ミルクとシロップ

ご訪問ありがとうございます♪ 大好きな宝塚についてのブログです。ご贔屓は朝夏まなとさん。まぁ様のお話が極端に多いです。

まいにち宝塚 まいにちまぁさま♡

最高のHAPPYをあなたに♡ 宝塚歌劇団・宙組公演『TOPHAT』

宙組公演『TOPHAT』って?

 ミュージカル『TOP HAT』

 

f:id:lovinyan:20180428230203j:plain


Music & Lyrics by Irving Berlin
Based on RKO’s Motion Picture
Book by Matthew White & Howard Jacques
Based on the Screenplay by Dwight Taylor & Allan Scott
Presented by Arrangement with RKO Pictures LLC, Warner Bros. Theatre Ventures Inc. and the Irving Berlin Music Company
Originally Produced on the West End Stage by Kenneth H. Wax
脚本・演出/齋藤 吉正

映画史上最高のダンシング・ペアとされるフレッド・アステアジンジャー・ロジャースが共演したミュージカル映画の代表作。

1935年に公開された映画をもとに、2011年にイギリス国内ツアーで初演されて以降、ウエスト・エンドでも上演される等、世界中で多くの人から人気を集めているミュージカルで、日本では初上演となります。

音楽は「ホワイト・クリスマス」や「ゴッド・ブレス・アメリカ」の作詞・作曲で有名なアーヴィング・バーリンが手掛けており、ハリウッドの黄金時代の魅力が詰まった作品です。

 

ブロードウェイダンサーのジェリーが、同じホテルに滞在するデイルと出会う。

一時は心を通じ合わせる二人だが、ジェリーのことを友人の夫だと勘違いしたデイルは、当てつけに他の男と結婚してしまう。

あわてて後を追ったジェリーだが…。

 

Main cast

 

ジェリー・トラバース
(公演のためにロンドンを訪れたブロードウェイのスターダンサー)

・・・朝夏 まなと


デイル・トレモント
(ファッションモデル。ロンドンのホテルでジェリーと出会う)

・・・実咲 凜音

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

ホレス・ハードウィック
(ジェリーをロンドンの公演に招待したプロデューサー)
・・・七海 ひろき

 

マッジ・ハードウィック
(ホレスの妻で、デイルの友人)
・・・純矢 ちとせ

ベイツ
(ハードウィック家の執事、ホレスの付き人)
・・・寿 つかさ

 

アルベルト・べディーニ
(デイル専属のイタリア人ファッションデザイナー)
・・・愛月 ひかる

 

宙組公演 『TOP HAT』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

朝夏まなと様のトップお披露目公演!


 2015年3月25日~ 3月30日まで梅田芸術劇場メインホールにて、4月5日~ 4月20日まで赤坂ACTシアターにて上演された本公演は、七代目宙組トップスター朝夏まなとのトップお披露目公演です。

 

f:id:lovinyan:20180503151810p:plain

宙組公演『TOPHAT』より

 

 キャスト全員がイキイキと輝き、終始たくさんの笑顔とHAPPYに包まれる作品。宙組の太陽と称されるまぁ様にぴったりのお披露目公演でした。またこのようなトップスターの宝塚大劇場お披露目公演前に上演されるプレお披露目公演は、関東だけでの上演ということも珍しくは無いなか、関西でも上演してくださった事には今も感謝しています。

 

 

見どころ① 超!ユニークなキャラクターたち

 

 まずは個性派揃いのメインキャスト。ジェリーを演じた主演のまぁ様はスターダンサーらしい華やかなオーラを纏いつつ、粋なカッコよさと底なしの明るさが魅力。

 

f:id:lovinyan:20180503145513p:plain

息の合ったコンビ、宙組新時代の幕開けを鮮やかに - スターファイル - 朝日新聞社

 

 デイルを演じた元宙組トップ娘役・実咲凜音様は、キュートさとレディの品格が漂うファッションモデル役を好演。

 

f:id:lovinyan:20180503145719p:plain

『TOP HAT』 | 梅田芸術劇場

 

