみ上げて来ている様子。みんなまぁ様と離れたくないよねぇ(泣)。まぁ様は楽しそうにされながらもメンバーのお一人お一人を優しい眼差しで見つめながらお話を聞いておられました。

 

  • 「ほら泣くよ~」とこみ上げる涙を拭いながら、それでも盛り上げようと元気に話してくれるRiRiKAちゃん
  • 「泣きそう~」と声を詰まらせると「泣け泣け~」と、茶化すまぁ様(笑)
  • 音楽学校の頃からずっとまぁ様のファンだったというRiRiKAちゃん。「またこうして一緒にお仕事が出来て嬉しいです!」
  • こうやって皆で盛り上がって「まぁ様ー!!!」って出来る機会は次はいつになるかわからないから、皆さま思い残すことのないように、いっぱいの愛を全部まぁ様にぶつけてください!と、RiRiKAちゃん。
  • 「全部吸収して飲み込んで自分のものにしてくれるから!」そうだよね!(笑)
  • 「まぁ様…あすかてぃんとの…」と口にした瞬間うるうるし出すダンドイ舞莉花ちゃん
  • 「…泣くの?」と、まぁ様に言われて「…泣かない(涙)」と涙を拭う舞莉花ちゃんが可愛かった。
  • 「ほんとにこの出会いに感謝していて…」と泣きながらも「東京公演ではデュエットも歌わせて頂いて、そんな経験なかなか無いからほんとに嬉しくて、まぁ様や愉快な仲間たちと出会えて嬉しい」と、舞莉花ちゃん。
  • まなとさんのコンサートはいつだって天気は晴れていて、舞台上からも太陽のように僕らを輝かせてくれていて…」と言うと、やっぱり笑われちゃう馬場亮成さん
  • コリ伽路ちゃん朝夏まなとさんのこの完璧なルックスを目に焼き付けて、これからも頑張ります!」
  • 「あすかさんの好きなところ…全部、好きだぁーーーーー!!!!!」な、東山竜彦さん
  • ついに全部がきた!(笑)。
  • あれやん、「まぁ様のこんなところが好き、あんなところが好き、アレも好きだしココも好き♡…うわああぁぁぁあ全部好きだぁぁぁあああ!!!!!」ってなる私達ファンと同じやつやん(笑)
  • 「自然体で飾らないところが大好きです。僕も皆さんと一緒の、いち朝夏まなとファンに今回の公演でなりました!」と、最後は完璧に綺麗に締める、さすがチーム最年長の東山さん。
  • 最後だから…ということで、「舞台上で女優・朝夏まなとを抱きしめた、初めての男性です!」を発表する西田健二さん
  • 「…絶妙な空気流れてるよ」と、RiRiKAちゃんの鋭いツッコミ(笑)。
  • いつも通りゆる~くご挨拶される新井希望ちゃんと「大阪では泣かないと決めていたのに貰い泣きしてしまいました」という齊藤恕茉ちゃん
  • 「ほんとに、出逢えて良かったです!…スタッフのみんなバンドのみんな…¢£%#&□〇◆(泣きすぎてもう何を言っているかわからない恕茉ちゃん)」
  • 恕茉ちゃん「みんな、まなとさんが大好きですっ!!!(涙)」
  • 涙をポロポロ零しながらも、DVDの宣伝は忘れない恕茉ちゃん。

 

サプライズ!舞莉花ちゃんHAPPY BIRTHDAY!!!

 

 4月22日はダンドイ舞莉花ちゃんのお誕生日!。みんなでお祝いしたいなぁと思っていたら、やっぱりやってくれました!。MCで一通りみんなの自己紹介が終わった後、「舞莉花、お誕生日おめでとう!」とみんなでコールの後、まぁ様から一輪の薔薇のプレゼント♡。目を丸くして驚く舞莉花ちゃんが可愛かったです。

 

舞莉花ちゃんは本番がお誕生日だったのは今回が初めてだったそうで「Amazing!!!」と、まぁ様(笑)。可愛い♡。

 

舞莉花ちゃん「こんなに素敵な人たちと過ごすことが出来て、しかも千秋楽で!ほんとにほんとに嬉しいです!ありがとーう!!!」

 

 涙でメイクが取れちゃってたみたいで、まぁ様が「たいへ~ん、ボロボロ~!」と涙を拭ってあげておられました。こーいうところもすごく好き♡。

 

その後、RiRiKAちゃんの「そんな粋なサプライズをしてくれたのが~!」に合わせて、みんなで朝夏まなとーーーーー!!!」とおっきなコール。まぁ様はいつもの拍手を煽ってパンパパパン、カッコよく投げチューを決めてからのハートポーズを、今回も惜しみなく披露してくださいました。大好き♡。

 

まぁ様の瞳が忘れられない!