 ハードウィック夫妻を演じたのは89期コンビの七海ひろき様純矢ちとせ様。同期ならではの息の合ったコンビネーションで舞台を盛り上げておられました。

 

洗練されたルックスとは裏腹に、頼りなげな動作でなんとも愛らしいおじ様像を造り上げていたかいちゃん。役作りはご両親を参考にしたのだとか。

 

f:id:lovinyan:20180503145845p:plain

朝夏まなと 懸命のタップ 宙組トップお披露目 - スターファイル - 朝日新聞社

 

せーこ様は発声から既にマッジ仕様。仕草や表情はまるで往年のハリウッド女優のようでした。

 

f:id:lovinyan:20180503150039j:plain

宝塚ジャーナル : 新宙組トップコンビ朝夏まなと&実咲凛音軽やかにお披露目『TOP HAT』

 

 またベイツ役の寿つかさ重厚な存在感を醸し出しておられましたし、ベディーニ役の愛月ひかる様振り切った三枚目キャラで観客の笑いを誘っていました。

 

 他にもジェリーが出演するショーのキャスト、ジェリーやデイルたちが泊まっているホテルのスタッフ、セレブなゲストの面々…。一人一人が多彩なキャラクターを持ち、皆それぞれに色んな場面の色んな所で色んな事をしている、というのが見どころです。

 

 毎公演様々なアドリブを交えておられ、とても一回の観劇では目が足りませんでした。毎日通いたかったくらい♡。メインのお芝居の後ろでされている細かいお芝居をじっくり見るのも楽しかったです。

 

見どころ② こんな朝夏まなと様が見たかった! まぁ様の魅力が100%伝わる!

 

 本公演はこれでもか!というくらい、まぁ様の燕尾服スタイルを楽しむことが出来ます。現代的なルックスを持ちながらもどこかクラシカルな魅力があるまぁ様。ハットを手にシンプルな燕尾服をさらりと着こなすお姿は、古き良き時代の宝塚の男役像を彷彿とさせます。

 

f:id:lovinyan:20180503152455p:plain

宙組公演『TOPHAT』より

 

 黒燕尾を魅力的に着こなし、軽やかなステップで楽しそうに踊るお姿。そしてずっとやりたかったと仰っていた”コメディ作品”。まぁ様は太陽のように明るく、皆に愛されるジェリーそのものでした。それでいてデイルに愛を囁くところは息が詰まりそうなほど甘やか。花組育ちの本領発揮です。

 

 得意なダンスが盛りだくさん、明るい笑顔と笑い声、そしてヒロインを真っ直ぐ愛して、時にはチャラく(笑)追いかける。そう、ずっとずっと、こんな朝夏まなと様が見たかった!

 

見どころ③ デイルのドレスコレクション

  

 娘役さん、男役さん問わず宝塚歌劇のお衣装はいつも華やかです。本公演でも様々なスター様方が素敵なお衣装を着こなしておられ非常に眼福です。なかでも特に目を引くのがみりおんちゃん演じるデイルのお衣装!

 

f:id:lovinyan:20180503152853p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

英国版『TOPHAT』を参考にしたゴージャスなドレスを始め、カラフルなワンピースやマニッシュな乗馬服など、色とりどりのお衣装を華麗に着こなすみりおんちゃん。どれもこれも素敵なお衣装で、それがまたものすごくお似合いで…みりおんちゃんデイルのファッションカタログが作れそう♡。

 

f:id:lovinyan:20180503153108p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

よくよく考えるとこれらデイルのお衣装は全て、ベディーニさんデザインという設定。ベディーニさんはかなり変わった人ですが(笑)才能は本物なんだなぁ(笑)。

 

見どころ④ うっとり夢見心地…♡ デュエットダンス

 

 ジェリーとデイルのデュエットダンスはどの場面もとってもロマンチック♡。まぁ様とみりおんちゃんの長年培ってこられたコンビネーションが魅せる、息の合った流れるようなダンスが素敵でした。

 

 雨宿りのシーンのデュエットダンスはお二人で見事なタップダンスを披露。恋の始まりのトキメキと楽しさを感じさせる場面でした。またベニスの夜に二人が再会した時の優雅なダンスナンバーは最高潮に盛り上がります。

 

f:id:lovinyan:20180503150403p:plain

朝夏まなと 懸命のタップ 宙組トップお披露目 - スターファイル - 朝日新聞社

 

Cheek to Cheekの曲、表情や息遣い、そして大胆なリフト!。更に二人の世界に惹きこまれていきます

 

 また、うっとり繋がりでフィナーレの大団円ではジェリーがデイルにプロポーズするシーンも見どころです。

 

f:id:lovinyan:20180503150455p:plain

 

ジェリー:デイル、この手を離さないで!

     この空の下を一緒に歩いていこう!

 

デイル :愛しているわ、ジェリー!

 

宙組公演『TOPHAT』より

 

空に宙が掛かっていて、新トップコンビのこれから続いていく幸せな道のりを想像させる台詞。演出の齋藤先生の愛を感じますね。

 

見どころ⑤ なんだかんだ言って相思相愛 ハードウィック夫妻

 

 ジェリーとデイルの恋の行方と同じくらい気になるのがハードウィック夫妻の関係性。ホレスとマッジは結婚三年目の熟年夫婦。デイルの勘違いのおかげで二人の間もやや険悪になってしまったりするのですが、結局のところ相思相愛な二人♡。これもまた大きな見どころです。 

 

f:id:lovinyan:20180503153502p:plain

 宙組公演『TOPHAT』より

 

こちらも同期コンビならではの、いい意味でお互いに気の使わないお芝居が最高に面白い掛け合いを生み出していました。通称:「嫌い嫌いソング」もとっても可愛い♡。お互いに「こんちくしょう!」って顔をされているのがまた可愛いです(笑)。

 

マッジ:あなたの葉巻が嫌い

    嫌いよ、そのスタイル

    あなたのジョークが嫌い

 

ホレス:面白いって言ってたじゃないか

 

マッジ:あなたのネクタイダサすぎ

    それ以外は…I love you

 

ホレス:君の口紅嫌い

    君のマニキュア嫌い

    君の青い目嫌い

 

マッジ:私の目は緑色よ!

 

ホレス:君のため息、大嫌い

    それ以外は…I love you

 

『OUTSIDE OF THAT I LOVE YOU』より一部抜粋

 

 

マッジが「あなたの嘘が、大嫌い!」って言ってるのも、本音っぽくて可愛かったなぁ♡。最後は熱烈キスシーンで仲直りするお二人なのですが、東京千秋楽のキスシーンはいつもより長くて(かいちゃんの仕業♡)、その後せーこ様がこみ上げてくるクスクス笑いを一生懸命堪えておられたのも素敵な想い出です♡。

 見どころ⑥ この人なしでは語れない!寿ベイツと愛月ベディーニ

 

 ジェリーとデイル、ホレスとマッジ、次に目立っているのはやはり我らが宙組組長・すっしーさん演じるベイツと愛ちゃん演じるベディーニさん。

 

f:id:lovinyan:20180503150145j:plain

宝塚ジャーナル : 新宙組トップコンビ朝夏まなと&実咲凛音軽やかにお披露目『TOP HAT』

 

 ベイツは堅物キャラな設定なのであまり表情豊かではないのですが、かいちゃんホレスとの掛け合いが絶妙で面白かったです。ジェリーにはやってあげるのに、ホレスのコートは受け取らないしお酒も注いであげない(笑)。

 

でも「おたんこなす、ですから」という件や、デイルの身辺を探るために色んな変装をするなど、後半に近づくにつれお茶目度が増していくのもポイントです。ホレスの目の上に熱々ステーキをお見舞いするところでは、日によってもの凄い量の胡椒を振りかけておられたのも(笑)忘れられません。