 

 この日は特に一曲一曲を噛みしめるように歌っておられたまぁ様。"Someone Like you"の今にも涙が零れそうな潤んだ瞳、"Hero"の眩しすぎる笑顔(今回はRiRiKAちゃん、舞莉花ちゃんとしっかりハグした後、いつもは手を取るだけだったコリちゃんのこともその長い腕で肩を抱き寄せておられました。コリちゃんも嬉しそう♡)。

 

 アンコールの"ALONE"では、「あれ、まぁ様…泣いてる?」と思うくらい瞳が揺れていて、思わず貰い泣きしてしまいました。

 

まぁ様にもサプライズ! WE LOVE まぁさま♡

 

 カーテンコールでのメンバー登場の際、みんなコンサートグッズのタオルを持っているなぁと思ったら「マナイズム!」と可愛くコールの後、手に持っていたタオルで「マナ♡」を作って見せてくださる皆さま。これにはまぁ様も大感動!。そして思わず涙が…!。

 

「サプライズに弱いんだって…」と言いながら、もう涙が止まらないまぁ様。メンバーも号泣、客席も号泣、みんな号泣。

 

 退団して初めてのコンサートということで「結構不安もあった」という、まぁ様。

 

まぁ様「こんなに素敵な人たちに出会えて、たくさんの方にサポートして貰って舞台が出来ました」

 

「本当に感謝の気持ちしか無くて、舞台が始まってからはお客様が「待ってました!」といわんばかりの熱気で包んでくださって、心から舞台に戻ってくることが出来て幸せだなぁという気持ちになりました」

 

「私は宝塚にいる時からずっと、お客様とみんなとが一つになる瞬間が好きだと言っていて、幸せな気持ちや楽しい気持ちを共有できる空間が劇場だと思っているので、そういう思いをこれからも届けられるように、精一杯新たな道を歩んでいこうと思います。」

 

「感謝の気持ちでいっぱいです、本当にありがとうございました!!!」と深々頭を下げるまぁ様を、大きな拍手と温かい空気が包んでいました。

 

どこにいたって皆の太陽、まぁ様

 

 「こんなに幸せでいいのだろうか…」というまぁ様に「いいよー!」という声。まぁ様は嬉しそうに「いいの~?!」と答えておられました。「やったーーー!!!」が可愛い。

 

 「最も崇高な芸術は人を幸せにすることだ」という言葉もありますが、素晴らしい言葉だな、と思っていて、そういう人になりたいです!」と、まぁ様。映画『グレイテスト・ショーマン』の主人公、P.T.バーナムの言葉ですね。

 

 そしてなにより仲間を大切にされているまぁ様。「一人ずつ喋ろうよ」と仰って、再びメンバーがご挨拶されていました。またそんなご挨拶を聞きながら、何度も零れる涙を拭うまぁ様。もう、また泣いちゃう(涙)。

 

そうかと思えば「じゃあ…馬場」と、一番端におられた馬場さんを指名するまぁ様。安定の呼び捨て(笑)。

 

  • 舞台に来てからも、まぁ様にアドバイスを頂いたという馬場さん。良くなってきたら「いっつもまなとさんが「良かったね」と言ってくれて、とても温かい現場で幸せでした」
  • "Hero"の時にまぁ様が抱きしめてくれたのが嬉しかったというコリちゃん。「涙が溢れて変な音を出してしまいました、スミマセン」と笑わせてくれました♡。
  • 「みなさん楽しかったですか~?私も楽しかったです~」と、最後までゆるかわな希望ちゃん。
  • 「まぁさま~大好き~」と、至近距離で手を振っておられ、まぁ様も「私も~♡」と、手を振り返しておられました。
  • 「泣かないと思っていたのにまなとさんが泣いているのを見て泣いてしまいました!」という恕茉ちゃん。
  • 「…もう、泣いちゃうから終わりますっ!!!」と強制終了する恕茉ちゃん。えーん、可愛い、大好き(涙)。
  • 「とっても楽しいコンサートを体験することが出来て嬉しかったです」と、今日はとことんスマート挨拶な東山さん。
  • 東山さんが話しておられる後ろでまぁ様がRiRiKAちゃんのタオルで涙を拭いている姿が可愛すぎて笑ってしまう客席。
  • 「え、僕なにか面白い事言いました?」と焦る東山さんに「ごめん、私!」と、まぁ様。
  • 東山さんが喋っているのにまぁ様ばっかり見ていてごめんなさい(笑)
  • 「朝夏さんとは初対面ですが、年が一個違いということで勝手に親近感を感じていました」と、西田さん。西田さんもスマートに挨拶をまとめておられました。
  • 「ここに立てていることがすごく不思議で、すごく嬉しいです」と、涙で声を詰まらせるRiRiKAちゃん。
  • まぁ様とRiRiKAちゃんは同い年なんだそう。
  • 「大好きな気持ちがまた増えました。これからは私も皆さんと一緒に朝夏まなとさんの大ファンでいたいと思います」うぅ…RiRiKAちゃん(号泣)。
  • 舞莉花ちゃんが話すのを、RiRiKAちゃんの首に巻かれたタオルで一緒に涙を拭きながら聞いているまぁ様とRiRiKAちゃん。「そうなるよね」と、舞莉花ちゃん。
  • 「まぁ様のイングリッシュティーチャーとか言って、私ほんとは先生とか言われる立場の人じゃないんですけど」と言いながら、アドバイスを毎回真剣に聞いてくれるまぁ様を「すごい人だな」と思っていたという舞莉花ちゃん。
  • 見つめ合っている間に涙がまた溢れ出す舞莉花ちゃんとまぁ様。そしてRiRiKAちゃんと、ずっと上を向いて涙と格闘している恕茉ちゃんでした。