 

 一方愛ちゃん演じるベディーニさんは胡散臭さ満点なイタリア人デザイナーなのですが、デイルの気まぐれに振り回されたり、ジェリーにデイルを掻っ攫われたりして、なんだか可哀想で憎めないキャラクターです。

 

演じているのが愛ちゃんなので、ルックスは申し分ないのは当たりまえ。自分で言っちゃっているけれど「お金持ちだし、ハンサムだし」なんですよね、ベディーニさんは。

 

f:id:lovinyan:20180503153640p:plain

『TOP HAT』 | 梅田芸術劇場

 

この公演では愛ちゃんの新しすぎる三枚目な役作りが非常に話題になりました。どこからどうみても二枚目な愛ちゃんが演じるベディーニさんは、か・な・り・ぶっ飛んでいます!。よくここまで己の殻をぶち破ったな、と感心してしまいました。

 

 一番の見どころシーンはやはりネムーンスイートでのストリップショーからのジェリーとの掛け合いでしょうか。ベディーニさんが着ていたスーツをひとつひとつ脱ぎ捨てていくのですが、中に仕込んでいるパジャマがド派手!(笑)。とんでもカラーのドット柄胸元にBのイニシャルが入ったスーパーマンなものの二種類があったと思います。

 

f:id:lovinyan:20180503151258j:plain

デイリースポーツ online

 

腰から国旗が次々と出てきたり、「スーパーマンだー!!!」と寝転がってみせたり。なんでもありか!(驚)。「今日は何パターンだろう?!」と予想するのも楽しかったです。

 

そういえばルームキーを勢いよく客席に飛ばしてしまう時もあったなぁ(笑)。愛ちゃんの珍芝居を眺めているまぁ様は、ジェリーというより素のまぁ様の表情で笑っておられました♡

 

見どころ⑦ まぁ様ジェリーのココに注目♡

 

 魅力的なキャラクターが多数登場する宙組『TOPHAT』。でもやっぱり一番は!トップスター朝夏まなと様の魅力を存分に感じて欲しいです♡。まぁ様ジェリーの”ココ見て!”をまとめました。

 

  • 全場ショー場面。本格的なレビューの世界が繰り広げられています。ショースターまぁ様を存分に楽しんで。特にフィナーレはショー一幕分くらいの見応えがあります。
  • プロローグのダンスショー終演後。ジェリーがショーガールの女の子たちを引き連れて劇場から出てくる場面での”はべらかし具合”

  •  隣にいた華雪りら様腰にさりげなく手を回している

  •  「NO STRINGS」で楽しそうにタップを踏むまぁ様

  • かいちゃんホレスが座っているソファーの手すりに腰かけて、ホレスの手からグラスを奪ってウィスキーをあおる一連の仕草

  •  魅惑のダンスパートナーハッティさん(帽子掛けのポール)。まぁ様のこだわりで特注されたもので、この子じゃないと綺麗に回ってくれないそう

  •  デイルに「ダンスの練習はおしまい?」と訊かれ、ハッティを急いで片付ける時の「彼女もうクタクタだって~」の言い方

  • 「大抵の女性は、僕に夢中になるんだけどなぁ」…そうでしょうとも

  • 楽しいダンスからふっと真剣な表情に変わって、ちょっぴり強引にするキスシーン
  • 「今夜の公演の成功を祈っています」と言われて、超イケボで応える「ありがと」
  • 「わかったよジョージ、すぐ行くよ」の破壊力
  • 二幕、飛行機の場面。かいちゃんホレスも思わずしがみつきたくなっちゃう長い足
  • デイルを驚かすお茶目なお芝居
  • ゆったりとした仕草で手を差し伸べ、戸惑うデイルにダンスを申し込むジェリー
  • まぁ様と凜音ちゃんの高速リフト
  • 「まだ部屋に落ち着いてもないよ。ねぇ、エンジェル?」とかいちゃんホレスに吹っかけて、それに乗って来たかいちゃんを指してニヤニヤ笑っているまぁ様

  • デイルの誤解を解いたジェリー。「5分後に船着き場で会おう!....それから...」と、まるで映画のワンシーンのようなキスシーン

  • つまるところ、キスシーンは全部見どころ(笑)
  • 「ジェリー・トラバース。僕の名前だよ」

  • 勘違いで二度もビンタしてしまったことを謝るデイルに「一度でも多すぎるよ」と口では咎めながら、優しい笑顔でほっぺキスするジェリー
  • LET'S FACE THE MUSIC AND DANCEの甘やかなデュエットダンス中の眼差し。甘やか。
  • デイルと向かい合って座っている時、テーブルの上で自然かつロマンチックに手を重ねているところ
  • 愛おしげにデイルの頭に頬を寄せるジェリー
  • 最後の大団円での満面の笑顔&ウィンク

 

まるでガラスの靴のように まぁ様の神対応

 

 ここでひとつ、まぁ様の神アドリブをご紹介。大阪公演千秋楽のCheek to Cheekの場面で、デュエットダンスの最中にみりおんちゃんの髪飾りが取れて落ちてしまうというハプニング発生。客席は「ど、どうするのかしら…」とハラハラ。

 

ですがまぁ様は表情一つ変えず、踊りながらさりげなく髪飾りを舞台中央へ転がされました。そしてみりおんちゃんデイルが走り去った後、まぁ様は髪飾りをまるでシンデレラのガラスの靴のように拾い上げ、「デイルが僕を愛している!」とその髪飾りを頬に寄せられたのです!。

 

 なんとスマートな対応!。初めて見た方なら「そういう演出なのかも」と思うくらい自然でした。ハプニングも素敵な演出に変えてしまう♡そのあまりにも素晴らしい機転に客席からも大拍手が起こっていました。忘れられない思い出です。

 

見どころ⑧ TOPHATメンバー創作 面白すぎるアドリブ集

 

 こうして振り返っていると次々と思い出される、公演ごとに異なるアドリブの数々。メインキャストの皆さま以外もどんどん自分の役のキャラクターを造りこんでいっておられるのが目に見えてわかりました。

 

とても全部は書ききれませんが、覚えているアドリブ集をまとめました。特に東京千秋楽のアドリブは最高だったなぁ~。もう一回観たい!。

 

  • ジェリーがデイルにビンタされたことを知ったホレス。「君はなんてことをしてくれたんだっ!」といういつもの台詞に加えて「う"ぉーーーーーっ(怒)」と、かいちゃん、怒りの雄叫び
  • それに対してまぁ様は、同じように「う"ぉーーーーーっ」と返したり(びっくりして飛び上がるかいちゃん)、「ホレス、スマぁーイル」とにこやかに微笑んでおられました
  • 「いつものダンスなら逆回転でも踊れるさ」と、華麗なターンを決めるジェリーに「頼むからいつも通りに」というホレス。そこで「いや、逆回転で!」と譲らないジェリー

  •  千秋楽では「すごいすごい、本当にすごい」「言葉も出ない」と大絶賛なホレス

  • まぁ様の魅惑のウィンクに全力で照れる、ジョージ役の星吹彩翔様
  • 本名の自分が出てしまうからやめて欲しいと言われるまぁ様
  • 星吹ジョージ、ジェリーに絡めた腕を、千秋楽ではかなり激しめに振り払われる(笑)
  • ジェリーの「冗談に聞こえるかいっ!?」の迫力が増していて、「ひー」「怖い怖い」尋常じゃないくらいビビるホレスとジョー
  • ジョー:「知ってるわよねぇ、飛行機(小指を立てて)」