 

 なんと皆さんが初めて会ったのは3月なんだそう!びっくり。短い間だったのにこんなに深い絆が生まれたのは「全部、まぁ様のチカラです!」と、RiRiKAちゃん。

 

まぁ様は「お客様が喜んでくださるから、パワーも生まれ、チームワークも良くなり、皆さんのおかげで今日の日を迎える事が出来ました」と言ってくださいました。まぁ様…!(感涙)。

 

まぁ様「もう終わらないので(笑)…私のたくさんの愛を込めまして、本当にありがとうございました!!!」

 

MANAism 2 があるかも?!

 

 最後もやはり舞台袖からひょっこり出て来てくださったまぁ様。

 

まぁ様「楽しかったですかっ?!」

客席「イエーーーーーーイ!!!」

まぁ様「日ごろのストレス、発散したかい?!」

客席「イエーーーーーーイ!!!」

 

「良かった」と、笑うまぁ様。「ほんまに楽しかった」と不思議な関西弁イントネーション(笑)。そして「アレやっときますか」と、拍手を煽ってパンパパパン、投げチューからのハートポーズを全力でやってくださいました。

 

ハートポーズは上手、センター、下手と三段階に分けてポーズをしっかり見せてくださるというサービスぶり。「思う存分見た?」と仰っていました。可愛い♡。

 

「もう一回~!」と欲しがる客席に「…しゃあなしやで~」と言いながら、なんと再びやってくださいました!拍手を煽る時も「そんなもんかーい?!」と煽っておられて、大熱狂の客席。まぁ様ありがとうーーーーー!!!!!。

 

最後に「楽しかったあああああ!!!」と叫んだまぁ様が「MANAism、2があるかは…皆さん次第」と仰って、大歓声の客席。きゃーーーー!!!!やろうやろう!!!すぐやろう!!!今やろう!!!

 

 「ほんとですよ?」と念を押したまぁ様は「こんなに盛り上がれる空間。そしてこんなに気にせず声を出せる空間…ペンライトもぶんぶん振って…はい、ぶんぶん振って~ぶんぶん~」と、勢いよく揺れるペンライトに目を細めておられました。

 

「綺麗だよ~」「見せてあげたいよ~」「DVD買ってくれたら見れるよ~」と、笑いをとりつつ、「今度皆様にお会いする時にはもっともっと大きくなって、進化を遂げて、頑張りたいと思います!。みなさん、大好きです!」と、温かいお言葉で締めてくださいました。

 

いつものように「またね~」と言って手を振って下さったのが本当に嬉しかったです。

 

まぁ様、大好きです!

 まぁ様があんなにもボロボロと涙を流して泣いておられる姿は初めて見ました。宝塚時代も下級生の頃はそんなこともあったかもしれませんが、トップになってからは博多座『王家に捧ぐ歌』の千秋楽で涙を流しておられたくらいでしょうか。

 

それだけトップ時代は気を張っておられたのだなぁと感じました。他の誰が泣いても自分だけは泣けない、と思っておられた時もあったことでしょう。それがあんな風に涙が止まらなくなるくらい泣いておられるなんて…。

 

まぁ様の涙に貰い泣きしつつも、そんなありのままの姿を見せてくださるまぁ様を嬉しく思ったのも事実です。もうまぁ様は80人近くの人数が居る組を率いておられるわけではない。自分の為に笑って、自分の為に泣いてくださってもいい

 

 まぁ様は「最も崇高な芸術は人を幸せにすることだ」という言葉のような人になりたい」と仰っていましたが、それなら私達はたった今"崇高な芸術"を目の前にしていることになります。

 

私達ファンは、まぁ様が笑っておられたら一緒に笑うし、泣いておられたら一緒に泣きます。まぁ様がまぁ様でいてくださったら、それだけで幸せだから。

 


f:id:lovinyan:20180423203246j:image

 

 これからもまぁ様がいつも幸せでいられる事を願って、そしてまたたくさん、まぁ様に会いに来られるような自分でいようと思います。お仕事、頑張る!(笑)。

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 関連記事

 

 

 

www.lovinyan.com

www.lovinyan.com

www.lovinyan.com

 

スポンサーリンク