    ホレス :「すまない、私には妻が・・・ジェリーーーーーっ(;´Д`)」

    ジョー:「ごめんなさい、私にはジェリーが!…なーーーんて、誰と比べてんのかしら!。でもあなたもタイプだったわぁーーー!」

  •  星吹さん、最後にして最強のアドリブ芝居 

  • 「私は、おたんこなす!ですから!」と、膨れるすっしーさんベイツの頬をツンツンするかいちゃんホレス

  • イケメンウェイター美月悠様直球ストレート投げキスが突如飛んでくる
  • ホレスにおこづかいをおねだりするマッジ。いつもはホレスが財布から抜いたお札をもぎ取っていくマッジでしたが、大阪千秋楽では財布の方を奪っていくマッジ

  • 東京千秋楽では更に財布の中身を確認した後、引き返して、ホレスの手に数枚残されたお札までもぎ取っていくマッジ

  •  デイルが突然部屋にやって来たので、慌ててホレスを隠れさせるジェリー。シャンプーハットまで綺麗にシーツで隠してしまい、「はい、見えなーい」と満足そうに笑うまぁ様

  • 部屋に入るなりドアに張り付くみりおんちゃん

  • 「デイル行かないで」と、みりおんちゃんの真似をしてドアに張り付くまぁ様

  •  踏んだり蹴ったりなホレス。「これ以上何かあったら、もう叫ぶしかないぞ!」というところでよろめいてしまう

  •  ソファーに足を引っ掛けてしまうかいちゃん、それでもすかさず「.....ないぞっ!」と重ねて言うことで、ハプニングをカバーし自然なお芝居に(拍手)

  • 愛ちゃんの「チャラララララーン、ベティーニ!」を、うきうきした様子で真似するまぁ様
  • ベディーニさんの腰から出ている国旗の紐を掴んだまま離さないまぁ様ジェリーに「切れちゃうから離して(小声)」と囁く姿がとっても愛ちゃん
  • 東京千秋楽、サンバのリズムを「チャッチャチャラッチャ♪」と口ずさみながら、楽しそうに手を取って踊るジェリーとベディーニさん

  • 完全にまぁ様と愛ちゃん
  • ベディーニ:「踊りたくなる発作が起きるんだー!」

    ジェリー :「それは僕だー!」

    ベディーニ:「だが私はベティーニだ!」(花組ポーズ)

  • まぁ様「ちょっと楽しかったな」
  • イタリア人ウェイトレス瀬音リサ様の特大投げキスに「あぁ~」と仰け反るまぁ様&かいちゃん
  • ジェリー:「イタリア女性はすごいな」

    ホレス :「すごいな」

  • 自分の身代わりにホレスにタップをお願いするジェリー。いつもはぎこちないかいちゃんホレスのタップでしたが、千秋楽では華麗なタップダンスを披露
  • ジェリー:「才能あるよ!」
    ホレス :「ありがとうジェリー!実は君に内緒で練習してたんだ」
  • 客席大拍手
  • 下の階にいる愛ちゃんベディーニさん「この軽やかな音はなんだ?!」
  • 見事なチームワークに客席大拍手
  • ホレスを追い詰めるベディーニさん。舞台の端から端まで追い掛けて一旦消え、舞台袖でUターン

  • 両頬を挟んで真っ直ぐチューしようとするベディーニさんに「えー(汗)」と、素の声がで出るかいちゃん

 

etc…

 

 主要キャストの皆さまのアドリブをメインで書きだしましたが、ほんとはもっと皆さん、いろんなことをされていました。書けば書く程、楽しかった思い出がどんどん蘇ってきます♡。

 

宙組公演『TOPHAT』を観よう!

 

 大阪公演の間に収録されたDVD。映像でも十分作品の、そして宙組の魅力が伝わります。まだ観ていないという方は是非、観たことがある方は何度でも、宙組『TOPHAT』を観てHAPPYを貰いましょう~♪

 

 

 

 

 

Instagram

 

ランキングに参加しました。クリック頂ければとても嬉しいです♡

 

 

 


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 

関連記事

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

 

www.lovinyan.com

 

スポンサーリンク